■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

脳の不思議 社会脳って・・・
間に挟んだ記事「おみおくりの作法」にたくさん、コメント&拍手をありがとうございました。

市民公開講座の報告の続きです。
今回はいまいち、おもしろくないかもしれません。すみません。



当日配布された資料の中には、たくさんの画像=MRIで撮影された脳の断面図 ↓たとえばこんなん

社会脳

・・・が、紹介されていて、
定型発達者とASD(自閉スペクトラム症)の比較をすると、体積の違いや血流の違いが分かるそうで、
結論的に、ASD群において「社会脳」療域の体積低下がみられる、とか、
定型発達群においては、動的表情に対して広く「社会脳」領域が活動する、とか、
難しい説明が続きました。
ただ、それらの説明に際して、実験の内容、たとえば、「動的表情」云々というのは、
被験者に「動く表情~笑う、怒る、泣くなどの動画」を見せた場合と「静止した表情、つまり写真」を見せた場合の違い、
ということで、
実際にこんな表情を見せました、と、スクリーンに示してくれて、分かりやすかったです。
私自身は、一応、定型発達の方に分類される?からか、
確かに、動画を見る方が自分の脳が反応してるなーという実感(これは関係ないかもだけど)があったりで、
同じものを見ている時にも人によって感じ方が違うんだ! と、改めて考えさせられました。


「表情の知覚」というときに、
動きのあるものに定型の人が強く反応する、というのは、次を予測する機能と関わっていて、
ASDの人たちは「変化の先が予測されないともいえる」という説明のあとに、
(そのため)「他者の行動や感情への準備が遅れる、円滑なコミュニケーションが阻害される」
とありました。
まあ、これは実験結果であり、
日常経験的に、まずは相手の「表情」を見ない(見れない)って方が問題な気もするんですが。
これも、説明に納得、でした。


おもしろかったのは、「パラノイア尺度」という概念。
メモによると「なんとなく、他の人や物に対して”感情”を感じやすい程度」のことだそうです。
「これが高いほど強い表情を見た、と思ってしまう」、
また「先読みしすぎる人は強く反応する」 とも、メモってありました。
逆説的ですが、さっきの「先が読めない」特性とともに、「先を(間違って)読み過ぎる」傾向が
実体験上、娘にはあるような気がするので、
その分、「強い」感情の記憶に結びついてしまうんじゃないかなぁ・・・
それと、無生物に対しても人格(感情)があるように思ってしまう傾向が強いのは、
この尺度が高いってこと?・・・という疑問は未解決のままですが。
娘と話していて、いつもすれ違ってしまうのは、このあたり=無生物と生物をごちゃまぜに認識している、
なので、興味のある内容でした。


あと、「表情認識」の実験の選択肢として《基本6情動》が書かれていて、
それが「怒り」「嫌悪」「恐怖」「幸福」「悲しみ」「驚き」の6つでした。
(え?え?「基本」、この6つなの?
「幸福」以外、どれも不快な感情に近いじゃん!人間の情動ってそんなにネガティブなの~~?)
とか、思ってしまいましたが。
資料のグラフを見ると、
初めの3つ(怒り、嫌悪、恐怖)の正答率が定型でもASDでも特に低めで、
全体に、「幸福」以外は区別しにくい、という結果になっていました。

記憶の中に「幸福」が残りにくくて、他のマイナス感情が知覚されやすいと、
生きていくのは辛いだろうな~。


話が長くなって、ますます面白くなくなってきたかも(汗)。

市民公開講座では他にもたくさんお話があったので(デイケアや作業療法に関すること)
もう1回くらい続けて書くかもしれませんが、これで終わりにするかもしれません、
曖昧なことですみません。


ふー。
でも、話を聞いたことを振り返ってまとめ直すと、改めて勉強した気になるから
記事にして、個人的には満足です。(間違ったこと書いてたら責任重大!どきどき)
最後までお付き合いくださってありがとうございました。





未分類 | 11:29:45 | コメント(8)
コメント
こんにちは
脳は他の人と大きさとか変わりがないのに、環境とか行動などによって変化するのって不思議ですねぇ(・。・)
2015-11-25 水 14:18:02 | URL | よしお [編集]
こんばんは。
こんばんは。
たびたびお邪魔いたします。

「社会脳」については、以前本で読んだことがあります。
記事も興味深くよませていただきました。
ありがとうございます^^

「驚き」って、ネガティブなものもありますが、ポジティブなものもありますよね。
私はASD当事者ですが、うれしくってびっくりすることも沢山ありますw(゚o゚)w
ただ、まわりの人が驚いている顔を見て、それが喜怒哀楽のどれかを判断するかは、至難の業かも……
定型の人たちは、相手の表情を見て気づかい出来る人が多いので、すごいなって思います。
(もちろん、ASDはASDで、いいところもありますけどww)

ナカリ母さまは、研究熱心ですね。
お父さまのこととか、色々あるかと思いますが、無理をしないでがんばってくださいね。
2015-11-25 水 19:41:32 | URL | あすか [編集]
よしおさんへ
ほんとに、脳って不思議ですよね~~
で、また、その「不思議」を科学的?に解明しようとしている研究者の先生たちに、
ほおおお~っと感心させられ、十一先生みたいに、「研究→臨床→社会貢献」とまで
視野の先に入れてくださってるかと思うと、心強ーい気持ちになります^^


2015-11-25 水 23:41:15 | URL | ナカリ母 [編集]
あすかさんへ
いらっしゃいませ~^^
あすかさんのブログも勉強になります!ありがとうございます。

確かに「驚き」にはポジティブなのものもありますよね。
絵文字が可愛くてフフッとなっちゃいました(^-^)

相手の感情を読み取る、って、とっても難しい課題だから、
定型発達の人でも、失敗したり、いろいろ経験しながら学んでいくんだと思います。
ただ、ASDの人のハンディキャップが科学的に実証されていたら、
理不尽な思いをすることが減るんじゃないかなーと、
こういう講座が一般公開されている意義を改めて感じたのでした。
参加者は中高年の方が多かったですが、
専門家だけでなく「市民」対象というのがいいな、と思ったので、
ぎこちないながらも何とか報告したくなった次第です。
読んでくださってありがとうございました^^
これからも、娘との関係を良くするため、かつ、いろいろな謎を解くためガンバリマス!



2015-11-25 水 23:48:01 | URL | ナカリ母 [編集]
ママさんのこういう記事で少しですが勉強させてもらっています^^
2015-11-26 木 07:47:58 | URL | K's [編集]
K'sさんへ
恐縮です。
半分、自分自身が頭の整理をするために書いてるみたいな感じですが、
間違ったこと書かないように、責任もって記事にしなくっちゃ!
と、身が引き締まる感じです^^ありがとうございます。

2015-11-26 木 20:11:01 | URL | ナカリ母 [編集]
う~ん、自分には難しいことはわかりませんが、ASDの自分の頭には常に自分のことしか無いように思えます。

「自分のことしか考えてない」んじゃなくて「自分のことしか考えられない」んですよね。

定型発達者の頭のなかには「自分」と「他人」が並列化して並んでいるのに対して、ASDの自分の頭のなかには「自分」しか無いように思えます。

そもそもASD頭のなかはシングルタスクなので、マルチタスクの定型発達者とちがい、自分と他人を並列化して考えることができないと思うんですよね。

自分は難しいことはわからないけど、社会脳とは、自分の脳内で相対化された「他人」のことではないのかと思います。

2015-11-26 木 22:37:10 | URL | ponch [編集]
ponchさんへ
いつも貴重なコメントをありがとうございます。
定型発達の親から見ると、我が子でありながら「理解」が難しいところを、
成人当事者の方からの説明で、なるほど~と感じる場合も多いです。

「自分の事しか考えられない」
「自分の頭の中には『自分』しか無いように思える」
「自分と他人を並列化して考えることができない」
・・・というのは、すごく分かりやすい説明でした。
ナカリもそんな感じです。

善悪ではなく、価値観をはさまないで、素直に彼女が感じている「世界」を
理解できるようになれたらなあ、と思って、
機会があるごとに、あちこち出かけて話を聞いてきていますが、
こうやって、コメントをいただけることも、すごく助かります。
(なんとなく、ponchさんとナカリの共通点を感じる度に・・・強く思います。
ちなみに、ナカリも「励ます」のは嫌で「慰める」方が好きだそうです)

重ねてありがとうございました。


2015-11-27 金 23:20:34 | URL | ナカリ母 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad