■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

成人式(祭)に行かなかった貴方へ
今日は、全国的に「成人の日」でしたよね。

各地で、行政が主催する式典も行われていました。

娘は、全く興味を示しません。

あるブログを見て、娘と同い年の女の子が、
筆舌に尽くしがたいいじめを受けて、この成人の日を迎えていることも知りました。
しかも、いじめをした「側」は、記憶にも残っていないという理不尽。

世の中では、晴れがましい日として位置づけられているけれども、
同級生と共有した「あの」時間の苦しい思いで、娘は今も苦しめられている。
ブログを書いた彼女も同じです。

テレビに映る晴れがましい成人の日、
震災を乗り越えた同級生、
そう、あの日、中学の卒業式、娘は地元にいるのが辛くて私と帰省中でした。
自宅からはるか離れた地で、あの震災をテレビで見て、娘の心は騒ぎました。

今日の日を、本当に、様々な思いで迎えている、新成人のひとたちへ。


これはワンステップなんです。
娘のまわりの人たちが喜びに迎えられて楽しく過ごした様子が、友人からの話で分かります。
でも、でも、
今日の「成人の日」の集いを「無縁」と思った人、友がいることを忘れないで。


皆が祝える日ではないということ。
つい、愚痴めいた記事を、喜びの日にアップする母の想いも分かってほしいと願いつつ。
ごめんなさいね。
成人式に行かなかった貴方、未来を開いていくのは貴方たちです。
希望を見失わないで。




未分類 | 20:36:13 | コメント(8)
コメント
2.55回目の成人式すぎた俺ですw
いじめの怖さを痛感しますね
集団心理というか 罪の意識がないから出来ることなのかもしれないのが一番怖い
いつからか成人式のニュースといえば晴れがましさよりも荒れたものが報道され何のための誰のためのものかということがないがしろにされてる成人式
生きることもう少し真摯に考えて欲しいよね
もっと意識をして自覚を持って欲しいと思うのは年くったせいかなw
2016-01-12 火 10:42:56 | URL | K's [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016-01-12 火 14:50:32 | | [編集]
K'sさんへ
2.55回ですか!思わず計算機を出してしまいました(笑)

いじめは怖いです。関わった子ども達みんなが歪むと思います。
被害を受けた子、加害側の子、傍観していた子、
それぞれ、言い分はあるだろうし、誰がどうということよりも、
一つの出来事の受け止め方の温度差がある、という事実に、
胸が痛みます。
傷つけられたこともそうだけど、相手にその記憶すらない、というのは
二重に傷けられるような気持ちです。
でも私だって、気がつかないうちに誰かを傷つけていたかも知れない。
そういう意味で、あまりにも、無邪気に喜びに浸るだけの日、
であってほしくはないなあ・・・と、書いてしまいました。

若い人には、誰もが希望を持っていてほしい!
先に大人になった者として、若い人を、誰一人、外すことなく
あたたかく受け止めたい、と願った1日でした。


2016-01-12 火 16:26:05 | URL | ナカリ母 [編集]
鍵コメントさんへ
こちらこそ、お気遣いいただいて、申し訳ありません。
本当は、みんなが笑顔で迎えられる日であってほしいですよね。
20年間、無事に成長した「喜びの日」であることには変わりないです。
「おめでとう」は、どの子にも(あ、もう子どもじゃないや)声かけたい言葉です。
いじめを受けた経験談のブログ記事を読んで、たまらなくなって書いてしまったのでした。どうか気になさらないで下さいね。

2016-01-12 火 16:31:26 | URL | ナカリ母 [編集]
ナカリママさん、こんにちは!

成人式とか、儀式、行事的なものは...
人生の中で節目的な意味もあるのかなという感じがしますが、
それが必ず他と同じ時期でなくとも良いのではないかと
私は感じています。
自分の成人式(遥か彼方の遠い過去)ですが...
私も興味無く、当初は出席する気すらありませんでした。
当時、自分と仲が良かった友達は地方出身の為、
それぞれ地元に戻り式に出席したので...
でも、祖母が一生懸命自分の手で用意してくれた着物があり、
一生に一度の事だし...祖母の気持ちの有り難さを感じ、
それだけの理由で一人で地元の式に出席しました。
なので、とても居心地が悪い想いをした記憶が...

でも、今...私自身はその成人式の事を悪い思い出とも思わないし、
"その時はそうだった..."と言うだけで、
成人した自分を祝おうとしてくれた家族の思いは
今でもとても有り難いとは思っていますが。

やはり、それよりも"今が大事"だと感じています。
その当時はわからないけど...
あの時の自分と話す事が出来たら、
「大丈夫だから心配するなよ〜!!」と言ってあげたい(笑

今の人生長いので30歳になって"本当の成人式"でも
良いのではないかな...と私は思います。

何の気休めにもならないとは思いますが、
それでもこの日まで一生懸命ご本人が生きてきた事、
そして、親御さんが育てあげられた事、
それ自体がすごい事だと思います。
今日のこの日がある事...
心からお祝い申し上げます!!!

内容にそぐわないコメントでしたら...
本当にすみません(汗
2016-01-12 火 17:29:48 | URL | ムゥ [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016-01-12 火 17:43:24 | | [編集]
ムゥさんへ
本当にその通りですね。
人生の節目は、その人その人違うので、
「本当の成人式」はひとりひとり違っていいと思います。

ムゥさんの成人式の思い出もいろいろ聞かせていただいて嬉しかったです。
いつもありがとうございます。

お祝いの言葉、ありがたく受け止めさせていただきますね^^

2016-01-12 火 23:05:06 | URL | ナカリ母 [編集]
鍵コメントさんへ
取り急ぎ、私も鍵コメントを返信させていただきました。
大切な場面で信頼してくださって、身に余る思いです。
ありがとうございました。

2016-01-12 火 23:06:53 | URL | ナカリ母 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad