■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

こんな日が来るなんて・・・
良い意味でも悪い意味でも、そう、思ったことは今までに何度もあります。

もういつ死んでも悔いはない~と感謝いっぱいになった時もあれば、
何でこんな目にあうの!と、悔しさや苛立ちや悲しみでいっぱいになった日も。


上がったり、下がったり、気持ちって勝手なもんだなあー、と自分でも思いますが


今日は、仕事帰りに駅で電車を降りて空を見たとたん、真っ赤なゆうやけに「うわぁ!」
思わず娘に電話して、「空!空、見てごらん」と言ってしまいました。
「外、出なくていい?」
「ベランダからでいいよ、どんどん日が沈むから、お母さんが家に着くころには暗くなっちゃう~
綺麗だから、今、見て!
携帯を持ったまま階段をトントン昇る音・・・ 「ほんとや、きれい! 写真撮ろうかな?」

そう言って、携帯で撮ってくれたのがこの写真です ↓

ゆうやけ2

ゆうやけ1



ほんの数分の間にどんどん変わっていく風景。
その一瞬一瞬を、一緒に見たい!と思えたこと、
その気持ちを娘が自然な形で受け止めてくれたこと、・・・に、一人ひそかに感動。


俵万智さんの、「寒いね」と話しかければ「寒いね」と答える人のいるあたたかさ、
を思い出しました。


期せずして?自分の鬱体験について明記してしまいましたが、

発作的にどこでもいいから電車に飛び乗ってどこか遠くへ居なくなってしまいたくなった時のことや、
地下鉄のホームから線路の方に吸い込まれるような気分になって必死でダメダメと留まったことや、
とにかく何も(飲むのも食べるのもトイレも)する気になれず延々と横たわって脱水寸前になったことや、
娘の一挙手一投足にピリピリと緊張が走って、ほとんど眠れず、こわいこわいと思い続けた日々や…

思い返すと、またこうして穏やかで平和な時が戻ってきていることに、希望を見出します。


今が辛くて苦しくて、しんどくて、「渦中」にいる人は、ブログを見ることも書くこともできないと思うけれど、
いつかきっと、・・・と、希望だけは握りしめて、生きていて欲しい。

「私なんか産まれなければ良かった!」「何で産んだのよ!」
と、泣き叫びながら暴れる娘を抱きしめて「ごめんね」しか言えなかった時もあったけど
今なら、
産まれてきてくれてありがとう、生きていてくれてありがとう、
という気持ちを穏やかに受け止めてくれると思う・・・


ありがとうでいっぱいな夕暮れでした。
明日も暑くなりそうだけど、みんなにいい日になりますように!







子どもの日常 | 22:11:56 | コメント(18)
コメント
他の人から見れば、『何気ない日常』に思える出来事が、何倍も輝いて観えるのは、もしかしたら辛いと感じる時期を経験してきたからこそかもしれません(^-^)

距離は離れていたけれど、ナカリさんと共に美しい夕陽を共有できた事、よかったですね(*^^)v
2015-07-24 金 23:13:16 | URL | 真知子 [編集]
真知子さんへ
ありがとうございます。
「共有」って本当に嬉しいことですよね。
真知子さんにもよかったと言っていただけて、さらに喜びが増します。
不思議ですね~  
美しい夕陽を世界中のたくさんの人と共有できたらいいなあーと夢が膨らみました^^


2015-07-24 金 23:33:23 | URL | ナカリママ [編集]
俺も自然の中でファインダー覗きながら よく涙しますw
ひとつになれるって素晴らしいことだよね
こういう一瞬があるから生きるって素晴らしいんだ
俺がブログ9年半で言い続けてきたことは
たとえどんな風になっても
「生きなさいな!」 「生きてこそだよ」
2015-07-25 土 00:37:53 | URL | K's [編集]
K'sさんへ
空を見て
綺麗だなあ~とか、この空はずーっと繋がってるんだなあ~とか、
感動の波が押し寄せるとき、生きてる素晴らしさを実感します。
9年半にわたってK'sさんが伝え続けてこられた思いが、
いろんなところに広がって繋がって、私も出会えたんだなあ・・・
ほんとうに「生きてこそ」ですね。
ありがとうございました!

2015-07-25 土 13:31:52 | URL | ナカリママ [編集]
ナカリママさん、こんにちは!

何か一瞬でも心通わせられたと実感出来る時...
本当に至福の感覚を感じますよね!?(^^)

なかなか気持ちを共有しずらいとか言われているし、
そう感じてしまう時もあるけれど...
だからこそ余計に共感出来たと感じられる時の
大きな喜びがあるのかな...

それは決して"無い・不可能"なのではなくて、
しっかりと"ある..."という事。
それを大切にしたいですね...
2015-07-25 土 14:50:05 | URL | ムゥ [編集]
こんにちは^^。
いつも拍手ありがとうございます♪
(ナカリママさんですよね、きっと。)
先日、娘にひどいことを言われて、
消えたいと思って家を飛び出した時に、
私もひどいかもしれないけど、
「好きで産んだんじゃないって言いたかったけど、
好きで産んだんだった(笑)またね!」
と、メールを送りました。
産める状況ではなかったけれど、
どうしても産みたかった大切な小さな命だったという事を
いつか娘が分かってくれたらいいなぁって思います。
そのあと、泣いて「ごめんなさい」って娘から電話がありました。


2015-07-25 土 14:50:23 | URL | すみ [編集]
ムゥさんへ
そうですよね!分かります。
共有できなくて落ち込む場合も多々あり・・・
そのあたりの困難さが関係の難しさに関わっているように感じ、
(こちら側からの受けとめ方として)しんどくなってしまうことも多く・・・

だからこそ、通じた!共有できた!瞬間の喜びもまた「至福」です。

>決して"無い・不可能"なのではなくて、 しっかりと"ある..."という事。

おっしゃるとおりと思います。私も大切にしたいです。
ありがとうございました。

2015-07-25 土 16:29:24 | URL | ナカリママ [編集]
すみさんへ
はい、私です~♪
素敵なことばがたくさんで、何回も押したくなっちゃってます。

先ほどはコメントとメッセージと間違えてごめんなさい。

娘さんとのメールのやりとり、じーんときました。
母として命を産みだした想い、いつかきっと伝わる、って思います。
(私も)

ありがとうございました(^-^)



2015-07-25 土 16:38:19 | URL | ナカリママ [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015-07-25 土 18:51:48 | | [編集]
鍵コメントさま
お知らせありがとうございました。
こちらからも訪問させていただきます。

2015-07-25 土 20:57:29 | URL | ナカリママ [編集]
まるで自分もその場にいるかのような気持ちになれた記事でした。

ありがとうございます。
2015-07-26 日 07:56:27 | URL | どみどりくん [編集]
どみとりくんさんへ
一緒にその場にいる気持ちになっていただけて、刻々の自然の変化の感動を分かち合えたようで、私もさらに嬉しいです。

ふしぎ発見の記事にも、度々感動しています。こちらこそありがとうございました!
2015-07-26 日 09:30:55 | URL | ナカリママ [編集]
ナカリさんありがとう
きれいな夕焼けですね。
夕焼けだと次の日は晴れるって言いますよね。
良い方向へ向かうような気持ちになります。

ママさんの心も良い方向へ向かいますように・・・

ナカリさん 素敵な画像ありがとう

2015-08-05 水 19:07:40 | URL | 花梨 [編集]
花梨さんへ
ナカリへのメッセージをありがとうございました。
ナカリも照れながら喜んでいます。

今日も仕事帰り、ちょうど同じくらいの時間に西の空が赤く染まって綺麗でした。
沈みゆく太陽の光に照らされて、むくむくと高く積み上がった入道雲の片面が、
くっきり白く輝いていて、見ていると、力をもらった気がしました。

帰宅してからパソコンを開けて、あれは花梨さんからのエールだったのかしら・・・
なんて思いました。(^-^) ありがとうございました。

2015-08-05 水 20:25:03 | URL | ナカリママ [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015-11-14 土 14:44:03 | | [編集]
11月の鍵コメントさんへ
ご縁をいただいて、訪問してコメントまで下さって、
こちらこそ、本当にありがとうございました。
私の周囲でも、もうこの毎日を終わらせたい!と、発作的に車のハンドルを切りたくなる、
という話をしてくれた友達が何人もいます。
辛いですよね、そして、なかなかその思いは似た経験を持つ人でないと共有しにくくて・・・

でも、決して一人ではない、と思えると、少しでもエネルギーが湧いてきます。
「絶望名人 カフカ」という本を親子で読んだこともありますが、
絶望の果てには思いがけない「可笑しさ」「滑稽さ」も有ったりして、
救われることもあるんだなあと感じました。

鍵コメントさんのまわりにも、どうか、平安が訪れますように。
いつかそんな日が来ることを信じて、私もお祈りしています。
読んでくださって、重ねてありがとうございました。


2015-11-14 土 15:20:17 | URL | ナカリ母 [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015-11-14 土 16:08:09 | | [編集]
鍵コメントさんへ
さらにお返事ありがとうございました。
コメントいただいたことに感謝の気持ちで記事を書いたところでした。
辛い子育てですが、可愛かった時のことを思い出して(親として心底可愛いと言い切れない状況に陥ることだってあるので)、乗りきっていけたらいいですね。
お一人だと辛さもなお、とお察ししますが、どうか、自分一人気持ちをため込まないで、
少しでも出せるところに出して、共感したり共有したりして、みんなで重荷を分け合って、
いちにちいちにち、とにかく「生きて」いきましょう~!

友だちに教えてもらった素敵な言葉で締めくくりますね。
「ともに居まして」^^


2015-11-14 土 16:52:49 | URL | ナカリ母 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad