■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

好きなことを仕事にして食べていける展望
ご訪問ありがとうございます。

長い期間がかかりましたが、上の息子がやっと「自立」の見通しをつけてくれました。
先日嬉しい報告として書いた、日本学術振興会特別研究員内定の知らせです。
ほぼ大丈夫、ということで、来春からは生活費も研究費も目途がつきそうです。

小5から完全不登校?だった彼が、自分の好きなことを探すという方向を貫き通して、
紆余曲折を経ながら辿り着いたのが、西洋古典研究という道でした。
「実学」という意味で、「それが何の役に立つの?」と突っ込まないで、
大きな目で見て、人類の歴史の進歩に寄与できる研究を頑張って、という気持ちです。

その彼が、先日行ってきたイタリア。
次に行くときには公費で行けそうかな。
いくつか写真が追加で手に入ったので、こんなことをしている若者もいるんだなー、と、
見てやってください。

イタリア① 遺跡 IMG_0105

京都のように、イタリアも、そこここに遺跡が残っていて、街の風景の中に溶け込んでいます。
ボローニヤ到着後、まず驚いた遺跡の写真。

イタリア② 料理 MG_0134

なかなか外食が出来なくて、カルフールで買い物してきたものを自分の部屋で食べていた彼が、
やっと外食できた時の写真。さすがイタリア料理の本場、おいしそう~。

イタリア③ 市場 IMG_0152

市場?の様子。にぎやかな感じです。
買い物はもっぱらカルフールだったみたいだけど、妹へのお土産はお店屋さんを探した、
というのが彼らしいなあ。

イタリア④ 階段 IMG_0159

ボローニャにはいくつか斜塔があって、そのうちの一つに登ったときの階段。
すごく急な傾斜で、私の実家の松山城の木の階段を思いだすような感じです。

イタリア⑤ 階段の窓 IMG_0160

階段を昇っていく途中にも窓があったようで、外が見えます。

イタリア⑥ 塔からの眺め IMG_0167

そして、登り切ると、眼下にこの風景。
この時の、市街全体を見渡した感覚が一番記憶に残っていると言ってました。

イタリア⑦ 下宿 IMG_0283

基本的には日が暮れる前に下宿に戻って、夜は部屋で勉強だったみたいです。
机の上の本は、多分、マントヴァの古本市で入手した本。

イタリア⑧ 中庭 IMG_0289

部屋のベランダから中庭を見るとこんな感じ。
反対側にはベランダに自転車とかも置いてありました。
電車の中にも自転車持ち込み可能で、日本とはずいぶん雰囲気が違います~

イタリア⑨ ステンドグラス IMG_0365

ボローニャでは、美術館も無料で入れてよかったけど、教会もいくつかあってもちろん無料で見学可能。
ステンドガラスが綺麗です。さすが、カトリックの本場。

イタリア⑩ 教会 IMG_0370

教会全体の雰囲気です。天井が高いですね。
彼は中学生当時ドイツ語を学んで、ドイツのパイプオルガン奏者に心惹かれていた時があった?
ので、教会に行って、きっといろいろなことを思いだしたのじゃないかなあ~


以上、親ばか写真報告でした。
「好きなことを仕事にして食べていける」のに向けて、まだ道は険しいだろうけど、
光が見えたのが何よりです。
ナカリの光・・・は、まだまだこれからだけど。
良いところを伸ばしていけるよう、応援できる親であり続けたいです。






子どもの日常 | 19:59:40 | コメント(8)
コメント
好きなことを仕事にするって夢であり困難なことでもあるけど
夢に向かってGO~~~!^^
2016-10-24 月 21:48:59 | URL | K's [編集]
K'sさんへ
ほんとにそうですよね・・・
なかなか難しいチャレンジですが、若いからこそできること。
応援してやりたいです、ありがとうございます^^

2016-10-24 月 21:51:36 | URL | ナカリママ [編集]
よかったですね〜
好きなことを仕事にできる人はほんのわずかの人だと思います。
それを実現した息子さんは本当にすごいと思います。
また息子さんの活躍を教えて下さいね。
楽しみにしています。
2016-10-25 火 08:43:01 | URL | ひまわり [編集]
ひまわりさんへ
ありがとうございます。
先が真っ暗闇に思えたときもありましたが、
わずかな光を求めて、よく頑張ったと思います。
コメント、嬉しいです。また、報告しますね^^

2016-10-25 火 18:40:56 | URL | ナカリママ [編集]
おめでとうございます㊗️
ナカリママさん、

こんにちは、little lambです。

ご子息の学振内定、おめでとうございます🎉

これ、そもそも応募書類の作成から一苦労ですし、精鋭同士の競争に勝って選ばれるのはもっと大変だと思うからです。

選ばれたら、もうプロ。学位取得や常勤就職などプロセスがつづくキャリアですが、学振は履歴書でアピールできる経歴なのです。

なにより、これで、所属、身分、お金などの心配をせずに、好きな研究をのびのび続けられることが、ほんとうに幸せなこと!

写真も素晴らしくて堪能させていただきました。ありがとうございました😊

2016-10-26 水 05:27:09 | URL | little lamb [編集]
little lambさんへ
嬉しいコメントをありがとうございます。
研究者の先輩として、お言葉を頂けることがとても力になります。

娘と違って息子の方は、社会適応が上手くいったパターンなので、
調子が悪い時は自宅にこもりますが、それなりに対人関係が持てるようになったし、
いろいろな事務的作業もこなせるだけの力をつけたので、何とかここまで辿り着けた、
という感じです。

子ども2人いると、どちらかが不調の時には他の一人が息をひそめるように様子を伺い、
落ち着いてきたら逆に今度はそちらに手がかかるようになり・・・の繰り返しでしたが、
これでやっと、一人は何とか手を離れた、かな?と思えるくらいになりました。

あたたかい励ましを本当にありがとうございました。
これからさらに娘と頑張ります~^^

2016-10-26 水 15:35:59 | URL | ナカリママ [編集]
ナカリママさん、こんばんは!

この画像は、お兄ちゃんが撮ったのですよね!?
何か1枚1枚非常に目的というか、
拘りを持ち、考えて撮ったんだろうな...
と勝手な想像をついついしてしまいます...(汗
でも、多分本当に何も考えずにパシャパシャと
撮ったんじゃないと思います(何が言いたいんだか!?汗)
私は写真は専門じゃないんですが、
写真を撮るのは結構好きで...(^^;
構図割とか...ついついそういう目線で見てしまいました。
意味不明なコメントで失礼いたしましたm(_ _)m
2016-10-27 木 22:49:54 | URL | ムゥ [編集]
ムゥさんへ
こんばんは^^
写真の構図?を誉めてださってありがとうございます。
実は私も、なかなかいいじゃん、と感心したのでした。

全部スマホで取ってきたのですが、見終わってから、
「自撮りが1枚もないじゃん!」あはは、いかにも、という感じでした。
自分がイタリアに行ってきた証拠写真・・・は、他の人が撮ってたからいい、そうです^^;

コメント、嬉しかったです、ありがとうございました!


2016-10-29 土 17:13:12 | URL | ナカリママ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad