■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

「さかなクン」のお母さんに感激
土曜の朝日新聞・生活面に、
「さかなクンとお母さんのエピソード」の記事が載っていました。

「さかなクン」は、TVチャンピオンという番組に出ていた頃から知っていましたが、
自閉症としてのこだわりが、強みとして花開いた方だ、ということは、
ずいぶん後になってから知りました。
いつもかぶっておられるハコフグの帽子は皮膚の一部みたいなもので、
お風呂の時以外脱がない、とかいう話を、
岡山県の自閉症親の会からの通信で、講演会の内容として読んだこともありましたが、
今回の記事の中では、お母さんの小さいころからの姿勢に胸打たれました。

朝日新聞デジタル「絵のために、タコ料理1か月作ってくれた母 さかなクン」

励まされたのは、学校との対話です。

先生「絵は素晴らしいけれど、勉強もしてください」
母「あの子は魚と絵が好きだからそれでいいんです」
先生「将来本人が困る」
母「成績が優秀な子もそうでない子もいていい。
  みんな一緒ならロボットになっちゃいます」


じ~んときました。
そうです、一人だけ違う生き方をしたっていい、
うまく生きられなくてもいい、自分にしかできない生き方を探せばいい、
本人が困るかどうかは本人次第、親や周りの価値観を押し付けちゃいけない、
どこまでもどこまでも夢を追いかけたっていいじゃない、

そんな風に思えました。
さかなクンのお母さんに感謝!





読んだ本・文章、見た映画・ドラマ、聴いた音楽 | 00:23:45 | コメント(2)
コメント
昔は学校でも何かひとつ秀でているとそれでよしのとこあったよね
足が早いやつ 勉強のできるやつ 給食を早く食べられるやつww
そんな教育が今やおしなべて標準を目指す
ひとはそれぞれなのにねぇ
2016-07-03 日 01:52:54 | URL | K's [編集]
K'sさんへ
ほんとにそうですね。
「おしなべて」という目標設定が間違ってる、と、
改めて思いました。
それを、強く実感させてくれた「さかなクン」のお母さんに、
あらためて感謝です。

2016-07-03 日 22:04:23 | URL | ナカリ母 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad