■プロフィール

ナカリ母

Author:ナカリ母
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

「初」投票、翌朝~ダレガワルモノナノヨー!?
20歳になったので(というか、今回から18歳でよくなりましたが)
初めてナカリ宛に投票券が送られてきました。
かなり前からドキドキ。
新聞を読んで、立候補者を確認して、どんな主張が書いてあるか、読み比べて、
少しだけ親の意見も参考にして?自分なりに決めて、いざ、投票場へ!
誰にも会いたくないな~というので、一番暑い2時に行くと、案の定ガラガラで、
会場は貸し切り状態。

さっと書いて投票箱に入れるとき、折らずにそのまま突っ込もうとしていたから、
横から「折って折って」と、口を出してしまいました。
夫によると、本人が見えても構わないなら折らずにそのまま入れても構わないんだそうな。
比例区の方ではきちんと折ってたけど、縦長にじゃなく、長い方を折りたたんであった・・・
ま、折り方も自由なんだんだそうで、特に問題なし。

夜も、結果が報じられると、自分が投じた1票がどうなったかどうかドキドキ。
一人当選、一人落選、という結果に、ううう~~ん、と難しい表情。
一夜開けて翌朝の新聞を見て、また、うううう~ん!!
なんで落選しちゃったの!ダレガワルモノナノヨー!?

いろいろと話をしてみますが、
なかなか気持ちの整理がつかなくて、
投票率が半分くらいということにも納得がいかなくて、
なんでみんな投票しないのよー!ダレガワルモノ~!
・・・と、だんだん興奮してきて叫び始めたので、
頓服を飲んで、休ませました。
眠気も出たのか、うとうとうとうと・・・

私が市役所に用事を済ませに行って帰宅すると、
「お母さん困らせてごめんなさい」と、すっかり回復。
いやいや、このくらいで済んだら二重丸。

それにしても、自分が思うような結果が出なかった場合に、
どうそれを受け止め、適度に折り合いをつけるか。
良い人⇔悪い人、の図式化・・・
毎回のカウンセリングで課題になる部分が、ここでも、出ました。
でも、「不安になりやすい」本人の状況から、
「戦争にならない」「戦争しない」はキーフレーズなので、
今回の真顔での叫び。
こちらもきちんと気持ちを受け止める必要があるなと思いました。

子ども(もう大人だけど)たちが、不安なく過ごせる未来のために。




子どもの日常 | 20:48:14 | コメント(4)
コメント
18からになってほんとは投票率上がるはずの思惑も残念なことにだね
政権交代劇のあとのこと知ってる世代
どうしたって失望感や虚無感があるんじゃないかって思います

未来が明るいといいね
2016-07-13 水 02:10:19 | URL | K's [編集]
ナカリママさんへ!!
子供さんは純真な気持ちで「戦争の無い社会を」望んでいます。助けてやってください。!期待が持てる未来が開けることを期待したいのが人情です、今の社会には満足は出来ません。!
2016-07-14 木 19:39:04 | URL | 荒野鷹虎 [編集]
K'sさんへ
どうしてよー!という問いかけには私も、答えに詰まりました。
若い人が加わって、もっと投票率が上がることを期待したんだけど、
残念でした・・・一気に変わる、ということは難しいのでしょうね。

でも、めげずに明るい未来を期待・・・私もそう思います。

2016-07-15 金 17:07:22 | URL | ナカリママ [編集]
荒野鷹虎さんへ
はい、ありがとうございます。
素直な感覚で、「戦争は嫌!怖い!」と思う子ども達のために、
不安にさせないような社会にしないといけませんね。
期待が持てる未来の実現のために、
小さな事からでも、自分にできることをやって行かなくちゃ、
と、改めて大人としての責任を感じた選挙でした。

2016-07-15 金 17:10:38 | URL | ナカリママ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad