■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

息子のイタリアだより ~気分転換に
ご訪問ありがとうございます。

早いもので、
息子がボローニァに語学研修に行ってから、もう3か月がたとうとしています。
何枚かの写真を大きくプリントして、帰省時に持ち帰り、母に渡したら、
とても喜んで、母が孫息子宛に、携帯で電話したのが思い出されます。
たった一日で携帯を使えなくなってしまった母ですが、
明後日帰省したら、またイタリアの話を聞いてくれるかなあ・・・

イタリア11 IMG_0098
ボローニァに到着してすぐの写真。
石の彫刻に圧倒されます。

イタリア12 IMG_0099
歩道の上には屋根があり・・・
イタリア13 IMG_0101
中はこうなっています。
これはとても綺麗だったところ、だそうで、他には落書きや犬の糞などで汚れた道も多かったとか。


イタリア14 IMG_0128
横断歩道はあるけれど、左右よく気を付けて渡らないと、危険極まりないのがイタリアの道、とのこと。

ボローニァでは、
先にご紹介したように、斜塔にのぼったり、教会に行ったり、美術館に行ったりしましたが、
2週間の滞在期間のちょうど真ん中の休日に、彼が目指したのは「マントヴァ」という小さな町。
なぜそこを目指したかというと・・・それがヴェルギリウスの生誕地だと言われているからでした。
渡航前に、地図を眺めて、この距離なら行けそうだ、と、楽しみにしていました。
イタリア15 IMG_0193

さあ、出発。
イタリア16 IMG_0204
車内には自転車を持ち込んでも構いません。
車窓からの風景を動画におさめて、田舎の雰囲気を堪能した息子。

イタリア17 IMG_0212
マントヴァに到着です、小さな駅です。

イタリア18 IMG_0254
古本市も行われていて、心はウキウキ。
イタリア19 IMG_0257
公園でも何かイベントが行われていました。
そして、目指すヴェルギリウスの像が遠くに見えてきました。
イタリア20 IMG_0259

とても大きな大きな像。ぐるりと回って、いろんな角度から眺めて・・・。
ネットで確認すると、
他の場所にも像はあるみたいでしたが、ここにある大きな像が一番カッコいい感じ。
ダンテの地獄編にも出てきたヴェルギリウス・・・迫力の像でした。

マントヴァ、の看板を見ながら、帰りの電車に乗って、再びボローニァへ。
イタリア21 IMG_0274


先日、電話で話した時に、「そろそろまたイタリアに行きたくなったんじゃない?」と聞くと、
「うーん、やっぱりローマかなあ」と、頼もしい返事でした。
次は学術振興会の研究費を使っていけるかな、とも。

一時は英語やフランス語で脳のブラッシュアップを図った私ですが、
頓挫したまま、日常に追われています。
代わりに息子が各国語を操り、古典に親しみ、研究を重ねてくれているような・・・
自分にできなかったことを子どもがどんどん実現していくのを見ることが出来るのは幸せです。

母も、若い頃、茶道の試験に合格して、師範の看板をもらっていますが、
病気や家庭の状況のため、諦めざるを得ませんでした。
夢を追いかけられる条件があるときには、精一杯遠くまで行ってほしい、と、
母と私の願いを息子に託して、これからも見守りたいと思います。







思い出 | 22:31:27 | コメント(2)
コメント
コメントありがとうございます
拍手のほうって気づかず見逃してしまって今発見しました
私もついつい読んでいたら書き込みしたくなってしまってくだくだと書いてしまいました。返信もらえると思ってなかったのでうれしいです。
イタリアいいなあ。いろいろ旅行はしましたがイタリアだけは行っていません。いつかは行かないとと思ってます。
2016-11-26 土 01:05:07 | URL | sukunahikona [編集]
sukunahikonaさんへ
こんにちは。
こちらこそ、コメントありがとうございます。
拍手コメントに返信できる、のを、私も長いこと知らなくて、
知って初めて、慌ててまとめて返信したことがありました(汗)。
読んでて思わずコメントしたくなる時って、私もあるので、嬉しいです。

イタリア、私も行ったことないのですが、息子の話を聞いて夢を膨らましてます。
やっぱり古代ローマからの歴史ある国ですものね。
sukunahikonaさんも、いつかぜひ!


2016-11-26 土 16:12:55 | URL | ナカリママ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad