■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

プレッシャーに向き合う力
ご訪問ありがとうございます。

通信制大学の単位取得試験受験票が届きました。
科目履修生で、半年に一科目、というスローペースですが、
「自閉症について」の学習という、本人にとってはハードルの高い科目で、
ここまでよく頑張りました。

本人は今もう、すでにかなりのプレッシャーです。
「0点だったらどうしよう」とオロオロしていますが、
自閉症の問題なんだから、当事者の自分が一番よくわかってる、と思って受けたらいいよ、
と、力づけています。

幼い頃の事からいろいろ振り返る機会にもなった、今回の受講。
先日、帰省した上の息子と買い物に出た際、
「(現在売りに出されている2階の)このお店、昔来た?」と聞かれて、
「よく覚えてるね、イタリアンの店で、お父さんとあなたはお店に入ったのに、
ナカリがどうしても階段を上がらなくて、あきらめて戻ってきてもらったんだよ」
「あ~、記憶って曖昧やなあ」と一言。

いろいろな場面で、こちらの思うような形に進まなかったことが多々あって、
それを、本人の「こだわり」や「特異な感覚」のせいにして、歯がゆい思いをした過去。
無言の眼差しで本人を責める気持ちが伝わったのか、今の彼女の口癖は「ごめんなさい」です。
こちらが反省、です。

なぜだか説明できないけど、「耐えられない」「どうしても嫌」、そんなことは、
考えてみたら自分だって、あったかもしれない。
それを、ぐっとこらえて我慢できるかどうかというところで、
自分を素直に出す事ができたナカリと、堪えた自分を無意識に比べていたのかもしれない。
今になってごめんね。

今、彼女が向き合っているプレッシャー。
0点なんてことはないよと声をかけながら、それでもそう思ってしまう彼女の心を、
少しでも楽にしてやれる声掛けは何だろうかとまだ迷う母です。

幼い頃、「自閉症とかそんなこと気にしないで、ありのままの彼女を受け止めることよ」
と助言されたときに、暗に「障害を盾にしている」と責められているような気がした私
さらに学校では「特に支援の必要は感じません」と言われたのに対して
「学校と家では落差があるんです、この状態を見てください」と、家でのパニックのビデオを持っていって、
半分クレーマー的な煙たい保護者だと思われたのじゃないかと振り返ってしまう自分
「甘やかしている=甘えている」と決めつけて言われた小学校高学年。
「お母さんが知らない面がありますよ、こういう(意地悪な)側面があります」と言い切られた中学校。
「他の同級生に対して上から目線になってる、という報告がある」と言われた通学制の専門学校。
辛かった、理解してもらえなかった、そんな思いが私の心の中にも澱のように積み重なっている

それを本人にぶつけるなんてもってのほかだなあ。
ごめんね、ナカリ。
これからも、一緒に頑張ろう。
一緒に、世の中に向かい合っていこう、勇気をもって世の中に出ていこう。

今日、偶然見たNHKの「イチロー3000本の軌跡」でのインタビューを
ナカリにも通訳?しながら
「失敗は成長のためには必要な時間」と、自分自身に言い聞かせた母でした。
プレッシャーを分かち合って、試験まであと4日間、乗り越えよう!







子どもの日常 | 00:25:18 | コメント(4)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016-08-23 火 03:39:32 | | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016-08-23 火 16:43:28 | | [編集]
鍵コメント①さんへ
そうですよね!失敗のない人生はない~
上手くいかない時こそ、次の一歩が大きいんだなあと思います。
いつも力づけてくださってありがとうございます^^

2016-08-23 火 20:44:13 | URL | ナカリ母 [編集]
鍵コメント②さんへ
はじめまして!
数ある自閉症関連ブログの中から見つけ出してくださってありがとうございます。

母親としての自分を責めてしまう場面は、私も今まで何度も何度も経験しました。
娘も「もう死んでしまいたい」と何度も言ってきました・・・
暴れたり泣いたり叫んだり、
「誰か助けて!」という状態をくぐりながら、いろんな人に支えられながら、
なんとか「いま、ここ」まで辿り着きました。

似た状況の方と、ネットの上だけでも「出会う」ことができ、
お互いに力をもらいあって、一緒に頑張っていける・・・
ブログをはじめてから、そんな「ご縁」にも恵まれてきました。

これからも、「ともに居まして」です(ブロ友さんから教えていただいた好きな言葉です)。
娘さんにも穏やかな日々が訪れますように・・・



2016-08-23 火 20:51:03 | URL | ナカリ母 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad