FC2ブログ
 
■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

カウンセリングで整理できたこと 「私が変わればナカリが変わる」
こんにちは、または、こんばんは。
来てくださってありがとうございます。

少し日が経ちましたが、先日のカウンセリングのまとめをしておきます。
カウンセリングももう何回目か分からなくなってきましたが、
確定申告で医療控除の領収書を整理したとき見つけたものによると、
昨年の2月まではナカリと一緒にメンタルオフィスに通っていたようでした。
私自身が市の女性カウンセリングを利用するようになったのは、それ以前から…なので、
ほぼ2か月1回ペースで、かなりアップダウンの激しい状態を長く続けてきた気がします。

それが、前回以降、相談すべきことが当面見当たらない?くらい落ち着いて、
カウンセラーさんに話を聞いていただきながら、
なぜそんな風に変わってきたかを自分なりに整理しました。

結論は・・・
私自身の変化。
私の、ナカリに対する見方、接し方の変化。

それを改めて自覚して、ナカリに無意識のうちに「要求、期待」を押し付けていた過去、
を振り返ることになりました。
その節目には、ブログに対する気持ちの変化もあり、ランキングバナーを外し、
毎日チェックをしなくなり、私よりもナカリ自身のブログ更新の方が多くなりました。

ブログは自分のための遺言、後輩のために役立つことを、と言いながら、
私は、心のどこかで、ナカリの「強み」「良さ」に対する社会的評価を得られる場を求めていた、
(そのことはとりわけ、ブログ開始当初の記事に色濃く出ていると思います)
そして、ナカリ本人に対しても、
なにかしら形は不明確ながら、ある種の「期待」を寄せ、
それがなかなか叶わなかったときや、歯がゆい思いをするときに、勝手に苛立ち、
将来を悲観し、無意識のうちにナカリにイライラをぶつけていた、・・・かもしれないなあ。

先のことは何とかなる(心配してもキリがない)、
命の心配をしても仕方ない(人はそうそう死なない)、
いつかは子離れ子別れしないといけない(今は親子間の距離が近すぎる)、
・・・そういう意見を友人から聞かされる中で、
肩に入っていた力が抜けて、
自然体のまま、今居るままのナカリのことを受け入れられるようになって、
先のことはなるようになる、という気持ちで、今さらに振り返ると、
今までだってそのつもりだったのだけれど、
何かにつけてナカリが「ごめんなさい」を連発し、「在宅であること」に負い目を感じている様子なのは、
私の写し鏡の状態だったんだなあ、と…。


しんどかったね、辛かったね、ごめんね。

私が変われば、ナカリも変わる。
ナカリが夢のように、ほんとに落ち着いたのは、お薬のせいだけでなく、
私が彼女に負荷をかけないように力が抜けたからなのかもしれないなあ。

・・・というところで、カウンセリングも終盤に差しかかりましたね、と。

多くを望まない、
欲望に振り回されない、
ただそこにいる、ただそこにある、それで満足する・・・
そんな穏やかな気持ちに、還暦前になって、やっと辿り着いた境地です。


写真で知る、ナカリと友人のお散歩の様子。
2021年2月散歩5 
写真は全部ナカリが一人で撮ったもの。
2021年2月散歩6 
鶏たちも、雛から成長した子たちが加わって数が増え、にぎやかです。
2021年2月散歩7 
2021年2月散歩8 
2021年2月散歩9 
こういう風景を、親以外の人たちと一緒に眺めているナカリ、を想像して、
すごいなあ、親離れしたなあ、と感じます。

私は中身を全然知らないけれど、友人たちも、ナカリとのおしゃべりを楽しんでくれている。
年齢は随分離れているけれど、こういうのが「友人」なんだろうなあ。
憧れのガールズトーク。
叶ってよかったね。
同年齢の友達とも、親同士を介して少しずつやり取りを楽しめるようになって、
社会への窓が開きはじめた、だからこそ、映画館に行くことも可能だったんだろうなあ。


「自分視点」と「楽しみ方」については、また改めて書きたいと思います。

外は明るい日差しで、いい天気。
これからウサギのアキちゃんの爪切りに行ってきます。
体重がどうなっているか、ドキドキ・・・

今日も最後までお付き合いありがとうございました。

猫バンバン img_download-logo

ヘルプマーク2 image


未分類 | 13:16:33 | コメント(4)
2月のお散歩
こんばんは、または、こんにちは。
来てくださってありがとうございます。

寒暖差の大きかった今月。
春めいてきたなと思える日に、何度か外を散歩しました。

桃、梅、寒桜・・・
2021年2月散歩3 

2021年2月散歩2 

2021年2月散歩 

2021年2月散歩4 

自然に触れてエネルギーを補充できた数週間です。
今日は、思い切って、ナカリと、当事者会の後、歩いて映画館に行ってきました。
10年以上ぶりのドキドキ体験です。
詳しくはナカリが自分のブログに書きました。
外の世界のフィクションを、楽しむことが出来るようになってきたナカリ。
良かったなあ。良かったね。
「楽しむ」ことはとても大事だから、これkらも楽しい時間を大事にしよう。

アキちゃんは、長い留守番でも大丈夫。
よく食べ、よく飲んでいます。
アキちゃん299 
ごくごくとのどを鳴らせながら飲んでいる様子に、癒されます。

今日は、写真ばかりですが、またゆっくり書きたいと思います。
コロナの不安に加えて、花粉が飛び始めて辛い季節が始まりましたが、
皆さんご無事でありますように。

猫バンバン img_download-logo

ヘルプマーク2 image



子どもの日常 | 22:10:41 | コメント(12)
電話診療、自立への練習の料理作り
こんにちは、または、こんばんは。
来てくださってありがとうございます。

昨日の電話診療で、やはり、少量から始めたお薬を倍増して、
さらに2週間様子を見ることになりました。
減薬した分の影響か?サトラレ不安が再燃しているようでもありますが、
そちらは、もう少し待ってみようということで、減薬のまま変わらず。

ということで、今朝ナカリが飲んだお薬は7種類8錠です。

少しずつ落ち着いてきているので、薬の総量を減らしていけたらよいのですが。
日常の細かい症状や、しんどいことをナカリ自身がメモで書きだしたものを、
私からドクターにお伝えして一緒に相談できたので、2週間後も電話診療にするか、
私だけ電車で出かけるか、ナカリもつれてタクシーで通院するか、
今後の様子を見て決めることになります。

とにもかくにもこの平穏が続きますように。
私自身も、カウンセリングと精神科受診を済ませてきました。
私が落ち着くこと、私のナカリに対する理解を深めること、が大事と改めて実感中です。
この点はまた改めて。


ナカリの自立に向けた料理作り練習は、「レシピを見ながら一人でする」にステップアップ。
ヘルプに来てくれる友人が図解してミニ絵本の様に作ってくれたレシピ(左下の赤丸)を見ながら、
材料を切るところからすべて一人だけで「もち米焼売づくり」にチャレンジしました。
もち米焼売 自力 

友人は食卓に座って、ナカリの様子を横目で見ながら、絵を描いていたそうです。
ナカリは黙々と、水につけてふやかしたもち米を肉団子にまぶしていきます。
もち米焼売 自力2 

こんな感じにできました ↓
もち米焼売 自力3 

これを蒸し器に入れて、蒸します。
もち米焼売 自力4 

自力で作れるメニューができたら、「得意料理」として自信になるだろう、と。
いろいろ考えてくれる友人に感謝。
手作りレシピはパンチで穴をあけてひもで閉じる形になっているので、
そこに、作った感想を書いた紙も追加して、大事な宝物になりました。


年齢は大きく離れていても(母の友人ですから…)、
おしゃべり友達ができたことで、ナカリのコミュニケーション能力もかなりアップしてきました。
アートセラピーの先生に自分から質問できて、先生にも驚かれ、喜んでいただいたり、
友人とのLINEのやり取りでも、分からない単語や言い回しがあればその都度質問したり。
前向きなナカリに拍手!

苦手な春(変化の春)が近づきつつありますが、この調子で乗り越えていきたいと思います。

久しぶりに猫バンバン、ヘルプマークも復活です。
今日も最後までありがとうございました。

猫バンバン img_download-logo

ヘルプマーク2 image


おまけ
ぬいぐるみの白アキちゃんに頬ずりするアキちゃんです
アキちゃん298 


子どもの日常 | 11:27:21 | コメント(6)
「鬼滅の刃」だけでなく「BEASTARS」を一緒に読めたナカリ 続きあり
こんばんは、または、こんにちは。
全然更新できないのに、見に来ていただき、拍手や拍手コメントをいただいて、
・・・ほんとうに力づけられました。ありがとうございます。


ナカリは、定型発達の私たちとは「外の世界」の楽しみ方が少し違うみたいで、
ともに楽しむ、ことができるものは限られます。

でも、「感動した」とか「良かった」とかいう感情は共有できるようになってきて、
前回の記事の曲、「優しい彗星」の背景にある話を一緒に読んでから、
獣人キャラクターたちが気に入って、いろんな場面を参考に、
自分が生み出したキャラたちに置き換えた絵を描いています。

今回のアニメ2期のオープニングとエンディングは、作者の板垣さんが書いた短編をもとに、
「YOASOBI」さんがともに作詞作曲演奏しているそうです。
アニメ公式公式HPの「MUSIC」の部分に、下の短編2つが載っています。

「自分の胸に自分の耳を押し当てて」
「獅子座流星群のままに」

また、HPの「NEWS」の部分には、この2つの短編や楽曲について、
板垣先生とYOASOBIさんの対談も載っています。
一つの作品の世界観を複数の人たちで共有しながらアニメを作り上げるということは、
大変なことなんだなあ、と、私も感心させられたし、
ナカリの方は「鬼滅の刃」の画集を見ながら、「プロはすごいなあ」を連発していました。


さて、最初に述べた「楽しみ方の違い」について、です。

「ナカリのブログ」には、この間のいろいろな活動を通じて感じたことが綴られていますが、
今、私がブログを書いている横で、「外の世界の楽しみ方」に絞った記事を書きました。

「自分」との直接の関係がない「外の世界のキャラ」には、なかなか気持ちが入り込めない、
という心の内側を、うまく文章にして表現してくれたので、
書きあがったばかりのブログを読んで、私もなるほどー、と思った次第です。
楽しみ方、は、人それぞれ、でいいんですよね。
「自分なりの楽しみ方でいい」と思えたことは、ナカリにとって、とても大きな成長です。
これも、今、落ち着いて過ごせているおかげ!

お薬の調整がうまくできて、日常の友人のヘルプもいい感じで、
頓服に頼る回数がぐっと減ったナカリです。
次回は電話受診の予定なので、この間の様子をまとめてお伝えしなければ。
新しいお薬を少し増やして、ベースのお薬から切り替えていくことになるかなあ?
(なお、この「電話受診」は、コロナによる対応の一つでもあるそうですが、
遠方まで行かなくても処方箋を近くの薬局にFAXしてもらえるので助かります。)


・・・ということで、「BEASTARS」に話を戻します。
先にナカリが曲を気に入って私に教えてくれ、
前回の記事でアニメのエンディング部分だけ貼ったので、
上記HP掲載の短編を踏まえて最後まで一つの流れになった歌詞、を載せておきたくて、
3分半ほどですが、今回は1曲まるごと貼ってみます。

優しい彗星(歌詞付き)




それから、
アニメ繋がりで言うと、前回記事の拍手コメント欄にもお返事を書きましたが、
アニメオタクの息子が教えてくれた、アニメ「恋する小惑星(アステロイド)」の取材写真がとてもよかったので、
リンク先の友人エリアンダーさんにお伝えしたら、記事にしてくださいました。

ナカリが落ち着いているのは、自然に触れる機会があることも大きいです。
宇宙全体に包み込まれるような動画なので、良かったら是非ご覧ください^^ ↓

「夏への扉」 恋する小惑星



昨年から複数掛け持ちの非常勤講師として勤め始め、
今回初めての確定申告をすることになった息子。
小中高、長い不登校時代を経て、高卒認定資格を得ての大学進学、大学院での苦労などなど、
いろいろありましたが、無事に博士となり、今は、彼も彼なりの楽しみ方を心得ているようで、
それを私にも伝えてくれるので感謝です。


そんなこんなで少しずつ、私の方も落ち着いてきたかな・・・
なので、やりとりはゆっくりになると思いますが、今回からコメント欄を開けますね。

前回アドレスを貼った、やっちんママさんのブログを時々覗いてみたら、
「戦争みたいな日々」がまだまだ日常、という様子に、私も胸詰まりますが、
山あり谷あり、穏やかな日もあることを祈るばかりです。
私は私。後輩ママさんたちもそれぞれの人生を生きていくしかない。
みんな、自分の荷物は自分が背負うしかないですよね、・・・ただ、
声をかけあえる人、話せる相手がいると支えられる、と実感中です。
ブログのおかげで救われてきた自分自身を振り返りながら、しみじみしています。

今日も、最後までありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。


続きを読む >>
子どもの日常 | 23:26:58 | コメント(4)
通院しながら服薬の調整をすることになりました(追&追追記あり)
こんばんは、または、こんにちは。
更新が止まったままなのに、見に来てくださって、本当に感謝です。
ありがとうございます。


ナカリの「副作用」らしき身体症状について、
近所のかかりつけ内科の先生にお手紙を書いていただき、
場合によっては任意入院してお薬の調整をすることになるかも、
と思いながら、親子で遠方の精神科に行ってきました。

結論は、タイトルの通りです。
ナカリは「入院はしたくない」と先生にお手紙を渡し、
ちゃんと、自分の自覚症状について先生と受け答えできていました。
ドクター曰く、神経因性の症状への治療方法は入院では見つけられない、と。
脳が間違った指令を出しているので、「行動」でそれを正していこう、
という行動計画を提示されました。
そして、「副作用」の少ない頓服に切り替えていく方向で、
強迫性不安障害に対処できる新しい薬を、
ごく少量から試してみて様子をみましょう、となり、
今飲んでいる頓服は幻覚、妄想に関する症状が出たとき時だけにして、
漠然とした不安症状に対しては新しい頓服を使う、と、分けることにしました。

結果、新薬を二つ追加、その分、今飲んでいる薬の個数を少し減らす、という方向で、
帰宅してからお薬カレンダーの入れ替えをしました。
薬カレンダー 
これだけの「化学物質」を毎日体に取り込んでいるんだなあ、と改めて思います。
これに加えて、現在は、漢方薬とサプリメントも飲んでいるので、
食事の前後はバタバタです。


そんな中でも、友人の家事ヘルプは続いていて、
「苺ミルク寒天」リベンジ(1回目は固まり切らず、ジュレ状態だったので再チャレンジ)
の結果、こんな感じに出来上がりました。
苺ミルク寒天 
今回はうまく固まったけれど、苺を切るところで崩れてしまい、
きれいな四角になりませんでした・・・これは、再々チャレンジがあるかも?


この間、アキちゃんが少しお腹をこわして焦ったことやら、
日常のあれこれは、「ナカリのブログ」の方が詳しいです。
ウサギさんはデリケートな生き物なので、「下痢!脱水?即、獣医さん?」と焦りましたが、
ウサギ屋さんに電話して相談したところ
「下痢ではなく、軟便でしょう」ということで様子見した結果、何とか大丈夫でした。
ウサギ屋さん「あったかくしてやってくださいね^^」
はい、パネルヒーターに暖房に、万全を尽くします。

食欲回復してからのアキちゃんは「ご飯ちょうだい」とケージにしがみついて可愛いです。
アキちゃん296 
バタンと倒れて寝てくれていると、ホッとします。
アキちゃん295 
今日の外遊びの様子。つぶらな瞳は何を見ているのかなあ。
アキちゃん297 

ナカリの体調(心の調子も)が、まだまだ不安定なので
私も落ち着かなくて、引き続き、拍手コメントに、ちゃんとお返事できてないままです。
2月になって、毎年大騒ぎの確定申告も、さらに佳境に入ってきました・・・
もう少し、お休みしながら、ゆっくりゆっくりです。

今日、ナカリが聴いていた「ヨアソビ」の「優しい彗星」
過去記事で紹介してからずっと電子図書で読んでいたマンガ「BEASTARS」の
第2期アニメのエンディングだそうで、YouTubeを見たら、泣ける場面でした。
思春期真っただ中のナカリには、漫画もアニメも見せていませんが、
音楽の趣味はなかなか・・・。感心したのでアニメバージョンを貼っておきます。


>守るべきものがあるだけで、こんなにも強くなれるんだ

鬼滅の刃のセリフにも通じるものがありますね。
昨夜は「名探偵コナン」劇場版の第1作をナカリも私も見て、懐かしいやら、胸キュンするやら。

とにもかくにも、不安とたたかって、自分の脳にちゃんと「大丈夫」を学習させて、
ゆっくり、穏やかに、を継続、あるのみです。
更新で精いっぱいなので、引き続き、コメント欄、もう少し閉じさせてください。

ご訪問、拍手、拍手コメント、どれも励まされています。
身近な友人たちが見に来てくれて、個別に連絡をくれることにも感謝です。
コロナ禍の中、それぞれがそれぞれに、できることを頑張っていくしかない、
そんな毎日が続きますが、皆さん、どうかご無事でありますように。

今日もありがとうございました。


ーーーーーーーーー
追記
パソコンを開ける必要に迫られて開けたついでに管理ページを見ると、
この二日ほどで、過去記事「ベイルートへようこそ」に5つも拍手がついていました。
今頃なぜ???と、気になって検索したら、2日前に下記のブログで紹介されていて、
こんな形でどなたかのお役に立つこともあるのかと、
(自分とこが今こんな状態ですので)胸にしみて、
覚えておこうとアドレスを貼らせていただきます。

「自閉症男の子一人っ子を育てるママのブログ 2021年2月6日記事
  自閉症児Ver.のオランダへようこそ。その名もベイルート(戦場)へようこそ。」


管理人の、やっちんママさん、ご紹介ありがとうございました。

ーーーーーーーーー
追追記
アメブロでフォロワー5500人以上の方のブログで記事にしてもらっただけで、
追記に書いたような「役に立てた」感を持ってしまったことに、
妙な落ち込みを感じて、また漂っています。
他者に翻弄されない自分を持たないといけないのに。

ナカリが「BEASTARES」に興味を持ってくれたので、
エンドクレジットの部分を読み聞かせてやったら「哀しいお話だね」と。
「ヨアソビ」の歌は、歌詞が小説のようだ、と、どこかで見たのを思い出しつつ、
この曲を教えてくれたナカリに感謝しつつリピート再生しています。

行動障がいを伴う自閉症の子育ての大変さ、に関していえば、
私なんかよりずっと修羅場をくぐってきているママさんたちがたくさん居て、
今も毎日あちこちで、親と子、母と社会、の戦いが続いているんだと、
しみじみしながら、何にも返せないまま固まっている私です。

FC2ブログは、コメントのやり取りがとても重い・・・というか、
そのコメント欄を閉じっぱなしで、どの口が言う?と自分突っ込みしながら、
ここでブログを始められたことに感謝しながら、やっぱり、じんわり、ゆっくり、無理せず
お時間をいただきながら、もとのペースに戻っていきたい、と思います。
重ね重ねありがとうございます。
2月9日



子どもの日常 | 01:19:23