■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

親の老いは悲しい
入院中の母が、微熱を出したり出血が止まらなかったりで、
場合によっては急な帰省もありうるかと心配していた週末、
何とか熱も下がり、無事に過ごしてくれているようです・・・

が、夜中かかってくる電話は、ほとんど聞き取れない声で、
話の中身も今現在のことなのか過去のことなのか区別がつかず、
結局何が言いたいのか理解不能、あちこち飛びまくる内容に脈絡はなく、
どこで勘違いしたのか私が8月1日に帰省すると思い込んでいて焦ったり、
あまり聞きたくない過去の親族間の嫌な話を繰り返し聞かされているうちに、
「何言ってるか全然わからんわ!」と声を荒げたくなるのを必死で抑えて、
聴くだけ聞いて、ゆっくり休むよう話して電話を切りました。
そのあと、もやもやが残り、イライラが募り、思わず、「うっとうしいー!」
と、口に出してしまったら、ナカリが心配して、「カウンセラーさんに聞いてもらう?」
と、いろいろ声をかけてきました。

娘に気遣ってもらうようじゃだめだなあ。
・・・っていうか、今、私自身、娘として母親に腹立ててるの半分心配なの半分・・・
とにかく、母が老いて弱っているのは確実。
認知症の人を相手にする時にも根気強さは必須ですね。

映画にもなった「ペコロスの母に会いに行く」?だっけ・・・
読んでみたくなりました。

自分は、老いてなおしっかりした親であれるように、
今から脳トレ?筋トレ?頑張らなくては、と思うばかりです。
人生、そう思うようにはいかないか…受け入れることも大事だろうけど。
ちょっと愚痴ってしまいました。






未分類 | 23:22:46 | コメント(2)
コメント
たしかに親が年老いていくのは悲しいよね
幸いにしておやぢもおふくろも足腰は弱ってるけどそこそこ元気でいてくれてることに感謝しています
でもね たまに分からず屋のとこ出たりすると少しイラつくことも^^;
老いることだから仕方ないんだよね
気持ちよくわかります
2016-07-18 月 01:31:16 | URL | K's [編集]
K'sさんへ
そうなんです。分かっていただいてありがとうございます。
なんというか、自分の過去自身が薄らいでいくような、
さみしい悲しい気持ちにさせられます。
イラッと来ないように、というのは、娘に対するのと同じです。
日々、精進、ですね。

2016-07-18 月 14:42:22 | URL | ナカリ母 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad