■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

祈る母
4日間の帰省を終えて自宅に戻り、
大量のメールを見て、ひといき。
これから、仕事と年金書類の清書が待っているので、
今ひとつ落ち着かない気持ちのままですが、
帰る直前の母の様子を少し書いておきたいと思って・・・

母は昔から祈りに支えられてきた毎日でした。
今回様子をみて、ますます弱った、という印象で、
本人もそれを自覚しているからか、じゃあ帰るね、と行ったら、
突然娘を抱きしめて「来てくれてありがとう、また来てね」と。

祖母と孫 CIMG0206

ビックリしながらも受けとめるナカリ。
涙が止まらない母の様子に娘の方が戸惑いながら、
帰宅してからも「おばあちゃん大丈夫かな」と心配してくれました。

一日一日無事でありますように、
毎日祈る母。今までも祈りに支えられてきたし、これからもそうだろうなあ。
今までの、山ほどの人生経験に裏打ちされた母の祈りを思う時、
私も振り返って、祈る気持ちにさせられます。

昔通っていた教会で、「祈る」というのは「神様たすけてください、どうにかしてください」
というような意味ではなくて、「神様私はここにいます、私を御手に委ねます」というような意味だ、
と聞いてハッとした覚えがあります。


母の背中にのしかかる山ほどの経験や想いを考えた時、
静かに祈ることができる今の状況に感謝。
母から預かった「ごめんなさいといえる(三浦綾子 小学館)」を少しずつ読み始めたところ、
その中の一節…「石にかじりついてもひねくれまい」にドキッとする。
ああ、その想い。自分を支える気持ち。母から学ぶこと。
父が逝った後、母にはもう少し私に、その背中を見せていてほしい。
私も、祈ろう。




思い出 | 15:49:36 | コメント(6)
コメント
ナカリママさん、こんばんは。

ハグ、抱きしめるって...
私達の感覚では"相手の温かみを感じる"
"支えられていると感じられる"など、
肯定的なイメージに繋がり、
大きなエネルギーとなる事が多いのですが、
聞いた所によると、それが苦痛になる方達もいると...
でも、画像を拝見すると、ナカリさんも一生懸命受け止めようと
しているのが伝わって来て良かったですね...
そうする事で"言葉でなくても何かを伝え合える事は出来るんだよ..." 
というのを理解してくれる様になると良いですね...
とても心温まる画像をありがとうございました。

ナカリママさんは、少しお疲れの様ですので、
少しでもゆっくりお過ごし下さいね。
2016-01-24 日 21:22:18 | URL | ムゥ [編集]
ムゥさんへ
こんばんは
そうなんです、ハグには緊張してしまったかなと心配しましたが、
おばあちゃんだから大丈夫でした。
そして、何度も何度も「大丈夫かな」「また会えるかな」と気にしている娘です。

帰省中もいろいろ詰まっていてなかなかゆっくりできなかったので、
お気遣いいただいて、嬉しく、またありがたかったです。
明日からまたいつもの日常にもどらねば、と思います^^


2016-01-25 月 00:01:56 | URL | ナカリ母 [編集]
女性3代ってけっこ結びつき強いよね
男は照れもあってか こうはなかなかいかないなぁ
2016-01-25 月 20:55:03 | URL | K's [編集]
K'sさんへ
たしかに、女性3代の結びつきって強いです。
男性の照れ・・・というのも分かる気がします。

2016-01-25 月 23:05:31 | URL | ナカリ母 [編集]
こんにちは
「来てくれてありがとう、また来てね」この一言が胸にじぃ~んときます。

一日一日無事でありますように
ママさんがまだまだお母さまの背中を見ていられますように
と願うばかりです。
2016-01-26 火 13:40:04 | URL | 花梨 [編集]
花梨さんへ
ありがとうございます。
私もただ祈るばかりです。
1日1日、どうか無事に明日を迎えられますように。

花梨さんもご自愛下さいね。

2016-01-26 火 16:47:28 | URL | ナカリ母 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad