■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

映画「ラースとその彼女」
子どものホームページにも「好きな映画」として感想が書かれていますが、
私自身、何度見てもいろいろ考えさせられる映画です。

↓You-Tubeにアップされている予告編です。




内容は「等身大のリアルドールを恋人にしたラースと、彼らを取り巻く家族や街の人たちとのエピソード」
なんですが、下の子どもの思いや体験と重なるところがたくさんあって、
最初、ツタヤで借りてきて私だけ見た後、結局購入して本人とも何度か一緒に見ました。

以前、話のあらすじだけを友達に伝えたら、You-Tubeの予告編の感想にも書かれているように、
最初、「面白い(観た人が面白がる)映画」と受けとめられてしまったけれど、
笑えるというよりも泣ける、「感動」する「温かい」映画です。

パラレルワールドとリアル世界とを行ったり来たり?している我が子との日常の中で、
何とか現実の人間関係を上手く築いてほしいと願う気持ちが、ラースの義理のお姉さんと重なり、
焦らず焦らず、と自分に言い聞かせながら、本人へのプレッシャーにならないよう気をつけながら、
先が見えない中、手探りで道を探しているなあ・・・と、改めて感じています。
今が穏やかに過ごせているなら、それでいいじゃないか、
ずうっと夢の中で過ごしていてもいいじゃないか、とも思いながら、
この先も今のままでいいのかどうか、迷いは尽きず・・・

明日は、本人が家族以外で一番信頼できると言っている、カウンセラーさんとの面談日。
EMDRも良い形で進んでいるので、少しずつ、少しずつ、と思います。

外の世界も捨てたもんじゃないんだよ、一緒に楽しめる、共感できるものもあるよ、と伝えるのに、
上手く使えば、本や映画は大事なツール。
自分自身アンテナをはって、世界とつながっていかなくちゃ。






読んだ本・文章、見た映画・ドラマ、聴いた音楽 | 00:09:46 | コメント(4)
コメント
こんばんは。
僕もこの映画観ました。
気が付かなかったというか、そういう知識を持ち合わせていなかったので、
当時は分かりませんでしたが、そうかこれもアスぺルガーを描いた作品とも
言えるんですね。

面白いけど、いろいろ考えさせられる良い作品だと思います。
僕の記事はこちら↓
http://oukei1963.blog90.fc2.com/blog-entry-152.html
2015-11-07 土 20:52:16 | URL | バニーマン [編集]
バニーマンさんへ
「ラース」の方は、よりマイナーなので、なかなかご存知の方と出会えませんでしたが、
見て、しかも記事にしてくださっていて嬉しかったです!

アスぺと言ってもほんとに人それぞれですが、
ラースみたいに、感覚過敏の人は多いです。
また、対人関係が上手くいかなくて、ファンタジーとリアルの教会が曖昧になる人も(うちの娘も含めて)います。

海外TVドラマシリーズだと、何度かここでも記事にしていますが、
「BONES 骨は語る」の女性主人公が、完璧アスぺさんです。
映画ではないですけど、アメリカではシーズン10までやってて有名みたいですよ。
ご紹介まで。

コメント、ありがとうございました(^-^)


2015-11-08 日 02:05:20 | URL | ナカリママ [編集]
へー、「BONES 骨は語る」の主人公もそうなんですか。
何話か観ましたが、やっぱりその手の知識がないと、
まったく気が付きませんね・・・(^_^;)。
2015-11-08 日 20:57:28 | URL | バニーマン [編集]
Re: タイトルなし
「BONES 骨は語る」については、ミチルさんの下記ブログが詳しいです。

「アスぺさんが登場するドラマ」
http://childenglish569.blog.fc2.com/blog-entry-66.html

分かりにくいエピソードも多いけど、
明らかに、あ~これ「あるある」という場面も多いです。
良かったら、ミチルさんところもご訪問くださいね。

2015-11-08 日 22:00:15 | URL | ナカリ母 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad