■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

思い出の「おばあちゃん」と現実の祖母
ご訪問ありがとうございます。

赤ちゃんの時からずっと見てもらってきた「おばあちゃん」。
80歳になり、すっかり年を取って、少し認知症の兆しもあるので、
ナカリのパラレルの理屈などなかなか理解できません。

「いつかナカリちゃんの絵も認められる時が来るからね」
という言い方しかできなくて、
ナカリの反発を招いてしまいます。
でも、やっぱり大事な「おばあちゃん」。
「一目でも会えてうれしかった」と涙目で言われると、ナカリもやっぱり心に響く。
「これで最後」とか言わないで、また次会おうね、と約束した別れました。


母の実家は愛媛県の八幡浜市ですが、生まれ育ったのは三津浜です。
叔父が住んでいる三津浜の家で退院後の生活設計をしている最中です。

三津浜港

昔とちっとも変わらない港の近くです。

綺麗な夕焼け。

三津の夕焼け


何とか叔父の家で落ち着いた生活を始めていたので一安心。

ちょうどこそへ、上の息子から嬉しいメール。
日本学術振興会の特別研究員に内定したとの知らせ。
正式に決まったら、生活費と研究費が支給されることになります。
今後のめどが少しついてホッとしました。
(兄に対する対抗意識が強いナカリにとってはあまり嬉しいニュースではなかったですが・・・)


悩みは尽きませんが、今日は、良い報告で絞めておきます。








思い出 | 23:29:56 | コメント(2)
コメント
瀬戸内ってなんとなくのどかでいいなぁと想像します
落ち着いてよかったね
おにいちゃんもおめでと^^
2016-10-16 日 02:39:34 | URL | K's [編集]
K'sさんへ
こんばんは。
そうなんですよ、瀬戸内は、ほんと、のどかです。
時間の流れがゆっくりというか、都会から戻ると、しみじみ実感します。
改札で駅員さんに切符をチョッキン切ってもらって、
到着したら、また手渡しで切符を回収・・・ナカリにも初体験でした。
息子の方も、一安心・・・ありがとうございます^^

2016-10-16 日 18:32:24 | URL | ナカリママ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad