■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

カウンセリング、そして、パラレルキャラであそぶ 7
今日は、この間思い出して辛かったトラウマについて、EMDRで整理できないか、
カウンセラーさんに相談に行ってきました。

行く直前にヒトモメあって、思わずイヤホンをぶつけて壊してしまいました・・・
(最近、壊す系のキレ方はしなくなってたので、本人も反省)
仕方なく、音楽無しで、バスと電車・・・
春休みが始まって小中学生との遭遇率も高めの中、
何とかカウンセリングルームまで辿り着きました。

そして、「面と向かってキライと言われたこと」について聞いていただくと・・・
さすがカウンセラーさん。
白い紙に、Aさん→トマトが嫌い、Aさん→犬が嫌い、Aさん→Bさん、Cくん、Dさん・・・が嫌い
と書き、「理由がないのに嫌い」ということがある、ということ。
たとえばEくん→Aさんを蹴った→AさんはEくんを嫌い、というような場合もあるけれど、
ナカリとAさんの間には何の関係もないこと。
キライなのは「Aさんの側の問題」であって、ナカリの問題では無いこと。
を順番に説明してくださり、ナカリも納得。
嫌だった気持ちを整理して、噛み砕くために次回EMDRをやってみてもいいかな、
となって、その場合のお助けグッズさがし=嬉しい気持ち楽しい気持ちになれるもの、として、
パラレルキャラ&ナカリの写真のコラボ最新作(すべて一人で仕上げたもの)を見ていただきました。

うわぁ~すてき、と、カウンセラーさん。
1枚1枚、キャラの名前を確認して、特徴をメモしながらファイルをめくっていかれます。
「これだけ、いろんな表情ができて、強いナカリさんもいるんだから大丈夫!」
と、EMDRの用意として、太鼓判を押していただき、ナカリも嬉しそうでした。

たくさんある新作の中から、私が個人的に気に入ったのをご紹介。
久しぶりの「パラレルキャラであそぶ」で、一緒にナカリの空想の世界へどうぞ~


いわお、リヒト、クレハ、五十嵐まどか  CCI20160328_0001
↑青空にひまわりが爽やかで選んだんですが、登場しているのは新人ばかり、とのこと。
左から、リヒト、クレハ、五十嵐まどか(ナカリ)、いわお・・・だそうです。
リヒトとクレハはパラレルワールドのゲームのプレイヤーキャラとのこと。
いわお、は、都道府県キャラ(こういうのも創ってます)の岩手県のキャラです。


エイトニング、キルア CCI20160328_0000
↑「あおり」のポーズに背景がピッタリ、と思って選びました。
おなじみ?のエイトニングと、変装名人のキルア



エーチ、ジェームス CCI20160328_0005
↑カウンセラーさんに、大うけした1枚。
ふだんは、絵を描いている場面が多かったジェームスですが、ほんとはカルモ国の王子なのです。
隣にいるエーチ姫とは、恋人同士?かも。


エイトニング、デイビット、ファルコン CCI20160328_0003
↑夜桜見物も、エイトニングと一緒だとこんな感じ?
元レーサーで現カフェ店長のファルコンも、現在バイク乗りのデイビットも、
桜よりもエイトニング(ナカリ)に注目・・・


エドナ、カノン CCI20160328_0006
↑これもカウンセラーさん注目の1枚。
最強?っぽいエドナと、同じく最強のカノンのツーショット。
カノンのモデルはゲームのボスキャラ(敵)ですが、パラレルでは優しい苦労人という設定です。



エポ、シュネル CCI20160328_0002
↑人気の鳥人シュネルと、狐の獣人エポ。
二人ともスペースクルーザーのパイロットです。なので背景も宇宙っぽい・・・



エク、アクトル、カルロス CCI20160328_0004
↑初音ミクがモデルのエク。
「ローアンドオーダー」チームのアクトルと、褐色の肌の青年カルロスに、はさまれています。



エク、エラ CCI20160328_0007
↑エク、と、エラ、女性同士のツーショット。
背景は風景だけとは限らず、イメージでいろいろ選んでいて、
カウンセラーさん、思わず「ディスコ・・・あ、古いよね、じゃなくてハウスっぽい?かな」



と、長くなってしまいましたが、
カウンセラーさんと一緒に1枚1枚見てみると、改めて、
自由に想像の翼を広げて、いろんなキャラクターになりきって、宇宙へ、王国へ、草原へ・・・
この世界観がナカリのメンタルを支えているんだなあ~と、感じました。
この世界があれば、EMDRも、きっと上手くいくんじゃないかな、と思えて心強かったです。

※ 参考) 過去記事 EMDR 




ナカリの作品 | 18:04:27 | コメント(8)
コメント
ナカリさんの作品、好きです!
ナカリママさん、こんにちは。

はじめて公開コメントでおじゃまいたしました。
little lambです。

うまく言葉にできないのですが、ナカリさんの作品、好きです。
ひろびろ、のびのび、いきいきしていて、うれしくなります。

いつかナカリさんご自身セレクトの作品展をみてみたいなあ。
そんな気持ちになりました。

これからも楽しみにしております。
ありがとうございました。
2016-03-30 水 11:12:39 | URL | little lamb [編集]
little lambさんへ
こんばんは。公開コメント、ありがとうございました。
とっても嬉しいです。
私もうまく言葉に出来ないですが、 little lamb さんのブログの雰囲気が大好きです。
(コメント欄の英語表示にビビって、ひたすら拍手するしかできないのですが・・・)

ナカリの作品、確かに今回、私も、見ていて自由な感じが伝わってきて、
あ~この世界は気持ちいいだろうなあ~と思ったのでした。
>ひろびろ、のびのび、いきいき
・・・と、表現してくださって、重ねてそんな気持ちになりました。

今も黙々と作業中です(笑)。
また、機会を見てアップしますので、これからもよろしくお願いします~

2016-03-30 水 18:16:02 | URL | ナカリ母 [編集]
ナカリさんの絵は爽やかでみずみずしいのがいいですね。
自分の汚い心が洗われるようです。
自分の絵は真知子さんからは品性下劣で見るに耐えないといわれましたが、
自分の品性下劣な絵に比べると、ナカリさんの純朴な絵は眩しいものがあります。
2016-03-30 水 19:41:22 | URL | ponch [編集]
ファンタジー
ナカリママさん、

ご親切にありがとうございます(Thank you for your kind reply!)。

ご指摘いただいて、あ、きゃあ!!! と、自分でびっくりしてしまいました。わたしのブログのフレーム、英語のままでした(汗)。ご迷惑をかけてすみません!!!

日本語世界では日本語に他言語をまぜないようにすごくすごーく気をつけて生きています。でも、あたまのなかはけっこうファンタジックさが自己管理しきれないところがあります。

エントリを日本語で書いているので安心しきっていたあたり、われながら「特性」がでているなあ、笑ってしまいました(仕事のときは、視野を補ってくれるコンサルの支援を受けています)。

ナカリさんの絵ののびやかさ、ご本人のファンタジーがなんの心配もなく素直に表現されているからなんだなあ、苦しいこともある分、かがやいているんだなあ。

と、ものすごく自分勝手に自分自身を投影して、再度、心を動かされています。

これからもよろしくお願いいたします。
2016-03-30 水 23:11:52 | URL | little lamb [編集]
ponchさんへ
こんばんは
いろいろな面でナカリと通じる側面を持っていらっしゃるponchさんのご活躍は、
私たち親子にとっては希望の光みたいな感じがしています。

誉めていただいたこと、素直に受け止めて親子でうれしく感じています。
でも、ナカリも思春期真っ只中なので、異性に対する複雑な感情もあったりで、
先日のモメゴトも、ひとつはそれが原因でした。
なかなかな現実は「清純」だけではいかないですよね。
「爽やかでみずみずしい」と言っていただいて何だか気恥ずかしいです。
ここにアップできないナカリのこころの世界もあるのですが・・・
本人を差し置いて話すわけにはいきませんので、すみません。
コメント、嬉しかったです、ありがとうございました^^

2016-03-30 水 23:16:35 | URL | ナカリ母 [編集]
little lambさんへ
こちらこそ、きゃあ!って感じで、お返事を重ねていただけて嬉しくなっちゃってます。
little lamb さんのブログは、さながら海外旅行に行ってる気分で、
ホンワカ~と雰囲気に漂って、いつも幸せ気分で読ませていただいているのです。
実は、
数年前まで息子がツイッターをやっていたのですが、そのハンドルネームが
ラテン語の「羊」だったもので・・・ネームを見たときから親近感・・・を感じていました。
こんな形で、お話しできて嬉しいです。
こちらこそ、これからもよろしくお願いしますです。


2016-03-30 水 23:22:53 | URL | ナカリ母 [編集]
>キライなのは「Aさんの側の問題」であって、ナカリの問題では無いこと。

この説明すごくいいですね
自閉症児は理由なく嫌われたり、バッシングされる事が多いので
この教えが広まれば救われる子が増えそうです

学校などでは本人の悲しい気持ちを受け止めるより
『あの子(加害者)は悪い子じゃないから』
『貴女も努力して嫌われないようにしようね』
などと上辺だけ乱暴にまとめて終わりですから・・・・・

よく『気にするな』と簡単に言いますが
成功体験がそこそこある人と
失敗体験だけが積み重なっている人とは
受けるダメージの大きさが段違いなわけで

特に発達障害児は
『人(同い年)から認められる、受容される』
経験が圧倒的に少ない(もしくは皆無)ため
一般的な励ましや前向きな言葉かけは
『この人も私の辛さを軽視してる』
としか思えないかもしれません

だからこそ科学的なトラウマ除去治療に期待大です
ナカリさんの心が早く癒されますように
2016-04-01 金 11:53:05 | URL | まる [編集]
まるさんへ
こんばんは^^

まるさんのコメントって、痒いところに手が届くというか(変な表現ですみません)
言いたかったことを上手く言葉にしてくださるので、読んでスカッとします!

ほんと、おっしゃる通りだと私も思います。
「あの子たちはそんな『悪い子』じゃないから」と、
無理やり気持ちを抑え込ませようとする学校の「指導」によって、
二度傷つかせてしまった経験があるだけに、よく分かります。

一見同じ状況に居ても、受けとめる側の傷つき具合は全く違うし、
中には、立ち直れないくらいのダメージを受ける子だっている・・・
ということに、もっと学校は正面から向き合って欲しい、と思うばかりです。

EMDRは、「科学的なトラウマ除去治療」として、
自閉症の専門家もおススメしてくださるので、
次回のカウンセリングで少しでも改善できるように願っています。

いつも、本当にありがとうございますv-352

2016-04-01 金 20:33:36 | URL | ナカリ母 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad