■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

発達障がいを介した母子関係について思うこと
我が家の場合に特別なことかと思っていたけれども、
先の記事に載せた忘年会で、他の親子の事例を聞いて、
何かしら似たパターンがあるような気がしたので、記事にしてみます。


それは・・・
娘の側に強烈な「支配欲」がある場合の母子関係の困難さ


我が家でも、小学校の頃から、「インリアルアプローチ」の勉強会で、
親子のやりとりの様子をVTRにとって、専門家の先生に意見をいただいていましたが、
その際、「この子の、周囲を支配しようとするエネルギーはすごい
これにつきあうのはお母さん大変よ。ハッキリ言って、無理。距離を取らないと。」
と言われ、先生には自分の辛さを共感していただいたのに
家庭での親子関係の「難しさ」が、なかなか学校には伝わらなかった・・・
という経験を思い出しました。
(なぜなら学校では「支配欲」を必死で抑え込んでしまっている→その分、家庭で爆発する、から)


前回の受診で、ドクターに本人が「イライラするのはなぜ?」と訊ねた時に
「思うようにならないからイライラする」と、明確に答えてくださり、
自分の思うようにならない時の対応→我慢、についての特性から、服薬の話になったのですが、
思うようにする=支配、という意味で言うと、
過去振り返って、いつもそのせめぎあいだったようにも思います。

一般の母子関係では、母から娘に対する「支配」が良く取り上げられ、
私自身の生い立ちの中にもその影が潜んでいるのですが、
(信田さよ子さんの著作「母が重くてたまらない」などを、読み漁った時期がありました)
母が娘に対して、圧倒的に「強い」立場に立っているかどうか、
お互いの依存関係はどうか、によっても、微妙に関係は揺れ動きます。
娘にとって、母の存在って強烈だから・・・
両方の立場を経験しながら、あれこれ考えてしまいます。


ただ、「発達障がい」という要素を介した際に、
「支配したい母」が「支配したい娘」に打ちのめされる場合がある・・・
同時に「支配したい娘」の方も母からの圧力に傷ついたり全力で抵抗したり・・・
そんな風にして屈折した関係になりやすい、というのは経験済みで。
今後、年齢に応じてどう変化するのかまだまだ未知数、という気もします。
(同じ「発達障がい」を介しても、
息子との関係の中では随分前に「支配」という概念はピンとこない感じで・・・。
異性の親子の関係ではそうなのかな?)

娘に支配されないで、支配することもしないで、上手く距離を保って良い関係で居ること。
この、難しい課題を、どうクリアしていったらいいのか、模索続き…です。



長くなったけど、最後に、忘年会の話に戻すと…。

一緒に参加した友人からメールが来ました。
私のブログでジョンレノンの「Love」をアップしているのを見て、
自分も我が子の病気が分かって、ただただ悲しかった頃に、ジョンの「Oh, My Love」がずっと頭の中でなっていた、
そして、ほんとの悲しみ、ジョンの歌の意味、みたいなのが分かった気がした、のを思い出した、と。

いろんな母のいろんな思いに触れる度に、寄り添える気持ちになったり、
ガツンと頭を打つ気持ちになったり・・・
少なくとも「ほんとの悲しみ」を感じたことがある人には、
きっと「愛」が深く深く沁みとおるんだろうなあ

と、思って。

「Oh, My Love」
歌詞つきのユーチューブを見つけたから載せるね。 ありがとう。




母子関係については、永遠の宿題?と思います。



未分類 | 00:05:07 | コメント(4)
コメント
悲しみが多いひとは優しくなれるってよくいいますよね
でもね ほんとはさ悲しみなんてないほうがいいに決まってる・・・
ずっとそう思っています
せめぎあうではなくて いつかともに感じ合えるといいですね
苦しみが安らぎに変わる日を祈ってます
2015-12-02 水 01:02:50 | URL | K's [編集]
K'sさんへ
ありがとうございます。
穏やかに、安らげる毎日がつみ重なるように、
いちにち、いちにちを大事に過ごします。
今日も無事でした、感謝です。

2015-12-02 水 17:04:08 | URL | ナカリ母 [編集]
ナカリママさん、こんばんわ!

とても難しいテーマですね...
世の中親子関係だけでなく、
辺りを見回すと「支配する側」と「支配される側」の
様子があちこちで目に入ってきます。
一見上手くバランスとれている様であっても、
何かの拍子にその箍が外れるとあっという間に
そのバランスが崩れてしまう...
ただし、平等とか対等とか...そういう柵が無い関係が理想の様で
実際の所はどうなんだろうか!?とか...
考えれば考えるほどわからなくなりそうです。

距離取る時にはとって...
ナカリママさんに教えて頂いた事、
最近少し出来る様になってきたかな...
もちろん、まだまだ見様見真似の域を出ませんが(^^;

いつもお疲れさまです。
風邪等ひかれない様お過ごし下さい。
2015-12-03 木 19:55:43 | URL | ムゥ [編集]
ムゥさんへ
コメントありがとうございます。

「支配」という言葉を使ってしまうと、印象がきついのですが、
要するに、「自分の意に沿う形ですべての事を進めたい」という思いの強さ、
という感じです。
それが強すぎると、上手くいかない時のフラストレーションがかなり強く、
娘がドクターから指摘されたような「我慢が苦手」な状態になってしまいます。
逆に、支配され虐待され押さえつけられ過ぎてばかりだと、
「自分」を出すことができなくなる・・・自分のほんとの気持ちが分からなくなるし。
難しいですね。

考え出すと行き詰ってしまうのですが、
少なくとも、何かヒントはあるんじゃないか、といろいろ情報をあさっている状態で。

ムゥさんからのご意見や情報にも助けられています。

「距離をとる」事が出来るようになって良かったですね。
私自身も、そのあたりの「間合い」が、だいぶ分かるようになってきました。
何事も経験の積み重ね、でしょうか。

ムゥさんも体調に気をつけて、慌ただしい師走を無事に乗り切ってくださいね。
ありがとうございました。


2015-12-03 木 21:31:33 | URL | ナカリ母 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad