FC2ブログ
 
■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

自閉っ子の家庭で「暴言」が飛び交うのは、よくあることなのか?
こんばんは、または、こんにちは。
見に来てくださってありがとうございます。

この数日、
にほんブログ村経由で他の方のブログを見たことがきっかけになって、
「暴言」に関する過去の実体験と、他の自閉っ子のご家庭の様子とが、
様々な形で重なり、
胸が苦しいというか、
今の穏やかな毎日が夢のようで、脆くて儚いものかもしれないという不安も感じ、、
自分自身も頓服を飲みながら、少し、頭の整理をしたいと思います。


自閉症と言っても、本当に一人一人状況が違うので、
何が正しいとか適切だとか、単純に言い切れるものはないでしょうが、
多くの自閉っ子のご家族が「我が子の思いを理解する助けになった」と言われている、
当事者の作家、東田直樹さん

彼の言葉で、ずっと忘れられないのは、
「自分の存在が家族を悲しませている、家族の負担になっていると感じること、が一番辛い」
というような内容です。
それと、同じやり取りを繰り返すのは、
「答えを知りたいからではなく、答えを聞きたいから」という言葉。
やり取りがかみ合わない、とか、やり取りがしんどい、とかいうことはあっても、
「やり取りがしたい、楽しみたい」という気持ちは同じようにあるのだな、
と、目から鱗・・・のような気がしたのが忘れられません。


同じことの繰り返しに、こちらがキレそうになった時、
ちょっと待って、今、相手が求めているのは(言葉として聞きたいことは)「正解」ではなく、
相手が「聞きたい言葉、言って欲しい(寄り添ってくれる)言葉」なんだ、
深読みは必要なく、ただ単純に、相手は素直に答えを待っているだけなんだ、
まっすぐ、自分だけに向き合って欲しがってるんだ、と、
そう自分で自分に言い聞かせて深呼吸。

多々の失敗を繰り返しながら、お互いに深く傷つけあいながら、
ホントに些細なことで「信頼」が崩れ、マイナス地点まで引き戻されることも何度となく経験しながら、
やっとの思いで辿り着いた穏やかな日々。

でも、今この瞬間にも、どこかの家庭の中で、似たような修羅場が繰り返されているかも。
いや、かも、ではなく、
実際そういう修羅場を今まさにネットという場にぶつけている人たち、や、
過去自分も似た修羅場をくぐってきたという、子どもの側からの意見を綴る人たち、も、
想像以上にたくさんいる、ということを実感して、
私自身が、何ともやりきれない思いに打ちのめされてしまっている状態です。

他の方のブログを勝手に引用するわけにはいかないので、
我が家に重なる内容だけ振り返ると、
 「生まれたくて生まれたわけじゃない」
 「生まれて良かったことなんか一つもない」
 「障がいのせいだ、普通になりたい」
 「生んだ母のせいだ、母が悪い、母なんかいなくなれ」
 「私なんか生まれなければよかった」

これが、雨あられ、石つぶての様に投げつけられ、胸がえぐられ、膝が折れる。
嵐の中、自分も言い返す、親だって人間だから傷つくんだ、と。
そして、理性とは反対に、悪い結果が目に見えている意地悪な表現で言い返してしまう。
すると、案の定、
 「なんでそんな意地悪言うんや!ひどい!絶対許せない」
 「お前なんか死んでしまえ」

そうやって、火に油が注がれる。
燃え盛り焼き尽くされ、沈火した後も、深く傷跡が残る、何年も何年も。
保護入院の後、過去何年分ものやり取りを深く後悔させられた記憶は消えません。
口から出た言葉は取り消せない。


本人も、思い出すのは嫌だろう。
私も嫌だ。
忘れてしまえるものなら、忘れ去りたい。
どうやって乗り越えてきたのか、振り返ることにも苦痛が伴う。
だから、過去はもういい、今、今とこれから、だけ見つめたい。
それなのに、他の人のことに刺激を受けると、動揺する。
乗り越えたと思っていたことが、違う形で目の前に突き付けられる。

考えが暴走する、過活動状態の脳みその動きを止めたい。
外からの刺激をシャットアウトしたい。
見てしまったものを、なかったことにして、忘れてしまいたい。

難しいことを考えるのを止めたい。
今が、穏やかであればそれでいいじゃない。
一日一日、良い日だったなあと感じられることほど感謝なことはない。
新たな火種を探さなくていい。
昔よくコメントをくださった「禅寺のような家庭(親子)生活」をしているという方の言葉を思い出す。

うちもそんな風に、そんな「マイペース」を維持して、
親離れ子離れも必要だけど、もう少しの間、親子で向き合って、
「平穏」を手に入れて、その先の「自立」を目指していけば、それでいいんだよ。



書いているうちに、少し落ち着いてきました。
ナカリが「何、書いてるの?」と、気にして聞いてきたので、
彼女も、ゲームで外の世界に触れると刺激を受けるみたいに、
お母さんも、ちょっとほかの人のブログに動揺しちゃってね、と返すと、
スマホで自分のブログを更新し始め、あっという間に書き終えてしまいました。

今日は、自分のための記事になってしまいました。

家族って、親子って、ほんとにそれぞれ。
人は人、自分は自分。
何度も何度もナカリに伝えてきた言葉。
それを、自分自身にも言い聞かせて、明日を迎えよう。
少し、リセットできた気がします。

今日も最後までありがとうございました。

カウントダウンの実家の片づけ。
TVから流れる百恵ちゃんの秋桜、に、ちょっと胸詰まったので、最後に貼っておきます。


今日はへたばったので、ネコバンバン、ヘルプマークお休みします。






思い出 | 23:19:38 | トラックバック(0) | コメント(6)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2020-10-04 日 09:55:14 | | [編集]
鍵コメントさんへ
こんにちは。
お知らせありがとうございます!
途中から見ています。
ドキドキハラハラしつつも、堂々とした姿に感激しています。
ニコ動の時は見れなかったので嬉しいです^_^

2020-10-04 日 11:20:38 | URL | ナカリママ [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2020-10-04 日 20:25:34 | | [編集]
鍵コメント2さんへ
こんばんは。
冷静な時、気持ちに余裕がある時、だったら、
なんということもなくやり過ごせるようなこと、
少し距離のある相手との間の話なら、ふーん、と流せること、
それが、
まさに嵐の中に居るように理性が吹き飛ばされ、
お互い般若のような形相で罵り合う修羅場になってしまうんです。

頭で理解しているつもりでも、感覚がついてこない、
感覚に正直に従うと、起こり得ないようなことも起こる、
人間って不思議です。
脳の働きは謎だらけです。

ハッキリ言えるのは、過活動の脳に刺激は厳禁ということ。
ご助言いただいたように、「今」の平穏に身を置く、
これを心がけますね。

誰も他の人の人生は生きられないので、
見聞きするだけで苦しくなる体験からは、距離を取り、
ただ無事を祈るだけにします。
他の人のことが気になってしまう場合もありますが、
人それぞれ、出来る範囲を越えず、自分を信じてマイペースで、
と、言い聞かせます。
少し、自分を見失いかけていました。

にほんブログ村を通して知り合えた方もたくさんいて、
ランキング参加のおかげで世界が広がったのも確かですが、
こちらも、しばし距離を置いてみるのがいいかもしれません。
ちょっと考えてみます。

親身になってのコメントを本当にありがとうございました。
2020-10-04 日 22:25:18 | URL | ナカリママ [編集]
ナカリママさん、こんにちは。
穏やかに和やかな心持ちの時には、なぜ嵐のように激しい感情が巻き起こってしまうのか、自分でもよくわからないことがありますね。なんらかの病気や障がいを持つ家族がいると、その頻度はさらに増えるだろうことも想像できます。
「別れさせ屋」みたいに、「忘れさせ屋」がいればいいのにね(笑)
「答えを知りたいんじゃなく、答えを聞きたい」、正しい答えが欲しいんじゃなく、自分の気持ちに寄り添ってくれる優しい言葉を求めてる。
それがわからないことがあります。障がいとか関係なく、極々一般的な人間関係でも、基本はここにあるんやなと、ハッとさせられる言葉ですね。
いつもいつも、優しさを持てるように。本当に願いはこれしかないかもしれません。
もう私の憧れは、「バファリン」ですよ。
「成分の半分は、優しさでできています」笑
バファリン目指しましょう!!(どういうこと!?)

ふざけたコメントですみません。
『夜明けの図書館』は絵も好きなタッチです。買いたい、でも今月は長男の誕生日で出費が多い・・・クリスマスに自分へのプレゼントにしようかな♪ いい漫画の紹介ありがとうございました♪
2020-10-05 月 15:41:19 | URL | 馬場亜紀 [編集]
馬場亜紀さんへ
おはようございます。
昨夜は亜紀さんのコメントのおかげで安心して眠れました。
それでいいんだよ、と安心させてもらうと、
自分もこんなに落ち葉くのだから、
ナカリが繰り返しあれこれ質問することにも、
一つ一つ丁寧に答えていかないとなぁと反省してます。
優しさが成分のバファリン、いいですね。
我が家はノーシンなんですけど(笑)


夜明けの図書館、は、未完結ですが、
ゆっくり読めるからオススメです。
優しい絵柄もほのぼのしますよね。
中学高校ほとんど通わなかった息子が、進路を考えた時、
図書館司書が上がったので調べてみましたが、
資格を取っても就職が大変難しいと知り、
結局、図書館は利用者として関わり続けるだけになりました。
司書の世界も奥深いし、いいなーと思うんですが、
現実は厳しいですね。
せめて漫画で体験、という気持ちに応えてくれます。
いつかご自分にプレゼント🎁、ぜひぜひ^_^
やはり好きな世界の話は元気が出ます。
コメントありがとうございました😊
2020-10-06 火 08:11:44 | URL | ナカリママ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する