■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

映画「シンプル・シモン」
準新作扱いの映画を先週末、ツタヤで借りてきました。
今日、娘と一緒にスウェーデン語で、日本語字幕で見ました。



設定としては、以前書いた 映画「ラースとその彼女」 に近い感じがしました。

→対人恐怖、アスペルガー(どちらも極度の接触拒否)の弟と、彼を心配し面倒を見続ける兄(とその妻、彼女)
が主人公の物語で、家族の立場から感情移入して観入ってしまいました。

「ラース」はしっとり、ほっこり、じ~ん系・・・だったけど、
それとは違う、ポップでキュートな感じがこの映画の魅力になっている気がします。
ネタバレですが、
私が一番グッと来たのは、シモンが持ち歩いているお兄さんの写真の裏側に
「僕はシモンの兄です。弟が迷惑をかけて本当にすみません。
アスペルガー症候群のためです。電話をください。壊れた物は修理します。」

と書かれてあるのが読み上げられたシーンです。

自閉っ子のお母さんたちも、迷子に備えて本人の特性や連絡先を書いたカードを持たせることが多いのですが、
きょうだいで、こうやってカバーしてくれるなんて・・・胸が詰まりました。

シモンは両親に対して心を開かず、会話も成立せず、シモンの世界に自分の方から近づいていく兄
(ドラム缶の中に引きこもっているシモンに、「こちら地球、シモン応答せよ」と話しかける)が唯一の理解者、
という感じで描かれています~でも、毎日きちんと清掃の仕事をしているところは、さすが北欧。
こんな風に、社会生活が出来たらなあ・・・

会話が噛み合わなかったり、ものごとを100か0かで判断してしまったり、
パニックになって暴れたり・・・我が家も重なるシーンがいろいろありましたが、
軽いタッチで描かれていたので、ナカリ本人にはあまりピンとこなかったみたい
(彼女にはむしろ「ラース」の方が共感できた・・・?)。

2011年のアカデミー賞外国語映画賞スウェーデン代表作品でもあったようです。
公式HP

見ることが出来て良かった、可能ならまた見たいな、と思った映画でした。
エネルギー充填して、今週もがんばろう~~





読んだ本・文章、見た映画・ドラマ、聴いた音楽 | 17:39:37 | コメント(16)
コメント
こんばんはー^^

予告編を拝見しましたが、なんか(いい意味で)『くすっ(*´▽`*)』っと笑える感じのところがいいですねー♪

『障がい』っていうのを語るときに、その『大変さ』っていうのがクローズアップされやすいと思うんですが、確かにそういう面は大きい面ではあると思うけれど、日常の中でのちょっとポップさが見られるとまた違った見方ができるのではと思います。

こういう映画をもっとテレビとかでも放送してくれたらいいのになぁ(*'ω'*)
2015-08-31 月 18:33:04 | URL | 真知子 [編集]
真知子さんへ
こんばんは!
早速見てくださってありがとうございます~

そうなんですよー、クスッとするシーンが、いろいろありました。
ポップでコミカルで、かつハートフル・・・良い映画でした。
ほんと、こんなのを地上波でも流してほしいですね~(^0^)


2015-08-31 月 20:08:55 | URL | ナカリママ [編集]
映画とか見なくなってしまってて・・・
随分とゆとりのない生活してるなって
まったく違うこと考えてました^^;

こうした映画がもっと見られて世間の認知が進むといいですよね
2015-09-01 火 09:24:40 | URL | K's [編集]
K'sさんへ
お忙しくされておられて大変だろうなあ・・・と、
のんびり映画を見てしまって申し訳なく思います~

せめて、キュートな雰囲気だけでも伝われば嬉しいです(^-^)


2015-09-01 火 18:05:49 | URL | ナカリママ [編集]
こんにちは~。
私のブログのパスワード、変更した記憶がないんです...(←??なんなんだろう...)。

この記事を読んで、この「発達障害者の背中を支える妹bot」というツイッターを思い出しました。

https://twitter.com/isam3lbot

私には姉がいるのですが、このツイートで、私は結構救われた部分があります。

昨日、実家から私の通知表を持ってきたところ、小さい頃は、大人しいだけだったという私の記憶だったのですが、片づけができない、忘れ物にチェックマーク、集団行動ができない、秩序が守れない、前半は落ち着きがありませんでしたが...などとADHDを思わせる記載があって、やっぱり...と自覚してきました。いい面では、ユニーク、独創的などという記載もあって、ちょっと救われつつ...。でも、ネガティブな部分がかなり多い(涙)。時代が違えば、理解してもらえてたかな、とも思ったり。

あ、そういえば、この自虐的な記事でも救われたりしてます(笑)。
「注意欠陥・多動性障害出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』」
http://bit.ly/1CvkRN0

(リンク、上手く貼れるかなぁ。)

私も、こういう映画を観たらまた救われるかな?と思ったりします。
ナカリママさんの紹介には、得るものが多くて、また、いろいろ紹介してくださいネ(^^)♪




2015-09-01 火 18:25:50 | URL | すみ [編集]
パスワードを忘れて編集ができなかったので、もう一度~(笑)
無理かなぁ~。エイっ!


「発達障害者の背中を支える妹bot」

http://bit.ly/1X9Wm4j

https://twitter.com/isam3lbot




2015-09-01 火 18:39:59 | URL | すみ [編集]
何度もすみません(..)ブログの更新しましたー。
何度もコメントすみません(汗)。
ブログの更新、1カ月ぶりくらいにやっとできました。
例の私の通知表を載せてみました~。
みなさんにとって、良い2015年の9月となりますように♪
2015-09-02 水 13:34:59 | URL | すみ [編集]
すみさんへ
お帰りなさい~~

再開ブログに早速お邪魔しました^^
昔の通知表をきちんと取ってあるなんて、整理整頓云々の評価の真逆ですよー、
すごぉーい。

私も、すみさんが紹介してくださるいろんな情報に元気をいただいてます!
また楽しみにしていますね。
ありがとうございました。


2015-09-02 水 16:14:09 | URL | ナカリママ [編集]
こんばんは
 
 ツタヤにはスエーデン映画も置いてるのですね。
 DVDのタイトルを見るだけで目が疲れるため、あまり行かないのですが、面白そうですね。
 映画を見る時もハリウッド中心のアメリカ映画ばかり見がちなのですが、最近はいろいろな国の映画に傑作が多いようで、視野を広げて行きたいと思います。
 面白そうな映画のご紹介ありがとうございます。
 
2015-09-02 水 22:53:20 | URL | mikitaka08 [編集]
mikitaka08さんへ
こんばんは

はい、スウェーデン語を聞く機会はほとんどないので新鮮でした!
北欧のカラフルなインテリアやファッションや、
見る視点を変えたらいろんな幅の観客を引き寄せることが出来るなあ~
と思った映画でした。

重すぎず、軽すぎず、でもハートフル。
時間も1時間半くらいで気軽に見れる造りになっていて親切な感じでした!
(↑ すっかり、はまってますね^^;)


2015-09-02 水 23:03:48 | URL | ナカリママ [編集]
初めまして。
初めまして。
訪問者リストよりお邪魔させて頂きました。

この映画、障害者情報バラエティーでも紹介されていて
気になっていました!
気になりつつも忘れていたのですがこちらで予告編を観て
観たいという気持ちが再度強くなりました。

私もどこか借りられるところや
安く買える所を探そうと思います。

シモンがつけているバッジがほしくてなりません(笑)
2015-09-05 土 11:16:42 | URL | 澪薙町703番地 [編集]
澪薙町703番地さんへ
はじめまして!
コメントありがとうございました^^

「シモンがつけているバッジ」、はい!私もいいなあ~と思って見てました。
見えない障がいリボン(過去記事で触れましたが)や、
ただいま訓練中、のバッジ、は日本でもありますが、
あんな感じのおしゃれな缶バッジって、すてきですね。

実は私もまた見たいな~と思って、安く買えるところを探そうかと思ってるくらいです。
おススメです!

また伺いますね、こちらにもぜひいらしてください、今後ともよろしくお願いします。


2015-09-06 日 22:54:22 | URL | ナカリママ [編集]
シモンちゃんに同感っ(>_<)
またまたネタバレになりますが、
俺はシモンちゃんの両親や兄の恋人フリーダーと、会話が合わずに上手く行かない事には同感です/(´O`)\

フリーダーは些細な事ですぐ怒って逃げるのに対して、イェニファーはかなり天然なところが可愛いです。

最後がどんな結末なのかを想像させられます。
2015-09-15 火 23:12:41 | URL | 渋谷 Robin [編集]
渋谷 Robinさんへ
コメントありがとうございます。

そうですよね!私も見ていてロビンさんに同感でした。
登場していきなり「プシュ、地球からシモンへ」と、マイクのように手を口元に当てて喋り出した時から、すてきなお兄さんだなーと惹きつけられましたが、ご両親やフリーダーのような対応ではシモンが辛いだろうと・・・。

イェニファーの天然なところ、私も可愛いなあって思いました(何回もシモンに突きとばされて、池にまでおっこっとされちゃっても、キレないのはすごい~!)
ハッピーエンドが嬉しい映画でした♪

2015-09-16 水 22:09:54 | URL | ナカリママ [編集]
こんばんは。

>私が一番グッと来たのは、シモンが持ち歩いているお兄さんの写真の裏側に
>「僕はシモンの兄です。弟が迷惑をかけて本当にすみません。
>アスペルガー症候群のためです。電話をください。壊れた物は修理します。」
>と書かれてあるのが読み上げられたシーンです。

僕もこのシーンはグッときました。
兄のシモンに対する愛情がよく分かる良い場面ですね。
2015-11-07 土 20:44:49 | URL | バニーマン [編集]
バニーマンさんへ
コメントありがとうございます。
あの場面、同じ感じでグッときてもらえたんだなあ~って、嬉しかったです。

バニーマンさんの記事も紹介させてくださいね ↓
「バニーマン日記  シンプル・シモン」
http://oukei1963.blog90.fc2.com/?no=486

不思議なご縁で、mikitaka08さんにも改めて感謝です^^


2015-11-08 日 01:58:53 | URL | ナカリママ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad