■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

「語りかける」歌
自分を鼓舞しながら書類に取り組んでいる間、
テンションの上がるBGMを流していましたが、
少し前に帰省した息子から「これ、良かったで」と託された本
「原始仏典」(中村元・ちくま学芸文庫)を読み終えて、
<自分自身と向き合うこと>をいろいろと考えさせられて、
個人に対して語りかける歌、が、聴きたくなりました♪


バート・バカラックの「アルフィー」



「生きるってどういうこと?」という問いかけから始まる有名な曲 ↑


あと、
まだ「愛」の何たるかも知らなかった高校生の時に何度も聴いて、
「友情」を自分の周りの人間関係に重ねてイラストを描いたりもした
ビリー・ジョエルの「ジェイムズ」
こちらは歌詞が表示されないので、昔買ったLPから転載。



ジェイムズ…
ぼくらはいつも仲がよかった
幼い頃から
そして将来のことを話し合った
それぞれ違う方向に進むことになって
ぼくは旅の生活に入った――
きみはずっと勉強を続けた

ジェイムズ…自分の人生が
気に入ってるかい
開放感があるかい
生き方を変えてみないのか――
そのうち小説を書くのかい
まだ勉強を続けてるの――
みんなの期待をになって・・・ジェイムズ

きみはとても信頼されていた、どんなに
きみががんばったか誰もが知ってる――
さあ、きみのしてきたことを考えてごらんよ
家族の誇りを一身に背負って

ジェイムズ…きみは実によくやった
一生懸命はげんできた
でもいつも、きみに対する他人の夢
の通りにするのかい
きみ自身のために良いことをしろよ
でなけりゃきみは誰にとっても意味がない

ぼくは旅の暮らしに入った
きみは勉強を続けた…ジェイムズ
どうして確かだと思うのかい・・・何事も
うまくまとめられていると
たしかにすべての事が安定している
ほかの者はみんな満足してる

ジェイムズ…自分の人生が
気に入ってるかい
解放感があるかい
生き方を変えてみないのか
いつ傑作をものにするのかい
きみ自身のために良いことをしろよ
でないときみは誰にとっても
意味がないんだよ…ジェイムズ



ビリー。若いなあ~
「自分のために良いこと」をしないとね。

「原始仏典」の中で、コーサラ国王が甘い答えを期待して王妃に言った言葉
「そなたは自分よりももっと愛しい人が誰かいるかね?」
妃は「大王さま、わたくしには、自分よりももっと愛しい人はおりません。
あなたにとっても、ご自分よりももっと愛しい人がおられますか?」
王はこう答えざるを得なかった「わたしにとっても、自分よりもさらに愛しい他の人は存在しない」
そして、はっと気がついた・・・誰だって生きている限りは自分の事を本能的に考えるのは避けがたい
そこから、他人の立場に立って考えてみると他の人だって同じではないか、と、
そうやって他人との関係の中で自分をととのえていく、というような方向が語られていました。

こんな文章が、古代に残されているんだなあ、と、
西洋古典から東洋古典にも傾いている息子から教えられたのでした・・・







読んだ本・文章、見た映画・ドラマ、聴いた音楽 | 17:26:57 | コメント(2)
コメント
自分のためにねとよく言われるけど
自分のためだかじゃなく 誰かのためにとやることの満たされる気持ち
先に考えてしまったりします
ナルな俺ですけどww
2016-01-19 火 00:46:26 | URL | K's [編集]
K'sさんへ
自分と、他の人とを秤にかけるのって、
人間の本性は?みたいな話になっていきそうだけど、
ナルでいいと思います、かつ、
他の人もみんなそれぞれナルなんだよ、
ってところを考えさせるお話でした・・・
何千年も前にそういう話が残ってることに感じ入りました~

「誰かのためにとやることの満たされる気持ち」
ってあったかい言葉ですね^^



2016-01-20 水 00:15:27 | URL | ナカリ母 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad