■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

Watashi(4)
こんな人 5 CCI20150319_0000

「名前」についての記憶力には、毎回感心させられています。
乗ったタクシーの運転手さんの名前も憶えている!
「え~と、あの時の、あの先生・・・」と私が詰まったら「○○先生」と、即答してくれる!
いったい頭の中にどのくらい名前のストックがあるのか驚かされてばかりです。
(こちらの記憶力が弱っているのを差し引いたとしても…)

固有名前が好きなのは、多分、いろんなことが「1対1対応」になっているから、という気もします。
だから、「この子」とか「男の子」とか「お母さん」とか「犬」とかいう漠然とした言い方が嫌で、
言語療法の教材のプリント(助詞の勉強課題)に絵が描いてあると、
「○○が××を洗う」とか「○○に××をあげる」とかいう表現の練習の前に、
まず、真っ先にプリントの絵の人物や動物に全部、名前を書きこむことから始めていました。
(言語聴覚士の先生も「名前が好きな子は多いよ~」とニコニコされていましたが、
ほかにもそんな子どもさんがいるのかなあ~。)

こんな人 6 CCI20150319_0000

「ペアで考える」ということから、
何か好きなものができたら必ず嫌いなものを決めないと落ち着かない、ということになり、
小さい頃は、友達のお姉ちゃんが好きになったら、自分の兄のことを徹底的に攻撃して(悪口を言って)、
兄が気の毒な状態になる、ということもありました。
また、誰かがほめられているのを聞くと、
自分が悪く言われていると受け止めてしまう、という風に、
何でもないこと(自分と関係ないこと)を聞き流すことができなくて困ることも多々ありました。

カウンセラーさんから、人には(自分にも)いろいろな気持ちがある、ということを教えていただきながら、
少しずつ「固い」頭をほぐしてきた、という感じです。


こんな人 7 CCI20150319_0001

なので、「話す」だけでなく「書いて見せる」ことが有効です。
小さい頃は、耳に聞こえている音自体がちょっと変わった音として認識されていたのか?
上手く聞き取れない、上手く発音できない?からなのか、「アンパンマンのうた」を、
ものすごいデタラメな歌詞で(それも毎回ちゃんと同じ歌詞で)歌っていて、
「むう~彼女にはそう聞こえているのか???」と謎に思ったことがあります。
面白いので、なんとかその「歌詞」を書き取ろうとチャレンジしては挫折して、
結局「まあいいや」と、そのまま歌ってるのを聞いていたのが、今でも懐かしい思い出です。


こんな人 8 CCI20150319_0001

この、外と内との落差には、翻弄されました。
「学校」ではなんにも問題ないですよ~、と言われるのに、
「家」では何度も大きなパニックを起こし、そう伝えても「信じられない」と先生たちに言われるので、
暴れる姿をテープやビデオにとって、聞いたり見たりしてもらったこともありました。

小さい頃から「怒りのコントロール」が課題で、
壁に貼り紙をして「深呼吸する」「数を数える」などなど工夫してきましたが、
結論、壊しても支障のないものを壊す、破る、というのが一番の解決策のように思われます。

つづく




ナカリの作品 | 00:52:44 | コメント(4)
コメント
すごい分かります~
「内と外の落差」

娘もこれが本当にすさまじかったんです。
今はもう馴れちゃった部分もあるのですが(笑)
小学校入学後からのそれは、本当に支援担に理解してほしくて
話したり連絡帳に書いたり、ずいぶん訴えたりしました。
でもやっぱり信じてもらえず「あの母親が嘘を言っている」とまで言われてしまい、、
本当にしんどい時期がありましたよ~(涙)
で、「見たら信じるだろう」と映像も撮ろうとしたことがあったのですがうまくいかず、、
大体は翻弄されてるだけの時間が過ぎていきました。

やっぱりぽんたは、ナカリちゃんと似た部分があるのかしら?
こんなことを思うのは変かもしれないですが、ちょっぴり嬉しいです(*^ω^*)
2015-03-21 土 22:30:07 | URL | むーに [編集]
私も嬉しいです
むーにさん、コメントありがとうございます!
いや、ほんと、こんなん言ったら変かもだけど、ぼんたさんと似てるなあ~と私も思います(親の苦労も・・・)。
すごい分かる~と言ってもらえて救われるような気持ちです。
実は周りにも、似た苦労をしてるママがいて、
先生に信じてもらえないからスマホで映像を撮って見せたと言ってました。
先生から逆パターンの愚痴(学校でこんなに荒れてるんですよ、と言っても、親に信じてもらえない)を聞いたりすると、
外では何とか自分を抑えて、家では素直な自分の気持ちを出せているんだから良いと考えないとな~なんて、言い聞かせながらでしたが、分かってもらえないのって、やっぱり辛いですよね。

我が家では、いろんなものを壊したので(汗)、
「証拠写真」をいっぱい撮って、手帳の切替申請の際に持って行き、
「こんなに大変なんです」と訴えて、何とか切られずにすみました(小学校の後半、検査の数字がかなり伸びて手帳を取り上げられそうになったときのこと)。

今も「なんで私だけ~!!」と荒れるときがあるので、
「むーにさんが書いてくれてたじゃん!ぽんたちゃんがいるじゃん!」
と、切り返すのに助かっています。
こちらこそありがとうございます。
2015-03-22 日 15:57:05 | URL | ナカリママ [編集]
5以外は自分にも当てはまりますね。

基本的に自分も白黒思考です。頭のなかに人間がおらず鬼と仏しかいないようです。

聞き取りが苦手で、文字を見ないとわかりません。人の心も言語化しないとわかりません。

ちょっとした他人のひとことでもキズつきやすいです。頭のなかに自分が走る道しかないから、他人に割り込まれると、すぐに転んで怪我をしてしまうんでしょうね。
2015-12-01 火 20:47:47 | URL | ponch [編集]
ponchさんへ
共感していただいてありがとうございます。
娘を見ていても、感情の振れ幅が大きいので大変だろうなあ~と感じます。
中間どころ・・・という処理の仕方が難しいみたいです。
白黒思考、ですね。
似た思いで、日々過ごしてらっしゃる方がいることには、大きく力づけられます。
いつもありがとうございます。

2015-12-01 火 23:02:24 | URL | ナカリ母 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad