■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

「我慢できない」のは道徳の問題ではない
今日は、2か月ぶりに親子で診察に行ってきました。

人混みが辛かった頃は、往復、車、でしたが、
今日は本当に久しぶりに、行き道をバスと電車で乗り切り、
ナカリ、頑張りました
途中、心配な場面もなく、これなら次も大丈夫そう、と安心できました。


で、ドクターに、この間の報告や年金の話を伝えて、
少し薬を変えてみようか、と相談したうえで、次回の予約を取った後、
さいごに、「何か質問はありませんか?」
と、先生から直接本人に聞いてくださったところ、
即座に「どうして(私は)イライラするんですか?」

先生は、にこやかに、
「そうねー、イライラするというのは自分の思いどおりにならない時
お母さんからの答えが自分の思ったようなものでなかった時、とか?かな。
思いどおりにならない時にイライラするのは、先生もそうだし、お母さんもそう。
だから、誰でもみんなイライラするんです。
その、イライラの程度が違うだけ
ナカリさんは、我慢が苦手です
だから、イライラのレベルを下げるお薬を使いましょう

そのやりとりを横で聞いていて、心の中で拍手していた私。
「我慢が苦手」ということに対して、
今までどれだけ「甘えている」「甘やかしている」と言われてきたことか…
(すみません、私自身もそう思ったことがあります)


でも今日、ドクターの言葉で、「我慢が苦手」ということは本人の障がい特性なんだ、
とハッキリ認識して、服薬はそのためなんだ、ということも含めて、
「我慢」を「道徳の問題」にすり替えてはいけない、と反省しました。


「さいてーさいあくのクソッタレ親!」と怒鳴られた時には私の我慢もキレるのですが、
映画「ベイマックス」を見て、ポロポロ涙を流して泣く娘も同じ娘。
彼女の優しい気持ちや繊細な心、素直で正直なところに癒されながら、
私自身は「理性」や「人間観」の問題として「我慢」できるように、と、改めてこころしました。



追記
「一番我慢強い人、って誰だろう~?」と、薬局で待ちながら親子で話した時、
すぐにナカリが「おじいちゃん」と言ったので、じーん
そうやねー、おじいちゃんの我慢強さは半端なかったもんねー。
でも「痛いのに痛くない」っていうと、お医者さんは困ることもあるんだよ、これも程度の問題やね。
ふふふっと親子で笑いながら、「おじいちゃん」のことを思い出し、母に電話したら、母も涙、でした。





子どもの日常 | 17:07:35 | コメント(8)
コメント
はじめまして。
深夜にお邪魔します。

お話を読んでとても暖かい気持ちになりました。

ぼくも障害持ちで当たり前のことが出来ない事があり、理解されなかった頃は辛かったです。
それとは別に障害を持っているからこれは無理だろうと決め付けられるのも辛いものです。

お子さんの一番の理解者でいて下さい。
2015-11-12 木 00:29:27 | URL | S-KP61 [編集]
当たり前とか らしくとか 普通にってよく使われる言葉
正論は時に酷くひとを傷つけるものですよね
まんまの姿を優しく言葉にしてくれた先生 素適ですね

ひとって頭に血が上ってカッとなるピーク時間ってほんの数秒なんだって
その数秒で深呼吸すると穏やかに話が出きるそうですよ^^
それを知ってから俺は実行するようにしています

ナカリちゃん やっぱおじぃちゃんが大好きなんだねぇ^^
2015-11-12 木 07:33:35 | URL | K's [編集]
「待て」が苦手
私も我慢と似ているような気がしますが、「マテ」が苦手です。

ちょっと分かりにくいかもしれませんが、
結果がすぐに見えないといけない、
先が見えない時間がどうしようもない気持ち、
早く!早く!ってなってしまいます。

でも、この記事を読んで、
障害の特性だと思うと楽になりました。

薬で落ち着かせる。
そして自分自身が、
障害の特性ということを知って自覚するという事も
大事なことだなぁと思いました。

わかっちゃいるけど...(苦笑)
2015-11-12 木 16:14:01 | URL | すみ [編集]
S-KP61さんへ
ご訪問&コメントありがとうございます!

私自身、娘や息子の理解者であろうと努めているつもりですが、
こちらの気持ちが子どもたちのの思いとズレてしまっていたり、
良かれと思ったことが違う形に伝わったりで、模索続きなので、
当事者の方から客観的なお話をきけるのは本当に感謝です。
はい、これからも頑張りますね、本当にありがとうございました。


2015-11-12 木 22:12:30 | URL | ナカリ母 [編集]
K'sさんへ
カッとなったら深呼吸、そうですよね。
我が家でも、数を大きく数えながら深呼吸、と、貼り紙していた時期がありました^^;

ドクターが、いつも真っ直ぐ本人に向き合って、適切に応対してくださるので助かります。
私も見習わなくちゃあ~

誰が一番我慢強いか、で、私はてっきり、マザーテレサとか出てくるかと思ったら、
おじいちゃん!と答えたのには驚かされました。
おじいちゃんも、天国で、きっと照れ笑いしていることと思います(*^^*)

2015-11-12 木 22:20:40 | URL | ナカリ母 [編集]
すみさんへ
誰にでも苦手なことってありますよね。
努力とか気合とかで何とかなるものではなくて・・・

そのあたりの「個性」「特性」を、まんま、受け入れつつ、
少しでも楽にやり過ごしていく方法を一緒に考えてくれるのがサポーターなんだなあ、
って、私も改めて身が引き締まりました。

すみさんのお気持ちがちょっとでも楽になってもらえて良かったです。
コメントありがとうございました^^


2015-11-12 木 22:23:39 | URL | ナカリ母 [編集]
見ていて自分のことのようで、身につまされました。涙が出ます。

恥を凌いでいってしまうと、自分も先日交流のあるブロガーさんから、自分の話ばかりしていると、やんわり指摘されてしまいました。

ブロガーさんから指摘されるなんてよっぽどですよね。
あまりの恥ずかしさに自分で自分をぶん殴りたいです。

また自分の話ばかりで済みませんでした。

ただナカリさんには、世の中には40過ぎても自分みたいなバカがいるんだと、反面教師として励みになればいいなと思いコメントしました。

このことは後日記事としてまとめたいと思います。
2015-11-13 金 00:22:29 | URL | ponch [編集]
ponchさんへ
コメントありがとうございます、また、相互リンクもありがとうございました。

40歳過ぎてなお、夢を追いながら、自分の特性とも向き合いながら創作活動に励んでらっしゃるponchさんは、反面教師どころか、お手本です。
励みにさせていただいています!

自分の中に生まれて来るいろんな感情を処理しきれずに、
素直に爆発させる娘ですが、少しずつコントロールもきくようになり、
ドクターのお話に素直に頷いていました。
これからも見守ってやってくださいね。


2015-11-13 金 19:35:53 | URL | ナカリ母 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad