■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

良かったことを大切にする
今日は職場に来客があったので、いつもより早く家を出ました。
がんばって一緒に早起きした娘が、玄関まで見送ってくれて、いつもの
「無事にね。無事に帰ってきてね」という言葉と一緒に、ムギューとハグ。
「うん、ちゃんと帰ってくるよ」


少し前に読んだ「イライラ」対策の本を読んだら、小さい頃の写真を見るのがいい、とあって、
押し入れからアルバムを引っ張り出してきて置いたままです。
娘は、懐かしそうに見てましたが、おじいちゃんが出てきたところで涙がほろり。

ほんと、小さい頃のことを思い出すと、それだけで胸一杯になります。
いろんな事あったな。

「学校」に関しては辛い思い出の方が多いけど、母子通園施設や保育所時代は、
日々大変ではあったけど、親にも子にもたくさんの人が関わってくれたし愛してくれた。
卒園式で歌った詩をワードで打って、娘の学習机に挟んだのが、ついこの前のよう・・・
今も挟まったままの詩、ふたつ。
「さよならぼくたちのほいくえん」と「にじ」です。


「さよなら」の方は、ようちえんバージョンもあるのを発見。
「にじ」は歌詞が表示されたものを見つけられなかったけど、
どちらも子ども達の歌声と写真が素敵なので、この動画を選びました。







この最近、ほんとに落ち着いています。
保育所時代の思い出にひたれる動画を見つけて、母の気持ちも上向き!


「きっとあしたは いいてんき」 




思い出 | 17:10:05 | コメント(6)
コメント
こんばんは

 ふたつとも初めて聴きましたが、いい歌ですね。詩が心に沁みます。
 長年にわたってたくさんの曲を聴いてきたつもりですが、知らない良い歌がたくさんあるのですね。
 写真もすてきです。
 小さい時は周囲から愛され、年齢が進むにつれてつらい思いをすることはけっして許されることではないですね。
 ご家族の頑張りも必要でしょうが、支援してもらえる組織やシステムをぜひみつけていただきたいと思います。遠くから応援いたします。
2015-10-23 金 22:11:19 | URL | mikitaka08 [編集]
今はこんな唄が幼稚園とかで歌われているんですねぇ
俺の頃はこんなおしゃれじゃなく 童謡くらいだったっけw
思い出だけじゃなく これからのことで落ち着くことができるようになるといいね

昇らぬ朝陽はない 曇りでも雨でも雪でも
お陽様は必ず昇ってくれてるよ^^
2015-10-24 土 01:45:39 | URL | K's [編集]
おはようございます
無事にね!の言葉でのお見送り
いいですね。
ママさんの気持ちが落ち着いていると、きっとナカリさんも
心が平安でいられるのでしょうね。

子どもが小さい時の写真を見ると、いろんなことが思い出されますよね。
小さい時の可愛さって特別ですよね(o^-^o)
卒園の時が一番感動したかもなぁって、この歌を聴いて思い出しています。
2015-10-24 土 08:08:23 | URL | 花梨 [編集]
mikitaka08さんへ
ありがとうございます、いい詩なので、卒園してからも忘れたなくて、
机に挟んだままでした。
小さい頃はそれなりに辛かったけれど、
まわりで関わってくださる支援の人数は大変なもので、
それが、「学校」という大きな場に入って、そこから外れてしまってからは
少ない出会いに頼らざるを得なくて、
それでもまだ少なくても親身になってくださる方がいるだけありがたい、
という感じです。
先は長いですので、ゆっくりいきます、いつも応援していただいて心強いです。
重ねてありがとうございました。


2015-10-25 日 09:45:00 | URL | ナカリママ [編集]
K'sさんへ
可愛いだけじゃなくて、確かにオシャレな感じですよね^^
「にじ」の歌詞は、全部聞き終わった後に表示される
二人組のお兄さん(カラフルポケット)が歌う映像に出てましたね。
そんなのを聞くと、子どもの歌、というより、十分大人の歌です・・・
虹が出た後、いい天気になっていい気分になる、という前向きさが好きです。


2015-10-25 日 09:52:45 | URL | ナカリママ [編集]
花梨さんへ
そうなんです!わたしも一番感動したのは保育所の卒園式でした。
小学校は下の子のだけ参加、中学も高校も二人とも参加してないので、
比べるわけにはいかないのですが、
お世話になった場所、先生方、友達、という意味で言うと、
保育所が一番心に残っていて、今でもウルッとくる感じです。

「なんどわらって なんどないて」の次に「なんどかぜをひいて」と出てきたときには
涙涙でした。
子どもを育てるのって、ほんとに心配の連続で、親ってこんなに大変、と、
我が親のことを考えさせられたものです。

いつもありがとうございます。心の平安、保ちたいです^^


2015-10-25 日 10:02:38 | URL | ナカリママ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad