■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

長崎平和祈念式典と「アメリカンスナイパー」
今朝は娘と一緒にナガサキの式典を見ることが出来ました。
6日にNHKドキュメントを見てから、いろいろ考えている様子なので、
一緒に考え続けられたら、という気持ちでチャンネルを合わせました。

ちょうど30年前に直接お話を伺うことが出来た谷口稜曄(すみてる)さんが被爆者代表として言葉を述べられ、
もう86歳になられたのかと思うと、
どうかこの後も一日もながくお元気で語り継いでいたきたい、と祈る思いでした。

谷口稜曄さん h2tkaavt

谷口さんの被爆体験(長崎放送)



今年亡くなった父が83歳、入院中の母が79歳。
二人とも空襲経験者なので、私自身いろんな場面で話を聞いてきたし、
孫たちも子どもの頃から機会がある時には祖父母の話を聞いてきたのですが、
式典の中で、今年、被爆者の平均年齢が80歳をこえた、ということを聞き、
改めて、直接話を聞くことの大切さを感じています。


「次の世代、って何?」
「まだ生まれてない子どもも含めて、これから先を生きていく人達のこと。
自分たちが死んだあとのことも考えられるようにならないとね」

「若者、って何歳?」
「うーん、場面によって、何歳までとかは変わるだろうけど20前後~30歳くらいかなあ」

「子ども、って何歳?」
「それも、いろいろだけど、小学生までは確実に子どもかな」

その場その場でツッコんでくるとともに、
引き続き、「誰が悪者?」という大きな疑問が消えない娘ですが、
一言では答えられない、複雑な歴史や現在の世界について、
これからも親子で話したり考えたりすることを大事にしたい、
と思いながら、親子で黙とうしました。




そして午後。
猛暑の中、空調のきいた自宅で親子でゆっくりできることに感謝しながら、
夫が「見たい」と言って借りてきた映画「アメリカンスナイパー」を見ました。

「アメリカンスナイパー」(2014年アメリカ映画)
→予告編、公式サイトにリンク
アメリカンスナイパー aysk7qov


娘も私の隣で自分のイラストやノートを見ながら、ちらっちらっとテレビの画面を見ては、
やっぱり「誰が悪者?」の問いを投げかけます。
生々しいイラク戦争の場面を見て、
こうやって戦うには、ものすごくたくさんのお金がかかる、
お金が動く時に、自分の損得だけを考える人がいたら戦争が無くならない、
子どもも巻き込んで、相手が憎いと思う気持ちが双方の側で繰り返されると止められない、
・・・などなど、自分で実感したことを話しながら、娘と並んで座って最後まで見ました。


大人二人、クリント・イーストウッド監督作品ということで期待して見たのですが、
実話がもとになっているということも含めて、賛否いろいろあるようです。
私も見終わってからも心の衝撃がなかなか消えません。


週末の親子ジョギングで体を動かしながら振り返れたらな・・・と思います。
これから走りに行ってきます









読んだ本・文章、見た映画・ドラマ、聴いた音楽 | 17:59:24 | コメント(8)
コメント
こんばんは^^

まだまだ暑いですが、ご家族でジョギングはいかがでしたか?

さて、谷口さんの被爆体験のリンクを拝読しました。
あまりに想像を絶する壮絶な体験で、言葉を失いました・・・・・

もちろん、谷口さんだけでなく、体験されたその一人一人に刻まれたものがあるのだと思いますが、これだけ見てもやはり『戦争や核兵器の使用はなくそう!』と強く思います。

今日もこうして考えるきっかけを作ってくださってありがとうございます('◇')ゞ
2015-08-09 日 22:52:28 | URL | 真知子 [編集]
真知子さんへ
早速リンクまで見ていただき、コメントもありがとうございました。

ジョギングは、以前と比べると時間も距離も短くなっていますが、
外出のハードルが下がって、とにかく毎週続けることが出来ているので、
ゆるゆる楽しく走りたいと思っています。

先週までは、少し山の方まで登らないと聞こえなかったヒグラシが、
今日はずっと下の雑木林からも聞こえてきて、
夏が少しずつ遠ざかっていく気配を感じました。

谷口さんにお会いしてお話を伺った時のことは、今でも忘れられません。
どんなに少人数の集まりでも、その度に精一杯想いを伝えてくださる、
その活動をずっとずっと続けておられる、その谷口さんの今日のお姿を見て、
改めて、何か自分にも出来ることを・・・という気持ちでいっぱいになりました。
その思いを、真知子さんが受けとめてくださったこと、
このブログを読んで拍手してくださる方がおられること、に、
改めて感謝です。

こちらこそ、ありがとうございました。

2015-08-10 月 00:01:41 | URL | ナカリママ [編集]
何万人もの命を奪い今だその影響で苦しむひとを・・・
何万とか言うと そうかぁ酷いなって思うけど
ひとりひとり その周りのひとの哀しみ苦しみが何万通りもって考えるとさ
もう痛くて痛くて言葉を無くしてしまいます
映画になるとどうしてもいい方と悪い方などと見えてくる
正義は戦争にありえないのです!

アメリカが争うことをやめられないのは正義とかなんでもなくて
それによって利潤をもたらされるからなのです
ぶらさがってる議員がいるからなのです
政ってのは正義のもとにあって欲しいと願うばかりです
2015-08-10 月 01:59:10 | URL | K's [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015-08-10 月 09:23:42 | | [編集]
K'sさんへ
ひとりひとり、の命の重み、というのを考える時、
K'sさんが書かれておられるように、
>その周りのひとの哀しみ苦しみが何万通りもって考えると
本当に戦慄を覚えます。

子どもからいろいろと質問される度に、
「なぜ?なぜ、そんなアカンことが起こってるの?止められないの?」という
問いへの答えに窮してしまいますが、
知ろうとすること、考えることを止めないこと、の大切さを考えさせられます。
片時も忘れられないで70年を過ごしてきた方々のことを、
私も忘れないように、と思います。



2015-08-10 月 10:24:19 | URL | ナカリママ [編集]
鍵コメントさんへ
おはようございます、いつもコメントありがとうございます。

鶴瓶さんの記事、検索してみました。

『戦後70年 樹木希林ドキュメンタリーの旅』
http://lite-ra.com/2015/08/post-1369.html
→自由奔放な樹木にしても、芸能人がテレビで政治的発言を行うことがいかに難しいことなのか、それをよくわかっているからこそ、鶴瓶の態度に感心したのだろう。(中略)
おかしいものにおかしいと言って、なにが悪い──。この勇気ある発言が全国に流れなかったことはつくづく残念でならないが、鶴瓶と樹木、そして東海テレビには拍手を贈りたい。


ご紹介ありがとうございました。

2015-08-10 月 10:36:12 | URL | ナカリママ [編集]
こんばんは。

僕の親は幸いに空襲にはあわなかった(住んでいた町は空襲があった)ので、
戦争中の話は、迷惑だったぐらいで済ませていますが、本当に戦争だけはやりたくないもの(やられたくないもの)です。

アメリカン・スナイパーは、なかなか一言で感想が言えるタイプの映画ではないですね。
でもそうやっていろいろと考えることが大切なのではと思います。
2015-08-21 金 21:03:05 | URL | バニーマン [編集]
バニーマンさんへ
ご訪問&コメントありがとうございました!

ツタヤで借りてきたDVD・・・返却する前に私だけもう一度見ました。
初めて見たときより「心構え」を持ってみたにもかかわらず、
やっぱりかなり心をかき乱されました。

バニーマンさんがブログで詳しく述べてくださっているようには
上手く感想をかけなくて(汗)、
それでも、やっぱり、見て良かったという気持ちには変わりないので、
>そうやっていろいろと考えることが大切なのでは
と言っていただいてホッとする思いです。

話題になった映画なので見られた方も多いのではないかなあ~
記事中で紹介したレビューや、公式サイトの著名人からのコメント欄を読んで、
「考える」ことを継続したいと思っているところです。


2015-08-22 土 17:51:07 | URL | ナカリママ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad