■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

古代への夢~「プリニウス」
上の息子が西洋古典専門なので、ギリシャ・ローマ関連の話が多いです。
もともと外国語はドイツ語から始まったのに、大学に入ってからフランス語に流れていき、
ギリシャ語ラテン語からイタリア語を主にするようになりました。

なので、ヒットした漫画「テルマエロマエ」の登場人物(女性主役)の気持ちがすごく分かる、と。
ラテン語をしゃべってる人を見つけたら、何が何でもとりついて離れないと思う・・・らしいです。
ラテン語は発音もイントネーションも諸説あるようで、(何せ、母語とする人が、現在、誰もいない)
ギリシャ語も、現代ギリシャ語でなく古典ギリシャ語の方なので、実用性はゼロです。
中学の時にドイツ語を勉強していたときにも、周りから「それ勉強して何に役立つん?」とツッコまれつつ、
英語に背を向けて、多言語(エストニア語、フィンランド語、サンスクリット語、ロシア語など)に向かう
「言語おたく」でしたが・・・

古代ギリシャには変人も多かったようなので、安心するのかな?

<イチジクの木の事なら私に何でも任せてくれたまえ。たとえイチジクの木に吊るされようとも。>

というような文章について、あはは、と楽しそうに話してくれるので、
聞いていてもホッとします。


「テルマエ・ロマエ」を描いた漫画家のヤマザキマリさんが力を入れて連載中の「プリニウス」

プリニウス img_0

ヴェスヴェイオ火山を見に行って亡くなった人、という話を息子から聞いて、
そんな無茶な!と思ったけれど、
「博物誌」という大作を残した学者さんだったそうな。
子どもが興味を持つものは親も知りたい、という気持ちから、夫婦とも「プリニウス」を読んでいます。
昨日、新作4巻を夫が持ち帰って読んだばかり。

人類の歴史の中には変な人がたくさん居たんだなあ~

息子はよく『(自分は)生まれる時代を間違った』的な事も言うのですが、
友人曰く、「いやいや、昔の奴隷の身に生まれてたら・・・」との言葉にモットモ!と思う母です。

古代ギリシャ・ローマが好き?な人は結構いると思うので、
この漫画も、よく読まれているのかな。

ローマの水道技術はすごかった、とか、ワクワクして話す息子に、
「おたくやなぁ」と感じながらも、「学者」の世界ってそんなんだろうなあ、とも。

娘がパラレルワールドで夢見るように、息子も古代に夢馳せてるんだろうな。


世界史、苦手でしたが、頑張って読んでます^^;





読んだ本・文章、見た映画・ドラマ、聴いた音楽 | 18:33:30 | コメント(2)
コメント
日本語すら危うい俺 他国語はさっぱりw^^;
2016-06-13 月 01:33:26 | URL | K's [編集]
K'sさんへ
息子によると、日本語でコミュニケーションを取るより、
外国語の方がしっくり来る時があるそうです~
私にもその感覚は全然分かりませんが・・・
自閉っ子は、日本語を外国語のように学んでる感じなので、
人によっては、日本語<他国語、という場合もあるみたいです。

2016-06-13 月 16:41:24 | URL | ナカリママ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad