■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

「話せなくたっていいじゃない!」「場面緘黙って、そんなに悪いこと?」
昨夜、娘と大衝突してしまって、
今日は私自身の病院めぐりと、強力サポーターの友人とのドライブランチ&お花見、
で、娘とは距離を置いて、一日かけて自分の立て直しに終始しました。

抗鬱剤を再度処方してもらったし、ストレス系の湿疹にはステロイド剤を処方してもらったので
いろいろ良くなるはずです。
自傷行為、破壊行為(プラスチックのゴミ箱が粉々)の結果、
右手の甲と手首が貼れて内出血したのでレントゲンを撮ってもらいましたが、
骨は多分大丈夫、打撲傷、ということで、湿布薬で様子見になりました。
キーボードも打ててるし大丈夫みたいで良かった・・・

それにしても、ほんとにバカだなあ、私。
自傷行為の最中に、ナカリから「そんなことやって何になるねん!お医者さん行きや!」と叱られた母です。
はい、行ってきました・・・切り傷、擦り傷程度は塗り薬でOK。
メンタル系の薬の説明書に「アルコール類、注意」をあったから、
逆に飲んでしまえ!と、無茶飲みしたので朝から頭痛・・・
ドクターに言うのも躊躇われましたが、「アルコールダメなんですよね」という質問に
「倍量飲んだ状態になるから、翌日二日酔いになったりする不快な症状が出ます。たぶん頭痛はそれですね」
だけで、叱られなかったので、こりそうにないバカな私。
でも、病院行って良かった・・・



昨夜の衝突の原因は、一昨日ネット検索で出会った「場面緘黙」に関するまんがです。
ネットで見る限り「分かる!分かる、おんなじや、」と共感を示していたので、
仕事帰りに本屋で探して買って帰ったところ、
本の後半は「どう克服したか」「その後どう幸せになったか」といった内容だったようで、
ナカリはざっと読み終えて「この手の本はみんな一緒や!」と憤ってしまったのでした。

苦しい辛い経験の真っただ中にいる自分には、リアルでの将来の展望が全く見えない、
だからパラレルワールドで友人や恋人を作って自分の世界で楽しくしているのに、
「場面緘黙ってそんなに周りの人に取っても困ることなの?嫌なことなの?なおさなアカンことの?」
矢継ぎ早に質問してきました。
そのやりとりの中で、彼女が喋れなくなったきっかけが、
中1の授業で当てられて音読した時にF君から「〇〇(ナカリの苗字)のしゃべり方キモイ」と言われたことだった、
・・・と、これもまた、今になって初めて聞きました。

相手の名前や発言を聞きだすまで、今までいったい何年たってることか!

過去、「自分の声が嫌い、私がしゃべるとみんな笑うから」ということは聞いていたけど、
「ほんとにみんなだった?笑ってない子はいなかったの?」
「うーん、笑ってない子もいた」
「じゃ、みんな、じゃないじゃん、笑った子は少し、で、みんなに笑われたり嫌われたりしてるわけじゃないよ」
といった、乱暴なまとめ方しかできていなくて、
彼女の本当の心の痛みをすくい取ることが出来ていなかったのでした・・・
全然、追体験してやれてませんでした・・・


「無口でも場面緘黙でも(パラレルワールドには)かっこいい子がいるよ!」
「孤高の人っていいじゃん!」「何で、無理してでも喋れるようにならなアカンの?!」

悔しさと過去のトラウマと今後への不安とがごちゃまぜになって、
ぶつける相手は私しかいない。
怒鳴れる、まくしたてられる相手は私しかいない、
そのことを、ナカリは
「お母さんが一番安心できるから、お母さんになら何でも話せるから!」と言うけれど、
ぶつけられる私は、ギブアップしてしまった・・・受け止めてあげられなかった
結果、怒鳴り合いはお互いの自傷行為で、むちゃくちゃな状態のまま「とにかくもう寝る」
で終了。
今朝から今まで、彼女との会話はほとんどしていません(視線も合わせていません)


メンタルクリニックで、ドクターから
「お母さんが自分を責めちゃいけませんよ。私はよく頑張ってるとほめてあげて下さい、
自分を大事にしてください、娘さんがぶつかってきたら、お母さんちょっと休憩、と言って家を出たっていいんです」
と言われて、涙がこぼれてしまいました。
(思い返しても涙が出そう)


抗鬱剤が効くのは分かってるので(前回、希死念慮が消えた!)
これから、再度の仕切り直し。

ナカリが言うように「場面緘黙のまま一生終えたって構わない」くらいの気持ちで、
(でもほんとにそうかな、
スモールステップで治せるなら緘黙を脱出できるに越したことはないんじゃないだろうか、
と、まだ、ぐずぐず悩みながら)
とにかく、「今のままでいいよ」サインを送ってやらないと、
彼女の怒りは「自分以外のこの世の人類は全て滅んでしまえ!」方向へ簡単にスライドするので、
暴言の嵐に耐えかねて私がつぶれてしまいます・・・
「いーよ、いーよ、そのままがいいなら、ずっと黙っててもいいよ」
このスタンス・・・できるかなあ・・・

少なくとも
「話せるようになれるなら周りの人はその方がコミュニケーション取れるから助かるんだよ」なんて
口が裂けても言わないように(もう、言っちゃったけど、この先、再びは言いません)。

とりあえず「場面緘黙は治さないといけないものじゃない」で意思一致しとかないと、
いつまた噴火するか分からない、
それが怖いのが本音です。

でも、ほんとにほんとに「(親以外と)話せなくたっていい」のかな・・・
がんばれるかな、わたし・・・




子どもの日常 | 19:53:12 | コメント(12)
コメント
うわっママさん手ぇ怪我しちゃったんですか。大丈夫ですか?
そういえば自分も先月真知子さんから、
あんたの絵が嫌いだから絶交するわみたいなこといわれたんですけど、
イヤなことって連鎖的に起こりますよね。
自分の周りでも転倒骨折したブロガーさんがいました。

場面かん黙はツラいですよねー。自分も相手が複数になってしまうと、
頭のなかが砂嵐になって何にも喋れなくなってしまいます。
2016-04-06 水 20:45:35 | URL | ponch [編集]
外傷は時が経てばよくなります
こころのケアをしっかりね^^

実を言うと俺も人の前でうまく語れない
言葉を捜しているうちに飲み込んでしまう俺がいます
へらへら笑ってお茶をにごしてますけどね^^;

2016-04-07 木 01:01:08 | URL | K's [編集]
最初、自傷行為は娘さんの事だと思っていましたが
お母さんだったのですね
理性的なお母さんが、そこまで追い詰められること
『ぶつけられる』時間の重さが見えた気がしました

その後、怪我は大丈夫でしょうか?
今はどうか自分を大事になさって、傷を癒して下さいね

ナカリさんの爆発は本当に難しいですね
自閉脳は嫌な思い出がトラウマとして残りやすく
普通なら忘れるような些細な事でも覚えています
それらの『嫌な記憶の山』が『渦』となり
つねに頭の中をぐるぐる回ってる状態なんでしょう

私が辛かった時、かけて欲しかった言葉は
『~ができるようになった方がいいよ、楽しいよ』
と言われるよりも
『辛かったよね、一人で頑張ったね、
  気づいてあげられなくてごめんね』
『貴女をいじめる人はお母さんが許さないからね』
『私が貴女を守るからね』

みたいな言葉を欲していた気がします
善意からの言葉でも
『一般ではこうだから、こうしたら?』
は一般で孤立した者にとって
余計に追い詰められる気分になるかも

私が実際にトラウマが少し洗われた経験は
話した相手が怒ってくれたんです
『おかしいでしょ、そいつ!!』
『だってそいつ馬鹿じゃん!本当に馬鹿じゃん!!』
まるで自分のことのように、ピュアに怒ってくれて
それを見て、少し嫌な思い出が浄化された気がしました

ナカリさんは多分、
想像を絶する孤独を抱えています
私だけできない、私だけ違う、誰も辛さをわかってくれない・・・・・

『少しでもいいから、できるようになろう』
等の言葉がけは、学校で腐るほど教師から言われたと思います
ナカリさんは辛さをわかって欲しいのに
『貴女も努力しようね』と
暗に『貴女にも原因がある』と諭される

今次のステップの説明をするのは
『お母さんも私の苦しみを軽視するんだ!』
としか捉えられないかもしれません

ナカリさん自身が言葉が出てこない『辛さ』
その辛さをひたすら受けとめる
それが『今は』得策かと

自閉児も健常者も、傷が癒えれば自ら歩きだします
今はとにかく、お母さん自身の癒しが一番大事です
2016-04-07 木 12:46:30 | URL | まる [編集]
ponchさんへ
ご心配おかけしてすみません。
キーボードを打てるくらいなので、打撲と言っても少しの腫れと痛み程度です~
バカだなあ、と自分で反省しました。

ponchさんも、頭の中が砂嵐になるんですね・・・
私も娘の話を聞いていて、
「何がなんだかわけがわからなくなって混沌とした渦の中にいるよう」な感じが、
ちょっと分かってきたところだったので、
「砂嵐」って上手く表現されてらっしゃると思いました!

嫌なことの連鎖じゃなくて、いいことの連鎖が起こりますように・・・

2016-04-07 木 23:00:40 | URL | ナカリ母 [編集]
K'sさんへ
はい、ありがとうございます。
体の痛みはずいぶん取れてきました。
心に刺さったとげの方が問題ですね、少しずつ癒していきます。

K'sさんも、上手くしゃべれない・・・んですね。
私は、とにかくしゃべり過ぎて後から落ち込むタイプなので、
寡黙な人っていいなあ~と、憧れます。シブいですね^^

2016-04-07 木 23:06:36 | URL | ナカリ母 [編集]
まるさんへ
いつもほんとうにありがとうございます。

書いてくださったとおり、「こんな風になろう、目標にしよう」
的な内容を言われるのがほんとに苦痛みたいです。(学校ではずっとそれ)
じゃなくて、
今のありのままの状態、つらい事、苦しいこと、を受け止めることが大事なんですね・・・
まるさんのコメントから、娘に対する気遣いと愛が伝わってきて感謝いっぱいです。

私は「理性的」がいいことだと思っていて、娘の名前にも「理」をつけたくらいなんですが、
自分自身の感情のコントロールは難しくて、苛立つとすぐに自傷行為に走って、あとから公開するパターンです。
これは、虐待の連鎖、みたいなもので、
私の親が2人とも「自傷」タイプで、自分を傷つけることによって苦相手にダメージを与えようとする姿を、見続けてきたせいだと思います。
「全部わたしが悪いんです!」と、自分の頭を自分でぼこぼこ殴る父や、
外出できないくらいに自分の顔をかきむしってしまう母や・・・
「お母さんはもう死ぬ!」と言ってタオルを首に巻いた時に、アパートの向かいの扉をたたいて「お母さんが死んじゃう!助けて!」と叫んだことは忘れられません。
ナカリに「自分がされたことを私に仕返ししてるんやろ!」とツッコまれてぐうの音も出ません・・・

私自身が自分を癒すこと。赦してあげること。
以前いただいたコメントのように私の中で「泣いている小さな女の子」を抱きしめてあげることから始めないといけませんね。
焦らずにいちにちいちにち、無事に過ごしていきます。

2016-04-07 木 23:19:15 | URL | ナカリ母 [編集]
丁寧なお返事と、ご自身に起きた幼少期のこと
話して下さってありがとうございます

ご両親も辛かったのかもしれませんが
『自傷して子供をコントロールする』
これは今の基準だと虐待の一種ですよね

本来なら子供にとって一番の『安全地帯』となるべき親が、そうではない
子供を守るより、子供に依存する
このしわ寄せは全て子供の成長後にくるんです
アダルトチルドレンという形になって

私もアダルトチルドレンです
ナカリ母さん、一人じゃないですよ
2016-04-07 木 23:59:30 | URL | まる [編集]
自分を大事にして下さいね。一人ではありませんから。
2016-04-08 金 09:44:49 | URL | srp [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016-04-08 金 21:52:19 | | [編集]
まるさんへ
こちらこそ、重ねてありがとうございます。

以前から「アダルトチルドレン」に該当しそうだなあ~という感じは持っていて、
親の「支配」からどう抜け出すか、自分なりに本を読んだり調べたりはしていました。

>一人じゃないですよ

そうですね、嬉しいです。力づけられます。またいろいろ教えて下さい。


2016-04-08 金 22:05:48 | URL | ナカリ母 [編集]
srpさんへ
いつも、ブログの紹介をありがとうございます。

>一人ではありませんから

はい、ほんとにそうですね。とても力づけられました。
ひとつひとつ、次に生かせるように、無駄な経験はないと思って頑張ります~


2016-04-08 金 22:08:37 | URL | ナカリ母 [編集]
鍵コメントさんへ
詳しい状況を教えて下さってありがとうございました。
了解です。お気遣い嬉しく、ありがたく思います。
お友達によろしくお伝えください。

希望の光・・・一人ではなかなか見いだすのが、難しいですが、
いろいろな人との繋がりの中で、時間はかかっても、たとえかすかでも、
必ず光は見えてくるんだな、と、今は思えます。

私自身も少し休憩したのと薬のおかげで上向いてきました。
ナカリとの関係も好転してきています。友人や、皆さんに感謝です。
やっぱり親子ですもの・・・ゆっくり、じっくり付き合っていきます^^

2016-04-08 金 22:18:10 | URL | ナカリ母 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad