■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

相模原事件からホロコーストを想う・・・エリ・ヴィーゼル氏死去の記事とともに
ご訪問ありがとうございます。

今日、事件の被害者の19歳の女性の葬儀が行われたというニュースを見て、
娘とほぼ同じ年齢の一人の女性の人生に想いを致さずにはいられませんでした。

加害者の言い分について、新聞などでいろいろと取り上げられていますが、
その発想の危険さはナチスによるユダヤ人虐殺の論理に重なる気がしました。
当時、優生思想に基づいて、ユダヤ人だけでなく、
障がい者やロマの人々も、多く犠牲になったと聞いています。
異なるものに対する寛容さが失われた世界の恐ろしさを考えると、
人類が歴史から学ぶべきことは、もっともっとたくさんあるように思います。

少し前、7月初めの新聞で、
エリ・ヴィーゼル氏の死去に際して読者が投稿した記事を切り抜いたものを読み直して、
改めて、胸に迫るものがありました。
(「ヴィーゼル氏の遺志、伝われ」という、広島市の女性からの投稿)

V・E・フランクル氏の「夜と霧」や、プリーモ・レーヴィ氏の「溺れるものと救われるもの」も、忘れられない書物ですが、
エリ・ヴィーゼル氏を知ったのは、北海道の「べてるの家」関連の本がきっかけだっただけに、
今回の事件後、その切り抜きが思い出され、書類の山の中から探し出したのでした。

著作の1つ「夜」

エリヴィーゼル 夜 CmaC68CUMAAYd8p

死去の記事


今回、検索しなおして、初めて知ったのですが、
日本で、マザー・テレサの言葉とされている「愛の反対は憎しみではなく無関心だ」という文は、
ヴィーゼル氏の言葉、という記事を見つけました。 ↓

検証:なぜ「愛の反対は無関心」がマザー・テレサの言葉になってしまったのか?


事の真偽は、私自身にとって大事(おおごと)ではないのですが、
上記の記事の中で、胸に迫る文章に出会いました。

愛の反対は憎しみではない。無関心だ。
美の反対は醜さではない。無関心だ。
信仰の反対は異端ではない。無関心だ。
生の反対は死ではない。生と死への無関心だ。



今回の事件で、「福祉施設」の存在が、広く知られるようになったけれど、
施設(コロニー)の多くが、人里離れた場所にあるのはなぜなのか?
街中で重度障がいを持つ人が自立生活をしようとした時、
街中に障がい者施設を作ろうとした時、に立ちはだかる壁がどんなに高いものか、
多くの人にはまだ知られていないことなのではないかな、と思い、
「無関心」に対して声を上げることが必要ではないかと思って、今日の記事を書きました。

私自身もまだまだ知らないことだらけだし、「無関心」な分野もあるので、
自戒も込めて、の記事です。
長くなってしまいました。読んでくださってありがとうございました。




読んだ本・文章、見た映画・ドラマ、聴いた音楽 | 22:42:36 | コメント(4)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016-07-31 日 01:36:00 | | [編集]
鍵コメントさんへ
そうですね、無関心、というよりも、目を背けている、
と言われた方が、実態に合っている気がします。
でも、今回のような事件の形で目の前に突き付けられて、
社会がどういう対応をするのか、
これからまた問われてくるのでしょうね。
「べてるの家」は有名なので、それがある北海道も憧れの地です。
いろいろな方のお話を糧に、
強くなってこの世を渡っていかなければ、と思う毎日です。


2016-07-31 日 22:37:46 | URL | ナカリ母 [編集]
ままさん
強くなんてならなくていいのですよ^^
所詮ひとなんて生まれたときは泣くことしかできないものだったのだから
いっぱい弱音吐いて泣いていいのです
俺思うんです
障がいを持っているということは どうしようもない事実
それを盾にしてはいけないけれど まわりのひとに迷惑をかけること
当たり前に思っていいのです
世間にそれがあたりまえと思わせるのがほんとのバリアフリーなのじゃないかなってね

なぁんて理想ですけどね そいう世の中きっと来ると願ってます^^
2016-08-01 月 04:36:57 | URL | K's [編集]
K'sさんへ
はい、そうですね、
「弱いことは強いことよ」という宮城まり子さんの言葉を思い出しました。
怖い、つらい、寂しい、苦しい、いっぱい弱音を吐いて、
周りの人に助けてもらって、やっと生きていける。
それで当たり前、助け合って生きる、そんな社会。

励まされました、ありがとうございます^^

2016-08-01 月 21:46:14 | URL | ナカリ母 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad