■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

「放課後等デイサービス」と「児童発達支援」
今日は、久しぶりに若いママたちと会いました

娘と通った母子通園施設の非公式同窓会を初めたのが、ゾロ目で忘れられない
1999年(平成11年)11月11日。
それから、ほぼ毎月1回ペースで開催して今年が16年目ということになります。

同窓会と言っても、通園施設に通ったかどうか関係なく、発達に関心のある方は誰でも歓迎、
規約なし、会費なし、出欠確認も特になし、子連れもOK、
日程だけ決めて、とりあえず集まれる人だけで会って話そう、情報交換しよう、
という、ゆる~い集まりです

参加者も、この16年の間に入れ代わり立ち代わりながら、
最近また、始めた頃のメンバーが復帰してきたりで(子どもたちみんな成人前後)、
話題も「子ども」の話から「親の介護」や「自分たち自身の健康」まで広がっています。

ふりかえると、
当初は市の助成金を申請してリーフレットを作ったり、フリーマーケットに参加したり、
積極的に外への「発信」を試みた時期もありましたが、
子ども達が小学校に上がった頃からは、とりあえず集まってしゃべることに絞られ、
さらに学年が上がるにつれて、みなそれぞれ忙しくなって参加者が減り、
一時は二人でまったり2時間しゃべる…なんてこともあって、
そろそろ集まりを止めようかな、と思い始めた頃、
昔の通園施設(現在「児童発達支援」施設)に通っている最中のママさん達との接点ができ、
その後、新しく参加してくれる若い方達が増えてきて、今はずいぶん盛況です


昔はネット環境もあまり整っていなくて、保護者同士の口コミに頼る割合が高く、
市内のあちこちから集まる、いろんな年齢の保護者同士のつながりは、
発起人の私自身、癒しや支えの場として大事に思ってきました
私が都合がつかず参加できない時には、いろんな人が助けてくださり、
ここまで続けてこれたんだな~と感慨深いです

さて

今日の情報交換で回覧された中に、近々新しく増設される「デイ」のチラシがあり、
近隣地域では初!という「療育」内容が紹介されていたりで、
(いいなあ~こんなのが昔あったらな~)と、時の流れ(前進)をしみじみ感じました。

ふりかえれば、下の子どもが中学の頃、
学校以外の子ども達の居場所が少ない!(放課後や、特に長期休み中)という
ひとり親家庭の保護者をはじめとする切実な声があったにもかかわらず、
なかなか実情が変わらなかったので、親同士で別に集まりを立ち上げて、
アンケートで集めた保護者の声をまとめ、市長さんはじめ行政に届けて訴えました。

その後、全国的にもいろいろな制度改革が続いて、現在は
就学前は「児童発達支援」
就学後~18歳までは「放課後等デイサービス」
という形で、市内あちこちに事業所が増え、保護者の選択肢が増えました。
これもまた感慨深いです・・・

昔は、学校に上がってからは市内に「療育」を受ける場所がほとんど無かったので、
他市の事業所まで親子で通うなど、各自で開拓していくしかありませんでした

現時点で、なかなかリアルとの接点が持てない娘の様子を見ていると、
通園施設や保育所時代にはマイペースながらも集団生活に馴染んでいたのに、
小5から不登校傾向が強まって以来、
いろんな意味で「地域」や「同世代の集団」から離れてしまった気がして、
もし、当時「デイ」があれば、継続的な地域での活動の場に参加できていたら・・・と、
「たられば」話になってしまい、
アカンアカン!、前向きに行かねば、と思い返した一日でした。



ちょっと、内輪の思い出話になって、すみません。

前の記事で、「子ども達がこの先、生きる世界」を良くしたい、
という思いを書きましたが、
自分の子どもに間に合わなくても、という但し書きがついても尚、できることを・・・
という思いで動いてきたものの、
なかなか気持ちの整理が難しいのが「現実」ですね。
(そうまとうさん~、今日は自分で水を差してしまいました

でも、子育て真っ最中の後輩ママたちにエールを送りたい気持ちに変わりはありません

少しでも、一日一日、「世界」が良くなっていきますように!







未分類 | 18:05:09 | コメント(8)
コメント
ママさん、すごい(*^^)vいろんな活動もなさっているんですね♪

16年も続けている集まりって、記事にも書かれているように皆さんの『心の支え』になっているからこうして続いてきたんですね。
2015-06-26 金 22:47:47 | URL | 真知子 [編集]
真知子さんへ
16年ふりかえると、若い頃?は、とにかく毎日が必死で、
仕事は二の次、子どもの療育や親の活動に走り回ってた感じです。

ここ数年、やっと、自分自身をいたわることや、
自他の境界を踏み越えないこと、
限られた時間とお金と労力を何に使うかしっかり見極めること、
を考え始めたところで・・・
突っ走り過ぎた失敗も多々あったと、後悔したり反省したり。

それでも、こうやって「続いている」関係には本当に感謝だし、
こんな場が持てているのも一人の力ではないと改めて思い、
よかったなあ~ありがたいなあ~と、素直に感じています。

お言葉、とても嬉しく、重ねて感謝です。

2015-06-27 土 00:45:41 | URL | ナカリママ [編集]
こんにちは、しばらくですね。ご訪問ありがとうございました。
ブログの反応がなくて、書く気をなくしていたところ、拍手して頂き、
ありがとうございます。エストニアの曲、とてもいい曲ですね。
2015-06-27 土 07:23:01 | URL | [編集]
petitcedreさんへ
ご訪問ありがとうございました。

語学は継続が命!なのに、このところいろいろあって、
NHKの「テレビでフランス語」の放送時間も変わって、
あれこれ言い訳しては中断中=冷や汗の毎日でしたので、
ブログ、少ししか遡れませんでしたが記事を見せていただき、
モチベーション維持のために読んだ
「シラクのフランス」(軍司泰史、岩波新書)で出てきたフランスのスト!
を思い出して、思わず拍手、また学習意欲がわいたところです。
こちらこそ、ありがとうございました。
なかなか読み込めてませんが、また伺いますね^^

2015-06-27 土 10:18:30 | URL | ナカリママ [編集]
すごいです!
皆さんが集える場所を作られて、維持してこられたなんてすごいです。
私が今一番欲しいのは、そのような場所です。
気軽に愚痴を言い合ったり他愛もないお喋りをしたりして、もうちょっとがんばってみましょうかと思えたら、どれだけいいでしょうか。
ナカリママさんを尊敬します。


2015-06-28 日 00:44:25 | URL | ぽち [編集]
ぽちさんへ
ありがとうございます!
言い出しっぺは私だけど、ここまで続けてこられたのは、
たくさんの人が必要とする想いがあったからこそだな~と実感します。

学校や行政や事業所では「子ども支援」が中心だけど、
子ども達のためにも「ママ(パパ)支援」が必須!だと思うので、
「気楽&気軽」「あったか」「ほっこり」「安心」「共感」「愚痴だってOK」
そんな保護者の集まり(助け合いの場?)・・・を目指してきました。
私自身も、他の皆さんに聞いてもらって楽になれたり、
やっぱもうひと頑張りしようと思えたりすることが、いっぱいありました。
ぽちさんの周りにもそんな場ができますように!


2015-06-28 日 01:13:03 | URL | ナカリママ [編集]
こんにちは
情報交換の場があることは、どんな場合でもありがたいことだと
思います。
自分と同じような境遇に居る方たちとの話を聴くことで
悩みも打ち明けられるし、アドバイスももらえる・・・
いろんな力をもらえてきっと次のステップへ向かうことが
出来るようになるんじゃないかなって思うのです。
話すことで解決することもあるでしょうね。

実際に動いて行動するママさん 偉いなぁって思います。
まずはやってみる。そしてひとつずつより良い方向を目指して
続けて行く・・・
継続は力なりだと思います。
遠くからですが、応援しています。
2015-06-28 日 10:58:25 | URL | 花梨 [編集]
花梨さんへ
応援、ありがとうございます。

継続していくのに、無理は禁物、気楽に気長に、を心がけてきました。
(でも、やっぱ、ちょっとは無理もしたかな・・・)

「こんなところはないかな」と出来上がったものを探すだけじゃなくて、
実際に自分が動いて現状をよくしていかないと、というのは、
先輩ママから教えて(アドバイスして)いただいたことです。
私達の今があるのも、目に見えない所で頑張ってくれた先輩方の活動あればこそ、
とも思って、感謝の気持ちを忘れないようにしないと、とも思います。
点がつながって線になって、世界が変わっていく、って思うと嬉しいですね。

これからも、ゆるゆるがんばります~^^

2015-06-28 日 11:21:12 | URL | ナカリママ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad