■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

春になったら・・・
このところ少し暖かかったけれど、週末また寒さが戻るそうですね。
春は花粉も飛ぶし、環境の変化の時期で、子どもたちにも私自身にも辛い季節ではあるけれど、
やっぱり、おひさまぽかぽかキラキラでフレッシュな気持ちになれる時期でもあります。

小学校に通うという春に向けて、キラッキラッの瞳で、家の中でランドセルを背負って写真を撮ったこと、
実際に入学式を終えて、初めて朝の集団登校に向かう時、後ろから声をかけて写真を撮ったこと…
ちいさかった子どもの姿が写真とともに思い出されます。

でもね、「春になったら…」で一番思い出すのは実はトイレトレーニング。
本人にしたら、恥ずかしいからあんまり思い出したくないだろうことだろうけれど、
何かにこだわる気持ちがあってか、大きい方はどうしてもトイレでできず、紙おむつが手放せませんでした。
このままじゃ小学校に行ったら困るよ~と、「春になったらトイレでします」と、壁に貼り紙をして、
何度も何度も本人に言い聞かせていました。
でも「いつから春」という根本的なところを説明してなかった私。
そうとは知らずに、
母(子どもから見たらおばあちゃん)が、「明日は節分、早いね~暦の上では明日からだよ」
と、何気なく言ってくれたおかげで、なんとその翌日から、おむつ卒業!
自閉っ子のデジタル思考に本当に驚かされました。
以来、母は節分が来る度にその話をします(本人に言うのはもう遠慮したって~と釘を刺すのですが)。

他にも、あれは何のこだわりだったんだろう?と謎のままのことはいっぱいあり、
本人が覚えていること(保育所の帰り道に必ず同じ道路のくぼみを踏む、鉄板やマンホールを踏む)についても、
本人自身それが何故だったか?は分からないそうです。
お風呂が嫌で、数か月入ることができず、体を拭いたり水なしシャンプーで拭いたりしていたら、
友達のお姉さんがアイディアを出してくれて、
大好きだった人形のお風呂ぽぽちゃん(水着と浮き輪つき)と一緒に、本人も水着と浮き輪でクリア!
という経験も忘れられない思い出です。
お風呂の件は、当時の先生たちの分析によると、
服を脱ぐことによる温度変化など、本人にとって越えられない大きなハードルが「何か」あったんだろう、
とのことでしたが、やっぱりはっきりした理由は分かりません。

でも、何か理由があったんだろう、と、そこが大事、無理強いは禁物。

今は「謎の行動」は減ったけど、
人が苦手で自宅にこもっていることにもちゃんと「理由」があるわけだから、
焦らず、ゆっくり、じっくり、社会との接点を探していかなくては。

今年の春はどんな春になるかなあ

思い出 | 12:28:55 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad