■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

精神的な幼さと精神的な疾患と・・・
ご訪問ありがとうございます。

このところ落ち着いているナカリですが、
鳥取地震のエリアメールの音が怖かったということがきっかけで
本人曰く「赤ちゃん返り(あの精神的な何とか、と言いかけて、きちんと言い当てました)」
しています。
非常に幼くなっている・・・まさに赤ちゃんのように母親にベタベタです。

いま彼女がもらっている障害年金は、
知的障がいではなく精神障がいの分野に当たるのですが、
境界IQということもあり、かつ、ドクターの話では相互関係があるとのことで、
自閉症としての対応だけでなく、知的な幼さを頭に入れた対応が必要です

話をしていて、上手く伝わらないもどかしさを感じるのは、
彼女が自閉症という特性を持っているからだけではなく、
「理解力」「応用力」といったところでハンディキャップを持っているからでもある・・・
そこを、大きく受け止めて、優しく対応する心の広さとゆとりとが不可欠ですが、
あまりにも「赤ちゃん返り」してしまっていると、歯がゆさが、つい表に出てしまいます。
まだまだだなあ・・・

彼女の永遠の?テーマは「私が二人居るのじゃないか」ということで、
頭の中の私が現実の私と同一なのかどうか、
リアルの自分とパラレルのナカリとの整合性にこだわる気持ち、です。
その、「非・論理的」な理屈と感覚に、こちらの理屈をぶつけてはいけないというのは
前にも書いた通りですが、そういう不思議な感覚になってしまうのは、
彼女の「幼さ」にも一因があるので、どうしようもありません。
本人も「私の脳みそおかしい」と歯がゆがっています・・・

先日の相談支援で、「家の中で一人でできることが増えた」
「支援があれば外でもできることが増えた」という感じの話になりましたが、
いやいやまだまだ、世の中に出ていくのには高い高い壁を越えなくちゃなりません。

「疾患」部分は薬で抑え込むことが出来るけれど、
「幼さ(遅れ)」のキャッチアップには限界があると分かっています。
いくつになっても、100%から数えたら「遅れ」は「遅れ」として一生付きまといます。
加えて、典型的な自閉症ではなく、どちらかというと、アスペに近い「わかりにくい」自閉っ子に育ちました。
このややこしい彼女の状態を、上手く理解してサポートしてくれるパートナーは見つかるのだろうか・・・
私たち親族が先だった場合、残された彼女はどうやって生き抜いていけるだろう?

雨で冷え込みが厳しい一日、二人だけで家で過ごして、やっぱり悩み尽きず、と、
ちょっと落ち込んだ母です。
(上の息子と比較しているわけではない、と心では思っていても、いつの間にか手を離れた彼と、
何もしなければきっとずっと手を離れられない彼女との違い、を、嫌でも認識させられています)

今日は愚痴になってしまいました。

元気を出そう!
帰省した際に息子が弾いていた、ピアソラの「アルフレッド・ゴビの肖像」です。
笑い話みたいですが、「専門は?」と聞かれた彼が「ラテン文学です」と答えたら
「そんな風に(おそらくラテン音楽をイメージして)見えませんね」と返ってきたと(^^;)
アコーディオンやバンドネオンもいいなあ~ 音楽に癒されよう。






子どもの日常 | 20:14:46 | コメント(6)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016-10-26 水 00:40:17 | | [編集]
鍵コメントさんへ
いつも力づけてくださってありがとうございます。
先は長いですが、がんばります~
また癒されに伺いますね。

2016-10-26 水 15:38:02 | URL | ナカリママ [編集]
ナカリ母さんへ!!
いつも大変ですねp-。!
今日はお目で雷が鳴り怖かったですねー。気温は冬と同じで風邪を引いちゃいました。買い物行くのが毎日なのでつい油断して薄着でいくとやられますねー

どこの家庭も誰でも悩みがありますが元気で考えないで強くいきましょう。☆!
2016-10-26 水 18:36:15 | URL | 荒野鷹虎 [編集]
ナカリさんの世界
まさにファンタジーの世界ですね。
それと現実との境がわかりにくいのでしょうね。
ママさんも調子の良い時は理解して合わせることが出来ても、疲れている時、イライラしている時に付き合うのはお辛いでしょう。
うちの息子も「しつこく」「うるさい」ので未熟な母は「いい加減にして!!」と声を荒げてしまうことが多々あります。
異文化交流は難しいですね。
2016-10-27 木 09:30:59 | URL | ひまわり [編集]
荒野鷹虎さんへ
いつもお気遣いすみません~
北海道はもう雪なんですね、お体気を付けてくださいませ。

そうですね、誰にもみんな悩みはあるもの、考えすぎずに、
悩みと上手く付き合って乗り切っていきたいと思います!
ありがとうございます。

2016-10-27 木 15:16:43 | URL | ナカリママ [編集]
ひまわりさんへ
そうなんです、リアルとファンタジーの区別が曖昧で、
本人でもわからなくなっちゃう、そのあたりが、
幻覚や幻聴や不安感や、いろいろ関係しているようにも思われます。
「合わせる」というか「流す」くらいの気持ちで付き合っていかなきゃいけない、と
ドクターからも何度もアドバイスいただいているのに、なかなか厳しいです。
ひまわりさんのお気持ちもとってもよく分かります、一緒です!
異文化交流、まさにそうです、難しいぃぃ~^^;
お互い頑張りましょうね。



2016-10-27 木 15:20:28 | URL | ナカリママ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad