■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

世界の見方の違い
「自分目線」とか「他者の視点」とか言う時に、思い出すのは信号機のことです。

下の子が保育所の頃、突然の飛び出しが多いので必ず手をつないでいましたが、
横断歩道で「赤は止まれ、青は進め」と教えようとすると、
「ちがうよ」と言うのです。
逆に「は進め、は止まれ、だよ」と。


本人の話を聞くと、
自分が見ている信号(歩行者用)が赤の時に、目の前を車がどんどん走っている、
そして青になったら車は止まる
、という理解のようでした。

車の運転手は、自分とは違う信号を見ている、ということが、いまいち分からないようでした。
おお~そうきたか!と思ったのを忘れられません。

さっそく家で紙に絵を描いて説明したけれど、
それでもなかなか表現を修正できるまで時間がかかりました。
まあ、言葉上の説明の問題で、実際には、外ではいつも手をつないでいるし、
自分自身はちゃんと赤で止まって青で進んでるので、安全上問題はなかったんですが・・・

「見ている世界が違う」と実感した思い出です。

それでも、年齢を重ねると共に「他者の視点」が理解できるようになったことにも感謝。


思い出 | 09:57:09 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad