■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

プールでぷかぷか・・・沖縄を想う
今日は、友人が車で室内プールに連れて行ってくれました

1時間くらい、娘と二人で子ども用プールにぷかぷか浮かんだり、
大人用の水中ウォーキングコースを何度か往復し・・・ジャグジーにもつかって、
すっかり温泉気分でリラックス

水の中でボーっとする時間に、「平和だなあ~」と感じていました。
プールは1年半ぶりくらいでしょうか・・・
昨年、娘の入院を経験して、
心の安定がどんなに貴重なことか、笑顔を見られるってどんなに嬉しいことか、
あたりまえのようの思える「衣食住」を「普通に」こなすことがどんなに大変か、
身をもって痛感しただけに、
今日のプールは本当にありがたい貴重なひとときでした


そして今日6月23日は沖縄慰霊の日・・・
大学時代に知り合った沖縄出身の後輩から、
この日は沖縄の学校は休みだし、いろんな施設も休みになる、と聞いて、
同じ日本に住んでいて全然知らなかったことにショックを受けたのが忘れられません。

沖縄戦では島民の4人に1人が亡くなっているということなので、
沖縄出身の方のほとんどが、どなたか親族を失っておられるだろうと思います・・・
昨日は、いちにち娘と無心で遊ぼう~とか思ってたけど、
平和という言葉から、沖縄に思いを馳せながら、プールで浮かんでおりました
(ちなみに、娘は中学3年での修学旅行=沖縄、はパスしましたが、
事前学習資料は親子で一緒にしっかり見ました)


調子が良いので、帰り道に、外食にもチャレンジ!
人があまりいない、広々した郊外のお店で、好きなメニューを頼んで
母同士がおしゃべりしている間、アイポッドと携帯を手につきあってくれました。

車の中でのおしゃべりで、「障害年金」の話に反応した娘。
「私、無職じゃないよ」と何度も確認。
(→「『無職はいや』という気持ち」
うん、そのとおり! 明日は母が仕事だから留守番たのんだよ!
とにかく毎日、元気で笑顔を見せてくれて、ありがとう










子どもの日常 | 19:13:56 | コメント(2)
コメント
こんばんは
今日は用事があり、広島市内へ出かけてきました。
いつも 紀伊国屋書店に立ち寄るのですが、
戦後70周年企画
「沖縄戦を生き抜いた女子学徒隊員たちの今」
というパネル展とブックフェアが行われていました。
広島経済大学の学生さんと書店との企画だったようです。
https://www.kinokuniya.co.jp/c/store/Hiroshima-Store/20150601173050.html
ちょうどテレビ局が取材をしていたところだったので(正午の黙とうや遺族の方の取材だったようです)、離れた所からしか見ることができませんでした。
帰宅してママさんの所に伺うと沖縄慰霊の日ということが書いてあり
偶然ですが・・・相通じるものがあったのかなぁなんて思いました。
広島では平和学習がより広く行われています。
学校でも黙とうの時間があったように思います。
給食も、沖縄にちなんで もずくスープ・豆腐のチャンプルー・冷凍パインなどのメニューが登場することもあるんですよ。

平和であることに感謝ですね。
良い休日になったようで良かったですね。
明日からのお仕事 共に頑張りましょう♪
2015-06-23 火 21:32:54 | URL | 花梨 [編集]
花梨さんへ
広島までお疲れ様でした。
相通じるもの・・・があったのかなぁ、と私も感じます。

私が大学生の頃、8月6日の朝、広島の平和公園で黙とうした際、、
周囲のざわめきが突然全て消え、かつて経験した事のない静寂に包まれた…
その瞬間の鳥肌が立つような思いを今でも忘れられません。
広島出身の友人達が、高校生の頃から平和について真剣に考えていたことにも、
ひどく驚かされ、自分の無知を恥ずかしく感じたものでした。
(私は愛媛県出身で、小学校時代から日の丸君が代を厳しく教えられたので、
友人達との話の中で目からウロコの思いも多々ありました)


思えば、亡くなった父から、
警報を聞いてから必死で水を撒いて逃げたのに空襲でうちが全部焼けたこと、
焼け跡に戻った際、道のあちこちで黒焦げの死体を間近に見たこと、
戦争は絶対にいけない、ということ、を何度も聞いてきました。
母も、今でも蚊の羽音を聞くと米軍機の機銃掃射を思い出して背筋が寒くなる、
操縦席の米兵の顔が見えた時の恐ろしさは忘れられない、と言っています。
いろいろ、直接体験をした人たちの言葉を語り継いでいかないと、と思います。

花梨さんのお話からも、力をいただきました!いつもありがとうございます。
共にお仕事、がんばりましょう~^^




2015-06-23 火 22:56:12 | URL | ナカリママ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad