■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

「瀬戸の夕暮れ」
帰省しても、あれやこれや事務的なことに追われて、
入院中の母とは、なかなかゆっくり話せませんでした・・・が、
もしもの時にだれに連絡してほしいか、は、住所録を見ながら確認できました。

そして、「自傷行為」について思い出話として、それとなく尋ねたところ、
母は、
それを見ていた子どもの私がどんなに怖かったか、嫌だったか、ということは
想像したこともないかの様子で、
昔自分がどんなにひどい自傷行為をしたかを懐かしそうに?話しながら、
=当時自分がどんなにしんどかったか辛かったか、を再度語る・・・という形になってしまい、
多少、認知症の兆しもあるので、今更話を蒸し返す気も失せて、その話題は終わりました。

以前カウンセラーさんが整理してくれたみたいに、
これは「母の問題であって、私の問題じゃない」ということを、自分自身に言い聞かせて、
過去を乗り越えていくしかないかな。

どんどん記憶力が衰えていく母と話しながら、
この先どんな風に母を愛せるか問われるような気がして、
帰りの飛行機では少し気が重くなりながら、
眼下いっぱいに広がる大阪平野の夜景を見て、
さあまた、日常に戻らないと、と気を引き締めたのでした。


で、無事に頑張って留守番していたナカリに出迎えてもらって、
(確かに、離れて過ごすとリフレッシュになる!)
自分の居場所はここ、と、実家よりも自宅が「いえ」だ、と感じられたのが幸せ。


飛行機の中からとった、瀬戸内海に沈む夕日です。

夕暮れ① CIMG0232

夕暮れ② CIMG0233

地球は丸い~と改めて思いました!

そして飛行機を発明した人、スゴイ!





未分類 | 00:02:16 | コメント(4)
コメント
ママ様

こんばんは!
自分の居場所がここと感じられたとのこと、
夕陽の中に、希望が見えますね^^v
2016-04-12 火 01:01:41 | URL | 慧喜 [編集]
老い。。。
年老いた両親と同居している俺にも切実になってきました
どうしてわからないと つい腹をたててしまう
ぐっとこらえて出す言葉を選びます
家族であるがゆえわがままできるんだとね
気を落ち着かせるようこころがけています^^;

自分の居場所があるってことは倖せなんだよね
あちこち渡り歩いてきた俺は今でもどこかけつがむずがゆいw
2016-04-13 水 00:33:27 | URL | K's [編集]
慧喜さんへ
はい!夕陽の中の希望の光。
しっかりつかんで帰宅しました。
いつもありがとうございます^^


2016-04-13 水 17:42:10 | URL | ナカリママ [編集]
K'sさんへ
家族であるが故の難しい関係・・・実感します。
私も、すぐに頭に血が上ってしまうので、気を落ち着かせなくちゃ。

>どこかけつがむずがゆいw

・・・って、思わず笑顔になってしまいました。
でも、誰しもそんな部分があるかも知れませんね。
心底、ここが、と思えるのって、継続的じゃなくて瞬間的なものなのかも。
かくいう私も、帰宅して翌朝からまた親子でぶつかって、
あ~もう出て行きたい!という気持ちになったりしたので^^;
まだまだ「途上」です。

2016-04-13 水 17:47:28 | URL | ナカリママ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad