■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

美術展という空間
ご訪問ありがとうございます。


アートの先生が、大学の同窓会の展覧会に出品されたとのことで、
ナカリも思い切って京都まで見に行くことにしました。

通信制高校のスクーリングの帰り道に親子で美術館に寄ったのを思い出し、
いろんな作品に触れることで、「感じる」ものがあったよね、と話して、
今回も楽しみにしていました。

途中、人混みを通るのが心配でしたが、何とかクリア、
京都についてから、私が道を間違えて、「迷子になったん?!」と、
一時、不安から険しい表情になったものの、
何とか無事にたどり着け、現地で先生にもお会いできました。



会場には、絵画だけでなく、彫刻や織物、デザインなど、さまざまな作品たち!
また、「屏風」をテーマにしたコーナーには、
一つの素材をもとにいろんな視点で作られた作品がたくさん並べられていて、
へえ~、わ~、と、興奮冷めやらずでした。

誘ってくださった先生に感謝です。


こうした、無料の美術展がいろいろあると、楽しいなあ~
「一人一人違う」、ということが、ほんとによく分かる・・・
そして、優劣がつけられないということも思うし、個性全開、芸術家魂というか・・・
いやいや、表現の手段ってたくさんあるねー、ナカリもこんな感じで発表できたらいいねー
と、ひとり騒いでいた母でした(ナカリは、静かに見て回っていました)。


なお、イタリアにも美術館がたくさんあったので、「行く」と言っていた息子。
電話で聞くと、入り口で「学生ですか?」と聞かれて「はい」と答えると
何の証明書も見せなくても「どうぞ^^」と無料で入れたそうです。
確か、ルーブル美術館も、無料の対象者が幅広かったような・・・
芸術へのアクセスを広くしている点について、新聞記事を見た記憶もあります。



久々に堪能した「異」空間でした。
ナカリにも刺激になったかな?




子どもの日常 | 20:02:28 | コメント(4)
コメント
人の作品にふれるといい刺激になるよね
俺も仲間(含プロ)の写真たちに刺激されてます
見るだけでも勉強になるもんね
いつか展示会なんかできるといいね^^
2016-09-18 日 00:26:37 | URL | K's [編集]
ナカリママ様♪

いつかナカリさんも展示会ができたらいいですね^^
作品を通して人とつながることもできると思うし^^v
息子さん、イタリアの美術館にも足を運ばれてるのですね!
なかなかできない経験ですよ~><本当に羨ましいです^^;
2016-09-18 日 20:02:12 | URL | 慧喜 [編集]
K'sさんへ
こんばんは
いつもありがとうございます。
他の人の作品を見るということは、いい意味で「刺激」になりますよね。
今回、私自身、しみじみ感じました。芸術って個性的なものなんだ!って。


2016-09-19 月 22:51:56 | URL | ナカリママ [編集]
慧喜さんへ
コメントありがとうございます。
今回、私自身、展示会の魅力、というものを強く実感しました!
息子も、絵が好きなので美術館にはぜひと思っていたようです。
彫刻の写真をたくさん撮って帰ってきていました。
町自体が芸術みたいな場所で、ほんと、羨ましい経験です~~


2016-09-19 月 22:55:23 | URL | ナカリママ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad