■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

EMDRの余波
娘の事が「可愛い」という感覚を思い出せている今、
彼女を傷つけた過去に対して、私自身が許せない気持ちで爆発しそうです。
「許せない!」
この気持ちは、当時の同級生だけでなく、関わってくれた大人(先生)に対しても。

何でそんなことしたの?そんなこと言ったの?
娘に代わって私が問い詰めたい。
何でそんな見方したの?娘のこと、そんなに憎らしかったの?
娘の代わりに私が問いかけたい。

思い返すと湧き出てくる気持ちは「悔しい」に尽きる。
持っていき場のない憤り。
でも、これはこれで、自分で納めるしかないんでしょうね。

相手は忘れてるかもしれない。
相手にしたら思いがけない受けとめ方なのかもしれない。
だから、直接ぶつけることはできない。

でも、心の中に刺さった棘はぬけない。
痛い、苦しい、悔しい。

そのとき、傷ついた娘の心に本当に寄り添うことができていたら・・・。
今更に振り返る、あれやこれやで悲しくなって自分を責めてしまう。
でも、当時は当時、あれで精一杯だった。
それ以上は無理だった。
そして「今」がある。

大切なのは、これから、だから。
乗り越えていこう。


親子喧嘩の最中に「お母さんは自閉症じゃないから私の気持ちわからない!」
と言われて興奮して言い返した。
「じゃあ、取り変えてよ、私の子ども時代と!自閉症だってかまわない、ナカリの方がいい」

辛いことばっかりだった自分の子ども時代。
比較して、娘の子ども時代を倖せと感じてしまう自分がいるから、
娘に対して、妙な対抗心がある・・・この状況で何の文句があるのよ!と。

自閉症という脳の機能障害について、学んでも学んでも、まだまだ。
それをこれからまた学び直し。

EMDRをやったあとは、本人に思いがけない余波が出ると聞いていたけど、
今回、私自身に出てる気がします。


上の息子からは久しぶりの電話。
彼なりの大学院生活を過ごしているようで安心。
GWには帰省するとのこと。
家族のバランス、というのは微妙なので、
ナカリにとっての「兄の帰省」がいい形で乗り越えられますように・・・





思い出 | 23:19:32 | コメント(4)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016-04-27 水 00:38:51 | | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016-04-27 水 14:20:25 | | [編集]
鍵コメント①さんへ
そうですよね。
「比較しても結局は自分の方が苦しいと思うに決まっている」
とても納得しました。
そして、素の感情を娘にぶつけてしまったこと、改めて申し訳なかったなあ、とも。

「赦すということ」も、本当に大変です。
でも、それができないと、苦しいのは自分自身だから。
忘れはしないけれど、赦して、先に進んでいく、それができますように。

2016-04-27 水 21:33:20 | URL | ナカリ母 [編集]
鍵コメントさん②さんへ
共感していただいて、力づけられました、ありがとうございます。

おっしゃる通り、こちらは忘れられなくても、相手はきっと覚えていない。
実際、そうなんだろうなあ、と実感させられる場面も何度かありました。
今さら何を言っても、相手には通じないだろうし、
通じないということで更に傷つくと思うので、
相手に直接ぶつけるのではなく、自分自身の気持ちを整理するしかないですね。
「心の傷」を消してしまうことは出来なくても、
なんとか少しずつでも「昇華」できたらいいな、と私も思います。


2016-04-27 水 21:38:22 | URL | ナカリ母 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad