■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

「話すことがないと話せない」
ご訪問ありがとうございます。

息子が飛行機でヨーロッパに旅立つ日があと数日後に迫ってきました。
何をしていても落ち着かないようで、「何とかなるなる」と声をかけるたびに、
苦笑いが返ってきます。

「案外、日本より話せるかもよ?」
と言ってみると、
「話すことがないと話せない」
と返ってきました。
この機会に誰か先生に紹介状を書いていただいて、訪ねてみる、とか・・・
そういう気のきいたことは、なかなかできないそうです。

まあ、源氏物語の研究者が現代日本にやってくるみたいなものだから、
今一番やりたい西洋古典の学習をいったん中断して現代ヨーロッパに出かけていく、
という感じで、本人にしたら、不安も大きいようです。
まあそれでも、現地に行ってみようと思い立ったのは本人なんですから。
実りある渡欧になりますように。


ちょうど、直近の雑誌「週刊金曜日」に連載中の「バラ色のひきこもり」の内容に、
「真面目」「怠け者」「虚弱体質」が、ひきこもりエリート?の三大要素、とあって、
最初と最後の二つは確実にあてはまるな、と親子で、アハハ(´∀`)、と確認する形になりました。

また、「怠け者」と言うと言葉は悪いですが、「やりたくないことを無理にやれない(やらない)」と言い換えると、
これも当てはまってしまいます。


彼の、真面目さや好きな分野の研究に対する集中力、アスペ特有の立派?な語学力、
を、何とか社会に還元できたら、と思う母としては、
今回の連載の締めくくりの文章は胸に沁みました。

著者の勝山実さん(ひきこもり名人)いわく・・・

「ひきこもりになるとは、六畳間の宇宙で悟りを開く出家者になること。
私に言わせれば、アインシュタインもエジソンもひきこもりなのです。
・・・(中略)・・・
一生懸命、精一杯研究して、なんにも出てこない。
ただ、そういう人を社会が許すか、許さないか。
その寛容さが問われているのです。


「寛容」という言葉が、私はとても好きなのですが、
実際に寛容であることはとても難しいですよね。
特に自分が厳しい環境にあると自覚している時なんかは、つい、人に対しても厳しく見てしまう、
懐の狭さを実感します・・・

夏休み明け、中高生の自殺が突出して多いということで、何とか対策を、
というような記事も新聞にありました。
生きるのがつらい、のと、死にたい、のとは違うんだよね。
世の中が寛容になって、学校がゆったりして、テキトウさを認めてあげて、
「真面目」で「怠け者」な苦しさを抱えている子どもたちに、気楽さを教えてあげたい・・・

息子にも、「気楽さ」「テキトウさ」「現実の人間と接するあったかさ」
・・・みたいなものを感じて帰ってきてほしいです。





子どもの日常 | 14:33:17 | コメント(8)
コメント
俺よかったなぁ
日本一のてけとおやぢですww
2016-08-30 火 23:36:39 | URL | K's [編集]
なんだかわかるように感じます。
ナカリママさん、

こんにちは、little lambです。

自分のブログのことで恐縮ですが、なんだか連動するかのように、この記事を拝見する前に「やりたくないことはやれない!」という、ぶちまけ記事(汗)を書いておりました。

記事を拝読して、「あ、なるほど、わたし、<怠け者>だし、<ひきこもりエリート>の仲間か先輩かもしれない」と、なんだかちょっと楽しい気分に切り替えることができました。

「話すことがないと話せない」も、なんとなくわかるような気がいたします。最近、高校時代の友人たち(というか、最近、友人として承認してもらったような気がします....)とLINEを始めてみてびっくり。

これが、「ふつうの人」による「雑談というアート」なのか、と。

ときにノリ(わたしからみるとトピックそのものはなんでもよく、おしゃべりをつづけることだけが目的)だけで、みんながどんどんと「共感」(?)しながら、会話のバトンを回すのをみては、ただただビックリしています。

まあ、でも、わたしが働いている業界をみまわしていると、わたしのような人はほかにもいて、それも少なくないと感じます。寛容でもあり、よい意味で自分中心でもあり(笑)。

まとまりませんが、ナカリママさんとご子息のやりとりのくだりに救われました。
ありがとうございます。
2016-08-31 水 17:49:19 | URL | little lamb [編集]
K'sさんへ
てけと、って、いいですよね^^
肩に力が入んない感じがとっても好きです~


2016-09-01 木 14:40:31 | URL | ナカリ母 [編集]
little lambさんへ
いつもご訪問&コメントありがとうございます!

>「ふつうの人」による「雑談というアート」
名言ですね~、うちの息子も苦手なのは「雑談」です。
なので、それが外国語にスライドしても同じみたいで、
目的をもって行われる「会話技能習得のための会話」は苦痛でなくても、
日常生活の中での、人とのやり取り、に大きな不安を抱えてるようです。

調べてみたら、現地にはコンビニもスーパーもないみたいで、
学生アパートで、炊事場と洗濯機は使えるみたいだけど、
どんな生活になるのかしら・・・

でも、おっしゃるように、「大学」という業界?な中には、近い人たちが結構いて、
マイペースを貫いていても何とか生き延びていけそうなのが希望?かな。

私もlittle lambさんの文章に、共感したし、救われました。
こちらこそ、ありがとうございます^^


2016-09-01 木 14:47:42 | URL | ナカリ母 [編集]
お久しぶりです!
病院からの外泊で、
ゆっくりとナカリママさんのブログを読んでいます。
大学院っていう響き。なんだか憧れます。
私は大学を中退したので。
今、私も通信制の大学でやり直そうかと思案中です。
頑張り屋さんのファミリー!
ご子息の健闘を願っています!
2016-09-02 金 12:54:42 | URL | Sumi [編集]
おばんです!
台風が去りましたが残暑厳しいですねー。汗)
12号が西日本に上陸か・なんてニュースが飛び込んできていやになりますよねー。9月は210かで台風シーズンですが、あい告ぐ被災で国土も和らいでいるので一気に土砂崩れとか河川氾濫の危機が待ち受けています。オt外厳重に注意して防災に努めましょう。!
2016-09-02 金 20:09:06 | URL | 荒野鷹虎 [編集]
Sumiさんへ
ご無沙汰しています!コメントありがとうございます^^
通信制の大学、というのもなかなか良いな、と思っているので、
おススメですよ!科目履修生だと、お金もそんなにかからないし・・・
娘と二人で同じ科目をとってるので、なんだか気恥ずかしいですが。
大学院、っていう響き、私も憧れます。でも、なかなか遠い世界で・・・
今はとにかく、じっくりゆっくり、娘との女子大生生活を味わいますね~


2016-09-02 金 20:38:40 | URL | ナカリ母 [編集]
荒野鷹虎さんへ
このまま涼しくなるかと期待したけど、やっぱり残暑でしたね^^;
息子も飛行機ですが、私もこの週末、一人、飛行機で帰省なので、
戻ってくるときに台風とかち合いそうです(汗)。
はい、防災、大事です!意識しますね。


2016-09-02 金 20:42:28 | URL | ナカリ母 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad