■プロフィール

ナカリ母

Author:ナカリ母
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

子どもの話を聞ける幸せ
新しい1年が始まりました。
時々帰省する息子が、今回はゆとりを持って帰ってきてくれていたので、
その間に彼に家事、育児?(妹の面倒)を任せて、
私だけ四国に帰ることもできました。

娘も夫がずっと話し相手になってくれて落ち着いていたので、
本当に久しぶり!にテレビ(紅白ほか)をつけて年越し、という事が可能でした。

感謝の年末年始です。

息子からは、京都での暮らしのあれこれを聞き、他愛ない話でもホッとして、
子どもの話を聞ける幸せ」を実感しています。


ちょっと面白かったのは、
「僕はアスペルガーだからね」と自己表明している先生がいらっしゃるそうで、
その先生の電話の応対に、周囲がびっくりしたという話。
「もしもし」
「はい、○○です。」
「いえ、ダメです。」ガチャン

え?え?え?今の電話、なんだったの?
内容が気になるけれど、おそらくは最初に相手が
「ちょっとお時間よろしいですか?」的なことを聞いたのではないかと・・・
それにしても、間髪入れずにダメですと言ってガチャン!という対応に、
周りの学生達みんな、苦笑したそうです。

大学院には本当にいろんな人がいるなあ、と本人も笑いながら話してくれました。


話が戻りますが、今年、久しぶりにテレビがついていても娘が大丈夫だったので、
紅白を見てみよう、という気になったのは、息子が曲目の中に「オルフェンズの涙」を発見したから。
これは聴きたい、というのと、美輪さんの「ヨイトマケの唄」が今年も聴ける!というのが理由でした。

「オルフェンズ」って何?と質問すると、「孤児」なんだそうです。
テレビアニメの機動戦士ガンダムシリーズの最新作に使われている曲とのこと。

平和を願うという特別コーナーで、「ナガサキ」からの映像が流れました。
歌手のMISIAさんのミュージックビデオはこちら ↓




年をとっても、若い人(って、息子だけど)との話には刺激されます。
気持ちは若く、今年もがんばろう~




子どもの日常 | 16:41:42 | コメント(2)
コメント
子供っていうと。。。
きらきらと輝いて瞳も黒々してて いつも未来を見てるって俺のイメージですけど
。。。でも今の子供たちはなんか淀んでる気がします
ゲームやネットに夢中になってて会話が少なく未来を夢を見てるのかなって時々思います
そうしないといじめの対象になったり乗り遅れてしまって友達関係が悪くなったりという環境のせいなんだろな
それと俺居酒屋にいるけど 親自身が飲みたいだけで子供を夜中まで連れていること どうにも我慢できません
PTAとかの集まりで宴会とかも 昔はありえなかった気がします
この人たちは真面目に子供のこと考えてるのかなと疑問に思ったりします

子供たちにはもっと自由にのびのびして欲しいな
昔からは想像もできない世界で通じる活躍を見せてくれてる若者が数多くいることは嬉しいけどね
なんて関係ないこと考えたりしました
2016-01-03 日 08:56:16 | URL | K's [編集]
K'sさんへ
本当に、子どもを取り巻く状況って大きく変わってしまいましたね。
ミュージックビデオに出てくる白黒画面の「孤児」たちは、
第2次大戦の後の戦争孤児たちを彷彿とさせ、舞台が宇宙になっただけで、
戦争というモノが変わらず子どもの世界を蝕んでいる、というのを感じます。
アニメの中の話だけで終わってほしいですが。

一方、確かに、10代の若者の活躍にも目を見張るものがあります。
希望を持っていきたいですね。

2016-01-03 日 19:58:17 | URL | ナカリ母 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad