■プロフィール

ナカリ母

Author:ナカリ母
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

趣味を生かすことと、仕事につなげることの難しい関係
とにかく「絵を描く」ことが大好きな娘の「強み」を活かしてやりたい
→本人も「イラストレーターになりたい」と言っている
ので、
友人の紹介で、家庭教師に来ていただけそうな、絵の先生とお会いしました。

今までの作品も見ていただき、本人の様子もお伝えしたら、、
「イラスト」オンリーの世界で「勝負」するには現状では厳しいこと、
(出版関係者やプロからだと、手厳しい評価を受けて落ち込むだろうこと)
一方、アウトサイダーアートやアールブリュットといった世界ともまた違う感じなこと、
集中力はかなりあるけれど、ひとつひとつの絵の「完成度」を上げる点ではまだまだ課題があること、
通信教育で添削を受けた「後」に、その内容をどれだけ「次」に生かせているかという点で課題があること、
など、
私自身もとても納得、の評価でした。

なので、
逆に先生から、この先、本人にどんな風に歩んでほしいと思うか?という質問を受けたとき、
「可能なら、少しでも出来る作業(仕事)をしながら、余暇として趣味の絵の力を活かす活動もできれば」
と、答えている私でした。

結論的に、以前アップした「Watashi」や「いろんな違う」のような、自己表現としてのイラストを、
何等かの形で作品として形にし、可能なら、それらを展示したり販売したりする、などをイメージしつつ、
「社会活動」に少しずつでも慣れて、「自立訓練や就労移行支援施設」に通えるようになること、
を目標にしたいな、という感じになっています。
(これは、本人の意向とは多分違うと思うので、何とか上手く方向づけていけたらなぁ・・・)


「無職は嫌」「仕事としてイラストを描ける人になりたい」「私の絵は売れないかなあ」
など、今の本人のつぶやきに込められた思いも大事にしてやりたいですが、
「現実的」な方向を開拓していくことも必要なので、難しいです。

とにかく
いろいろな人の手助けを得ながら、本当に少しずつ少しずつ、「自立」に向かって前進あるのみ。


自分の好きなことを仕事に出来る人なんて、そうそう居ない、という厳しい「現実」

これは、上の息子にも通じる話で、
「研究」分野で「仕事」に繋がる、かは今後の大きな課題です。

うううーん

今日は、
子ども達が2人とも好きな曲「ひぐらしのなく頃に」の歌詞のみバージョンをアップして〆にしますね。







子どもの日常 | 17:31:03 | コメント(9)
コメント
好きなことを仕事に出来ているひとは倖せでしょうね
でもその分悩みや苦しみも好きに出来ないと続かないのでしょうね
よく写真展開きなさいなとか絵葉書にして売れるよとか祝えるけども
その覚悟がないてけとな俺はあくまでも趣味でやってるかな
ナカリさん 進めますように^^

いい唄だね なんか響きました
聞いてるうちにこぼれちまいました
もう一度戻れるのなら・・・
2015-12-05 土 02:29:22 | URL | K's [編集]
あ。。。かんでしまいましたw
祝えるじゃなく言われるけれどです
祝ってどうするよww
2015-12-05 土 02:32:22 | URL | K's [編集]
趣味が仕事になるのは夢ですよね〜
そして誰しもが夢見てそのうちわずか一握りの人間しか実現できない夢ですね

仕事にする=お金をもらう=儲けかつ受け入れられる

という構図になるわけですが、
今の世の中何がウケるかわかりません。
ネットの普及もあるので。

そういう意味では誰しも夢を実現させられる可能性があるとも言えますね(^^)
ナカリさんには頑張ってほしいです!
2015-12-05 土 19:03:35 | URL | そうまとう [編集]
K'sさんへ
かんでも大丈夫ですよ~伝わりました。

私も、K’Sさんのフォトエッセイなら買うだろうなあ~とおもいつつ、
「てけと」な感じでブロガーであり続けけてくださる事にも感謝。

応援ありがとうございます。

唄は、深夜アニメのBGMなんですが、自分自身心に響くものがあったので・・・
こぼれていただいて恐縮です。



2015-12-05 土 19:54:11 | URL | ナカリ母 [編集]
そうまとうさんへ
夢の実現、って言葉は綺麗ですけど難しいですね。
何とか、少しでも、と思う親心が、逆に本人のクリエイト魂をスポイルしている場合もあり、
難しいです。
今日は思い切りの反撃にあいました・・・本人から見たら、
超トップに立ってる人が目標なので、
そことの比較云々の話は聞きたくねえ~!って感じですかね。

50過ぎての不意打ちは酷ですよ。思いっきりぶつけて落ち込んで、
何とか立ち直ったところです母も。ガムバリマス・・・

2015-12-05 土 19:59:15 | URL | ナカリ母 [編集]
K'sさんへ
追伸
「哭く」ことの記事、見つけました(^-^)V


2015-12-05 土 20:07:44 | URL | ナカリ母 [編集]
そんな深いところまで遡ってくれて^^;
ありがとう 
2015-12-06 日 03:53:07 | URL | K's [編集]
これいうとおせっかいになってしまいますが、思ったことを率直に書かせてもらいます。

自分の周りにもプロ並に上手い人は掃いて捨てるほどいますが、何故絵のプロにならなかった(なれなかった?)かというと、
絵では喰えないからです。
プロ並に描ける人でも毎週毎月毎年コンスタントに一定水準の絵を描き続けられる人なんてひとにぎりもいません。
自分はそれでプロを諦めました。

プロを目指すなら止めませんが、その絵の先生もいってる通り、絵だけで喰っていける確率は、
宝くじで1億円が当たるのと同じくらいの確率と見て差し支えないと思います。

目指すなら止めませんが、今のナカリさんが、どうしても絵で喰っていきたいと思うなら、画力よりも社会性を先に磨いた方がいいと思います。
キツいことをいってしまうと、画力以前に社会を渡り歩くのに必要な社会性がまだ不充分と思われるので。自分も不充分ですが。
2015-12-06 日 19:23:16 | URL | ponch [編集]
ponchさんへ
書いていただいていること、その通りで納得です。
ただ、本人は、納得しないでしょうね。
そしてきっとまた暴れるのです。破壊しまくりです。
同じ事の繰り返し、というか、徐々に程度がひどくなってます。
サンドバックの自分は身も心も疲れてしまいました。

本人の「好き」を伸ばそうとするだけじゃなく(それはある意味放置だったとも言える)、もっと社会性を身につけさせるべきだった(多少の無理を押しても)、と、激しく後悔と落ち込みの母です。
今日は私が朝から家出。
仕事場に泊まり込みで経理作業に打ち込んで気を紛らわせています。
義父の見舞いから帰宅した夫が娘の様子を見て、
しょげてるからメールに返事してやって、と言ってきたので仕方なく一言。

自分がやってきた子育ての答えはこうやって全部自分に返ってくるんですね。悔やんでも嘆いても仕方ないので、何らか方針を立てるしかないです。が、今、エネルギー不足。
自分がまた鬱状態に逆戻りしないように気をつけなければ。

貴重なコメントに、だらだらとすみません。
とても助かりました。ありがとうございました。


2015-12-06 日 23:13:46 | URL | ナカリ母 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad