■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

母たちが「療育」に求めるものは?
先日の私設同窓会で、放課後デイに対する意見や希望を聞き取りしたところ、
若いママたちから、いろんな意見を聞くことができました。

聞きながら、それは特別なニーズのようでありながら、実は普遍的な事じゃないか、と思いました。
そして、一般の親が子どもに望むこと、の「原点」についても考えさせられました。

それは、親が「学校」に望む事とも重なるのだけれど、

まずは無事に安全に過ごしてほしい、
かつ、人との関わり方を学んでほしい→難しい言葉でソーシャルスキルトレーニング(SST)を。
ハンディのある子には更に「言語療法(OT)」や「作業療法(ST)」、場合によって「理学療法(PT)」を。

その先には、無事に社会生活を送れるように=社会人として生活できるように、という願いがある。
要は、自立・・・親亡き後にも生きていけるという希望を求めて、必死の想い。
子どもが幼いころには、遠い遠い未来のように思われる成人後・・・そこに向かって、
母たちは切ないくらいに、ずうう~っと思いを馳せ続けているんです。


我が家の娘は20歳の誕生日を越えて、もうティーンズではなくなりました。

私も、今の若いママさん達と同じ気持ちで子育てしてきたけれど、
社会資源、という意味では、今よりも昔の方が少なかった、そんな中で、
小3の1年間は学校を早退して隔週、電車やバスを乗り継いで療育に通った・・・
でも、小5から不登校になって、「(小)集団」での体験学習は不十分なまま、今に至る・・・
過去を振り返ると、幼いころから、療育に期待して、引き継ぎの度に多量の書類を書いて、
長い時間をかけて周囲に想いを訴えて、そんなこんなのすべてが、結局何に繋がったのかなあ、
と、今、少しマイナス思考に陥ってしまいます。

人との関わり方を学ぶには、まず、信頼関係を築くことができなければならないけれど、
我が家でははそこが難しかった・・・いったん不信感を持ってしまうと、マイナス思考のスパイラル。


だから、
SSTやSTやOTや・・・希望はたくさんあるけれど、
とにかく誰でもいい、子どもが安心・信頼して、心許せる大人との関係を作れる場所があって、
可能なら、それが同世代の他の子どもとの関係にも、途切れることなく生かせられたら。
今になってそう思います。

「学校」に行かなくなる、ということはそういう体験をするチャンスを失うことでもあり、
部分的にでも登校出来た際に、そこをどれだけ重視した対応をしてもらえるか、によって、
その後の方向が決まっていくような気がします。

学校に行かなかったこと自体に後悔はないけれど、
同世代の子どもとの関係づくりという貴重な体験から遠ざかったことのマイナスは
その後には補いえないダメージになったと思います。
(息子の方は、現在どうにか補いつつあるので、回復不可能ではないですが)


思うのは・・・
子どもにかかわる大人(親以外)に、
その子に対して「愛おしい」という愛のまなざしを持ってもらえるかどうか、がポイントで、
残念ながら、自閉圏の子どもたちの一部には、その点でのハンディを持っている子が多い、
と思わざるを得ません
→「生意気な子、可愛くない子、甘やかされてる子、上から目線」と誤解されがち。


ここまで一気に書いて、ため息ひとつ。
やっぱり、たられば話、はダメですね。
前向いていかなくちゃ。
成人しても、まだまだ先は長いんだから。
ポジティブに! めげるな、弱気になるな、明るくいこう!


そして、若いママたちやその子どもさん達が、この先、あたたかい環境に恵まれますように。




思い出 | 22:59:36 | コメント(2)
コメント
こんばんは

 昨夜は名前もURLも記入せずにコメントして申し訳ございません。
 miki-taka08です。

 >その点でのハンディを持っている子が多い

 そこが最大の問題ですね。
 どんなてがかりでも良いですから、ハンディを負わない、ハンディを軽くする仕組みを作らなければなりません。

 そのためにもナカリ母さんがこのように情報を発信され、少しずつかもしれませんが、じわじわと浸透して大きな流れになるように微力ですが、応援します。
 
2016-02-28 日 23:51:29 | URL | mikitaka08 [編集]
mikitaka08さんへ
もしかしたら・・・と、そんな気がしていたので、
お名前がアタリで、嬉しいです。

>少しずつかもしれませんが、じわじわと浸透して大きな流れになるように

恐縮です。少しずつでも発信していくことに意味があるな、と励まされます。
自閉っ子たちへの世の中の誤解や無理解が減るように・・・
これからも自分に出来ることをやっていこう、と思いました。
いつもコメントありがとうございます!

2016-02-29 月 16:46:42 | URL | ナカリ母 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad