■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

「ランドセルは海を越えて」
社会参加、ということで思い出したのが、
子ども二人のランドセルをアフガニスタンに贈る活動に参加したことです。

公益財団法人ジョイセフ

何かの記事でそうした活動があるのを知って、娘と相談し、
使わなかった文房具と一緒にランドセルを二つ、箱詰めして送りました。

送ったのはだいぶん前のことなので、
今頃は現地に届いて、誰かの背中に背負われている事と思います。

送ってしばらくの間は、よくHPをチェックしていましたが、
最近はすっかり忘れてしまっていました。

「想い出のランドセルギフト」

息長く活動を続けておられることに頭が下がります。

世の中にはいろんな活動があるんだ、と思い出す事もできて、
娘と一緒に懐かしい気持ちになりました。









思い出 | 18:36:49 | コメント(4)
コメント
子供達のこの笑顔 美しいね
この運動知りませんでした
学ぶということは変わる 変われるということ
世界が学び変わっていくことを願います

実践して参加されたママさん 素敵です
2015-11-03 火 00:16:06 | URL | K's [編集]
ナカリママさん、こんばんわ!!!

日本のランドセルは作りもしっかりしていて、
かなり持ちが良いですよね...(^^)

"学べる事の喜び"を同じ空の下で感じながら、
誰かが笑顔になれる事を祈りたいです。
社会活動...思っていてもなかなか行動出来ない事が多いですが、
しっかり行動、実践されている所...
ほんの少しでも見習わなければと思います(^^;
2015-11-03 火 19:46:43 | URL | ムゥ [編集]
K'sさんへ
ほんとうに、子どもたちの笑顔にまさるものはないですね^^
ランドセル=小学校、には子ども二人ともいい思い出が少なかったのですが、
違う形で誰かの役に立てることで、すてきな思いでが加わりました。

学校全体やPTAで取り組んでいるところもあるみたいです。
活動が継続、発展していきますように~!



2015-11-03 火 20:40:55 | URL | ナカリママ [編集]
ムゥさんへ
ランドセルって、ほんと、強いですよね!
息子のなんて、ほとんど新品だったので(笑)、
映像を見ていると、机としてもきっとお役に立てているのではないかと思います。

「同じ空の下」で「誰かが笑顔になれること」を祈る、って、すてきですね。

こうした活動を最初に思いついて実現された方や、陰で支えておられるスタッフの方、
広報を工夫をされている方たち全てに対して、私も見習わなくちゃ!と感じます。

寄付の際、どういう理由でどのくらいの経費が必要か、が明示されていて、
ただランドセルを送るだけでなく、送料含めて途中の費用負担も込み、
という形をとっているところが、組織として立派だなあと感じました。
そして実際の途中経過(検品、仕分け、輸送、配布)が映像で公開されていて、
誠実さや活動への強い意志を感じました。

それでもまだまだランドセルは足りません、とのことなので、
今後も、この活動が広がっていくことを願います。


2015-11-03 火 20:51:04 | URL | ナカリママ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad