■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

人との信頼関係を結びにくい理由・・・「不安」「被害感」
ご訪問ありがとうございます。


今日は、カウンセリングの日でした。
前回のEMDRで、無事に、しつこいトラウマをやっつけた、という確認ができ、
邪魔な「声」が聞こえなくなったのはよかったけれど、
一方、やはり、パラレルの人が自分に対してよく思ってないのでは?
という不安からイラストの「表情」が変わって見える、のは相変わらず、とのこと。

先生は、机の上のぬいぐるみを手にとって、
「このぬいぐるみは変わらないけど、自分の心がしんどい時には、
ぬいぐるみの表情も険しく見えるし、嫌な顔に思えるかもしれない。
そんな風に、見るものが、自分の心を映し出す場合があるんだよ
と説明してくださいました。
うんうんと頷いていたナカリ。

パラレルやコラボは彼女にとって≪聖域≫なので、
「見せたいけど、見せて何と言われるか不安」という葛藤と闘っていて、
カウンセラーさんにも見てもらいたいけど、見て、なんて言われるか心配、
という気持ちも伝えました。
そして、アートの先生との会話の中で、コラボは「嘘」だから、というような話が出たこと、
に、ずっと引っかかっている、という話をして、先生から解説し直してもらいました。
「現実と虚構」「本当と嘘」というのはペアみたいな単語だけど、それぞれに意味が違って、
多分、ナカリの考えている「嘘」と、先生が口にした「嘘」は意味が違う、
先生は「創造=クリエイション」というような意味合いで使ったのじゃないかなあ~と。
なんだかそれで納得したナカリでした。

ちょっとした一言が『地雷を踏む』ことはよくあって、
こんなに距離の近い親子でも、爆発すると攻撃対象になります。
昨夜は、上の息子が数日の帰省から下宿に戻って、環境が平常に戻った、のもあってか、
「兄が居る時と母は態度が違う!」と責め立てられ「私のこと嫌いなら嫌いって言えや!」と。

・・・

暴言や暴力が無くならないのは何でかなあ。
頓服を飲ませてしばらくするとごめんなさい、なんですが。
カッとなると何もかも吹っ飛んでしまう。

その根底に横たわる「不安」と、「被害者意識」・・・
これがいろいろなことを悪い方向に引っ張っている気がします。
自閉症関連の本を読んだとき、たしか、
不安や恐怖は、原始の意識=防衛本能が基だとか書いてあったような。

何とかここを超えてほしいなあ~
・・・模索は続くよ、どこまでも♪


明日から週末までナカリを連れて帰省します。
もう一つの悩みの種の母・・・
父が亡くなる前に入院してから1年8か月がたち、もう嫌だ!と先週末に退院してしまいました。
かといって無人の実家には置いておけず、叔父が引き取ってくれています。
その様子も見に行きます。

少し更新が止まると思います、すみません。
いろいろあるけど、がんばります~




子どもの日常 | 20:27:15 | コメント(2)
コメント
自分が描いたイラストの表情が変わって見えるというのはちょっとわかりませんが、自分も人との信頼関係を結びにくいので、その点だけはナカリさんの不安も多少はわかります。

ASDの人間は他人の気持ちがわからないから、どんなに近くにいても心は離れているような疎外感を常に感じているんですよね。
発達障害者が定型発達者よりも距離が近いといわれてしまうのも、どんなに近くにいても、心は離れているように感じているので、相手が不快に思った距離まで踏み込んでしまうのだと思います。

自分もうっかりそれやっちゃって、それまで親しかった人が急に離れていったことが何度かあるので、最近はなるべく他人には近づかないようにして孤独に甘んじています。
2016-10-17 月 00:44:44 | URL | ponch [編集]
ponchさんへ
いつもコメントありがとうございます。
「信頼関係」って、ほんと、難しいですね。
書いてくださったように、きっとナカリもいつも「疎外感」を感じてるんじゃないか、
と思いました。だから、家族と一緒でも安心できないのかな・・・
「距離感」が難しいというのは、他の自閉っ子のお母さんもおっしゃってました。
「近すぎ近すぎ」と言ってあげないと、身を乗り出すようにぐっと近づいてしまうそうです。
でも、はっきり理由が分からないまま離れていかれるのって辛いですよね。
孤独に甘んじているというponchさんの言葉が胸に刺さりました。
近づいたり離れたり、模索しながら適度な距離を測りたいです。
これからもよろしくお願いしますです。




2016-10-17 月 19:24:18 | URL | ナカリママ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad