■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

短期入所に期待するもの
ご訪問ありがとうございます。

いつも、この1行から書き始めるようにしていますが、
ほんとに、ありがたいなあという気持ちです。
訪問者記録から、新しくうちのブログをリンクしてくださっている方を見つけたりすると、
嬉しくなって即、こちらからもリンクさせていただいちゃいました。
「ぼかぼかにこにこ」さん、これからよろしくお願いします^^


さて、本日ですが・・・行ってきました、短期入所の契約!
中学生の時に、移動支援(ガイドヘルプ)の契約で、直接本人が署名する、
という経験をしたことがあって、
ちょうどその頃、家庭科の授業で「契約」「支払形態」などの勉強中だったので、
「あれだよあれ、覚えてる?」と、聞くと・・・覚えてました。
重要事項説明書、契約書、個人情報の取扱いについて、を、それぞれ2通。
今回、「捺印」にもチャレンジしてみました。
まあ、当然かもしれませんが、無事にちゃんと全部に捺印できました。
ひとつひとつ、本人にできることは任せていかなくちゃ。

で、気になっていた食堂との行き来については不要と聞いて一安心。
携帯電話も部屋で使っていい、ということで、ほんとに、ビジネスホテルみたいな感じです。
最初から、帰省時に使うのでなく、大阪にいるときにチャレンジ、の形でやってみよう。
自宅以外の場所で、家族以外の人たちと(顔は合わせなくても同じ敷地内で)過ごす練習。
小さな一歩だけど、積み重ねていく中で、「外」へのハードルが低くなっていったらいいな。

当事者研究で有名な、東大の熊谷晋一郎さんの名言に
「自立は依存先を増やすこと、希望は絶望を分かち合うこと」
という言葉がありますが(→インタビュー記事)、
重度の友達が、重度だからゆえに、いっぱい使っている「短期入所」という支援システムを、
見た目、一応≪軽度≫の範疇に入るナカリが、この先うまく使いこなしていく、ことが出来れば、
彼女の中の「重度」の困難性が、少しは軽くなるのじゃないかしら・・・
保育所の時以来、という長いブランクを経て「短期入所(ショートステイ)」を、
「短期留学(ホームステイ)」みたいなノリで使えるようになったらいいな。

本人の中では「不安」がいっぱい膨らんでるみたいだけど、
母の中には「希望、期待」が膨らんできました。
ま、でも、無理は禁物。焦らず慎重に・・・
はいどうはいどう、と、自分自身の逸る気持ちにブレーキをかけて、
ナカリなりの歩みを、ゆるゆる見守りたいと思います。




子どもの日常 | 18:27:00 | コメント(2)
コメント
ありがとうございます、から始めるっちゅーのは
すごいですね(T_T)

というかろくに更新もしてないのに訪問ありがとうございます。
ほんとありがとうございますm(_ _)m


短期入所というのも非常に重みのある言葉ですね
頑張って欲しいというか、応援してますというか…

はい、応援してます!
2016-12-09 金 15:44:56 | URL | そうまとう [編集]
そうまとうPさんへ
たとえ更新されてなくても、やっぱり気になって訪問しちゃうんですよ。
これからも伺いますね~

それと、応援していただいて、嬉しいし心強いです!
ありがとうございます!
短期入所施設では、本人は基本、ずーっと一人で過ごす予定ですが、
そうまとうさんみたいな若くて魅力的な職員さんとの出会いがないかしら?
と、内心、違う面での期待もしている母です(^^;)
今後の報告をお楽しみに、なんて。


2016-12-09 金 20:27:55 | URL | ナカリママ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad