■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

老い先短い祖母との時間
しばらく留守にしていた間にもご訪問いただいていたことに、
深く感謝の思いです。
すみません、そして、ありがとうございます。


義父の葬儀を夫に任せて、娘と二人で帰省し、空港からタクシーで直行した病院。
脳に出血、ということで、「字が書けなくなった」という母の話がよく分かりました。

入院中の字 CIMG0370

見た私もショック。
几帳面な母が、字を書こうとして字になっていないのが悲しい気持ちでした。

朝飲めなかった分として夜の食事の前に届いた薬は9種類+夜の薬2種類。
母の薬 CIMG0367


病院の雰囲気に飲まれつつも、母の手を取る孫のナカリでした。
20歳の手と80歳の手。
20歳と80歳の手 CIMG0368

肉の部分がなくなって、骨と皮だけ、というのがまさにその通り。
「おばあちゃん」の変わりように、「いつものおばあちゃんと違う」と涙するナカリでした。

心癒してくれたのは病院の窓から見える紅葉。
病院の窓からの紅葉 CIMG0371


義父の通夜と葬儀は、都会の事情でずいぶん待たされて、昨日今日という状態でした。
遺体の防腐処理をしてもらって、もともとの実家の九州からの親族の到着も待って、
無事に今日、すべての段取りを終えました。

ぼーっとした状態はまだ続いていますが、
人生ほんとにいろんなことがあるものだと痛感しながら、
家族4人がそれぞれ西と東に分かれて、親の見送りと付き添いに出かけられたことを
あらためて感謝の気持ちです。

いろいろと思うことはありますが、取り急ぎのご報告まで。
拍手くださった皆様、訪問してくださった皆様、ありがとうございました。








子どもの日常 | 20:37:48 | コメント(2)
コメント
お疲れ様でした
都会の葬儀とかって火葬場の事情とかで遅くなるよね
義兄の時に何日も待たされた記憶が蘇ります
2016-11-10 木 00:11:37 | URL | K's [編集]
K'sさんへ
ありがとうございます。
私も、都会の葬儀の込み具合にビックリしました。
私の母が倒れたのとかち合ったのですが、結果的に、
私方、夫方、両方とも同じ日に帰宅する状態になり、
お互いにお互いの状況をメールで伝えあう毎日が続きました。
昨夜遅く、1週間ぶりに4人そろったのですが、今日はもう仕事で、
子どもたちを置いて朝夫婦で家を出る状態。
でも、それぞれに良い体験になったみたいで、
結果オーライです。
年末に向けて気ばかり焦りますが、落ち着いて落ち着いて、です。



2016-11-10 木 18:14:26 | URL | ナカリママ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad