FC2ブログ
 
■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

「楽しむ」ことの難しさ
こんにちは、または、こんばんは。
見に来てくださってありがとうございます。

今日から9月だなんて、なんだか信じられないです。
まだまだ残暑厳しいし、今年があと4か月・・・というのも、信じたくないです。

そうはいっても時間は進む。
遡ることはできないから、前向いていくしかない、わかっていても、モタモタ・グダグダしてしまってます。


次の帰省では、「親族との対峙・対決」が待っていますが、
前回持ち帰った、祖母(父の母)の看護日誌、介護日誌を、渡してこようと思っています。
心臓の弱い母が、男きょうだいがほとんどの長男の「嫁」として、
他の「お嫁さん」たちを取り仕切って、介護分担表を作り、
ノートで連絡しあう形で10年以上姑の介護の責任を担ったということ。
男性の叔父たちには分からないだろうけれど、従妹なら少しはその苦労を察してくれるのでは…。
途中から、孫の世話も重なり、今の私の年齢頃には、母の方が「ダブル介護」の当事者だったのだな、
と、今になって、自分にはできそうにもない生活だ、としみじみしています。
日誌には、母の字だけでなく、他の「お嫁さん」の字もあるので、従妹に引き取ってもらうつもりです。
看護日記、介護日記5冊表紙  

この日誌が書かれた当時の私は、
自分の仕事や、自分自身の子育てで精いっぱいで、
それを手伝ってくれる母が、実家で「長男の嫁」としてどんな苦労をしていたか、
思いやることなど全くできていなかった、と反省しきりですが、
今ではもう、感謝や労いの思いを伝える術もなく、天に祈るばかりです。

そんなこんなで、両親の苦労と向き合うことの多い、実家の片づけですが、
私自身は、というと、今朝、友人から「独りの時は楽しんでね」と言われ、
自分にとって、今の「楽しみ」って何だろうか?と、暗い気持ちになったところです。

実は昨夜、久しぶりにナカリとぶつかったばかりで。

ナカリにとっての「楽しみ」は、自分が作り出したパラレルワールドのキャラクターとのやり取り。
外の世界の情報は、その「参考」にはなっても、それ自体を楽しむものではなく、
逆に、外の世界を楽しんでいる人たちがいる、ということ自体が、
彼女にとっては余計な情報、マイナスの刺激、になってしまうようです。
とりわけ、「可愛い」と言われる女子の存在は、自身の学校時代のトラウマと重なって「地雷」です。
EMDRを重ねて、少しずつ軽減させては来たものの、トラウマがよみがえると、怒りに翻弄され、
イライラ・ムカムカが全身を支配して、「楽しみ」どころか、逆効果・・・という結果。

そんなナカリの様子を見ていると、私自身も「楽しんではいけない」気持ちに陥って、
なんだか何もかもがどうでもよくなってしまう、という負の連鎖です。

ナカリ自身、自分のブログで「オタクを目指したい」と書いていたように、
人はどうあれ自分が楽しいと思うことを貫けばいい・・・んだろうけれど、
その「まっすぐな気持ち」「愛情だけがエネルギー」という状態の、なんと難しいこと。


暑さでぐったり、ロフトに横たわるアキちゃん。
アキちゃん276 
可愛いはずのアキちゃんにまで、火の粉が飛ぶことがあります。
「思ったことを言葉にして書く、表現する」ことを勧めているので、
ブログ以外に紙の日記も書いているナカリですが、
書いた後から後悔したり謝ったり・・・なんだか落ち着かない様子もあり。
今日は「アキちゃん怒ってる?」と、ずっと気にしています。
複雑です。
一方、更新されたばかりの「ナカリのブログ」を読むと、彼女の方が素直に自己表現できてる!
心配無用、と、思い直したり。


「よいこと、楽しいこと」と「わるいこと、嫌なこと」と、セットで考えてしまうクセがあるナカリ。
表に見えない部分を「想像」することが苦手、という特性と併せて、
白か黒かで、決めつけて、思い込んでしまうと、
「楽しくない」気持ち、が、頭にこびりついて離れなくなります。

それが彼女の、彼女らしさでもあり、決して悪いことなんかじゃない、と頭では受け入れられても、
一緒に外の世界を楽しみたい、と願ったことが上手くいかないもどかしさに、心が落ち込むのは、
私の方の側の問題なのだろうなあ・・・。
もっと子離れしなくては。


コロナ禍が収まらない中、前回は、空港の書店も臨時休業でした。
空港書店 コロナ休業 
空港の中はほんとに人が少なくて、県をまたいだ移動は自粛を、といわれる中、
何回も往復して心苦しいながらですが、あと2か月、何とかがんばろう。


空港で見つけて、思わずクスリとしてしまった、お土産の看板。
空港土産 むかん 
「皮をむかなくて食べられる冷凍みかん」→「むかん」
うまいネーミングだなあと感心。
少しの時間でも、笑顔になれることは大事ですね。

一回一回の帰省で、ひとつひとつ問題を解決して、なんとか秋には落ち着けますように。
昨年秋には1か月も入院したんだから、それを思うと、今に感謝、です。


久しぶりにネコバンバンとヘルプマーク。
猫バンバン img_download-logo

ヘルプマーク2 image
いちいちアルバムから探し出して貼り付けるので、手間取るんですが、
この作業ができるようになっただけでも感謝です。

今日も最後までありがとうございました。
コメント欄は、申し訳ないですが、もうしばらくお休みさせてください。
(ご訪問&拍手いただいて励まされています、勝手ですみません。)



子どもの日常 | 14:17:50