FC2ブログ
 
■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

生身の人間は苦手でも。「創作活動」で繋がれる (追記あり)
こんばんは、または、こんにちは。
来てくださってありがとうございます。

この間の記事でご心配おかけして申し訳ありません。
身近なママ友たちが、ブログを見て心配して連絡をくれました。
拍手コメントで何人もの方がお声をかけてくださいました。
全てに応えられなくて、まだ気力が今一つ湧いてこない自分を歯がゆく感じながらですが、
どうかお許しください。


ナカリは着々と自分のブログを更新しています。
そこで紹介された作品を、こちらでも。

当事者会で描いたイラスト2枚
2021年1月パオさん JPG

2021年1月パオさん2 JPG

2月のアートセラピーで描いた作品2枚
2021年1月アートセラピー 

2021年1月アートセラピー2 

コロナ禍の中、太陽のもとに引き戻してくれるような作品に、我が子ながら感謝。

リンク先の「Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet」さんで知った動画がきっかけで、
横山玲奈さんのコンサートチケットを入手し、一人で聴きに行ってきます。
リフレッシュ、とともに、エネルギー注入されたらいいな。
1月19日の朝日新聞夕刊に紹介記事が載っていました。
<イタリアの病院に音が降る>
ナカリは、人間そのものは苦手ですが、自分も創作活動をしているし、
人の芸術表現には癒されると思います。

横山さんの動画を貼っておきます。


引き続き、コメントを閉じていてすみません。
もう少し回復のための時間をください。

今日も最後までありがとうございました。
(ブログ開設7年目突入で、訪問してくださった方が、のべ10万人を超えていました。
ただただ感謝です。履歴からまた、ゆっくりと、伺わせていただきます)


追記
横山さんのコンサートに行ってきました。
母が旅立つときに枕元で流していたアヴェマリアの旋律に涙が出ました。
イタリアの病院の屋上で流れたモリコーネの「ガブリエルのオーボエ」も、
バイオリンのソロだけでなく伴奏にピアノが入ることで、さらに深く心にしみました。
オーケストラバージョンを追加で貼っておきます。
映画「ミッション」のために作られた曲だそうで、キリスト教布教伝道と、植民支配、
という歴史も含めていろいろ考えさせられます。
良ければ、オーボエの音色もお届けしたくて。


この間の取り組みの経緯について、横山さんご本人のお話もYouTubeで聞くことが出来ました。
生演奏と生のお話も聞けて良かったです。
感謝を込めて




ナカリの作品 | 20:53:40