■プロフィール

ナカリ母

Author:ナカリ母
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

忘れられる力、と、覚えておける力
ご訪問ありがとうございます。

ナカリの記憶力は、特に人の名前に関する記憶は感心するものがあります。
(乗ったタクシーの運転手さんの名前まで覚えていたりする!)
それが災いして?、嫌だったことが忘れられない
いったん刷り込まれたらトラウマのように刻み込まれて、忘れることが出来ない。
これを、上手くスル―する、とか、適度に色褪せさせる(セピア色にする)、とか、
一般的に言われるような形で「忘れていく」ことが出来たら楽になるのになあ・・・

一方で、何とか命取り留めた母。
これ以上は病院でいても処置はできないということで、
症状も落ち着いたので退院して、叔父の家にレンタル介護ベットを入れて2日目。
夜眠るための薬を飲んだ後、夜中の行動の記憶がないそうで、
トイレに行った、ということを忘れている自分にショックな様子・・・
「忘れてしまう」「覚えていられない」恐怖、から、さめざめと涙しています。

義父は認知症が進んで、亡くなる前に義弟の事も分からなくなっていたと聞きました。
自分の子どものことが分からなくなるのは辛いだろうなあ(双方とも)と・・・

母には、とりあえず、私や孫のことが「覚えていられる」ことを大事にして、
嫌だったことは「忘れ」て、一日一日を大事に、ゆっくり楽に生きてね、
と、声をかける以外、出来ませんでした。
先のことを考え出したら不安で仕方なくなるのは誰もがそうだろう、と思います。

ナカリは「不安だよ」「怖いよ」と、いつか来る親離れ=自立、のことを心配し続けていますが、
とりあえず、人のつながりの中で、何があっても大丈夫、という安心感を持たせてあげたい・・・
大好きだった中学の時のカウンセラーさんが、
「ナカリちゃんはいい人だから、きっとどこに行ってもそれぞれの場所でナカリちゃんを支えてくれる人と出会えるよ」
と、別れる時に言ってくださいました。
実際には、辛いこともあったけど、確かに、それぞれの場所で支援してくれる人との出会いもありました。
だから、良いように考えよう。

「記憶」は曖昧なものだし、無意識に改ざんされるものでもある・・・
「いま、ここ」に集中することで、記憶に振り回されないようになれたらいいな。

認知症についても、改めて勉強しなおしてみなくちゃ、という気がしてきました。
「介護」の分野で働く人たちに感謝と同時に、家族としての心構えも必要だと痛感しています。


昨夜は、ナカリや息子が小さかった頃の姿で夢に出てきました。
むぎゅー、出来るくらい小さかった頃。
なつかしいなあ~。
忘れないで、ずっと覚えておきたいなあ。
懐かしすぎて、思い出すだけで涙ぐみそうです。



父の深刻な闘病生活は実質1か月ほどで、その間に交わせた言葉はごくわずかだったけれど、
亡くなるその時まで、意識はしっかりしていたように見えたのが、いま改めて感謝です。
危篤の連絡を受けて、みんなで病室に駆けつけ、
「来たよ」と顔を覗き込んだら笑顔が出て、20から30まで落ちていた心拍が、いったん持ち直したくらい、
看護婦さんが、「ご家族の力はすごいですね」と驚かれた、そんな奇跡的な状況の中で、
最期は、母とナカリと牧師さんの手を握って讃美歌を聞きながら逝きました。
あんな風な、人生の締めくくりができたらいいなあ~

大切な家族のこと、お世話になった人たちの事、いつまでも忘れたくないなあ。

母の涙声を電話口で聞きながら、ちょっと感傷的になった夜でした。




子どもの日常 | 23:09:45 | コメント(4)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016-11-19 土 01:10:01 | | [編集]
鍵コメントさんへ
分かります、私もそうなんです!
名前を覚えるのが苦手で、ご本人を前にしてもなかなか出てこないので、
あとからナカリに状況を説明すると「○○さん、○○先生」と、
魔法のように思いだしてくれるのが不思議で、羨ましいです。
なんでかなあ~
自分の記憶力は、ただでさえ年齢とともにどんどん衰えていくのに、
名前に関してはナカリに頼って、ますます衰えていく気がします^^;

2016-11-19 土 13:35:47 | URL | ナカリママ [編集]
はじめまして。
「嫌だったことが忘れられない」、「忘れてしまう」「覚えていられない」恐怖
幼き時から両方を併せ持っています。
未だにそういう事に頭を占領されることもあります。
でも今は大人になった子の行く末の気がかりが一番大きいですが。
あと、この年になっても未だヒマと感じたことのない私です。
ナカリちゃんには、こんな素敵なママがついてるから大丈夫!
2016-11-19 土 21:38:33 | URL | ヒマワリ咲いた [編集]
ヒマワリ咲いたさんへ
はじめまして。コメントありがとうございます^^

忘れられない、のと、覚えていられない、のと、両方感じる辛さ、
幼い頃からとのことですので、どんなにかご苦労されたことでしょう。
「大人になった我が子の行く末」が一番気になるのは私も同じです。
誉めていただいて嬉しかったですが、言うほど何もできてない・・・と、
親としての修業はまだまだと思うばかりです。
お互いにいろいろ大変ですが、少しでも穏やかな時が送れますように。


2016-11-20 日 13:56:08 | URL | ナカリママ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad