FC2ブログ
 
■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

丑年ですが鶏でスタート、そしてやっぱり煉獄さん
こんばんは、または、こんにちは。
新しい年が始まりました。
今年もどうぞよろしくお願いします。

1月1日は、家族4人で鶏小屋を見に行きました。
年末、ナカリがガイドヘルパーさんと見に行った際、飼育舎の方に出会えて、
少し上にある、別の鶏小屋も見せてもらったそうで、
その時にも写真を撮って帰っていました。
白い鶏小屋、これはぜひ見に行きたい、と張り切って登って行ったら、発見!
2021鶏小屋 
それまで手前の鶏小屋の鶏たちにばかり気を取られていたので、
その上にもう一つ別の小屋があるのに初めて気づきました。、
手前の鶏小屋の周りでは、いつもの鶏さん4羽が元気に迎えてくれました。
2021鶏小屋2 
見ると、飼育者の方が、少し上の斜面に座っておられ、
ナカリのことを覚えてくださっていたようで話しかけてくださいました。
そして、すぐ側では、中学生くらいの男の子が雛たちの世話をしていて、
私たちが居るところまで一羽抱えて連れてきてくれました。
2021鶏小屋3 
鶏?いや、ちがうなー。なんだろう?と尋ねると、
男の子が「烏骨鶏(うこっけい)」だと教えてくれました。
まだ小さいので卵は産めないそうです。
ひとしきり近くで眺めさせてもらってから、
上手に捕まえて男の子が連れて行ってくれました。
かわいいなあ~~


翌日、もう一度見に行くと、雛たち専用の小屋も出来上がっていて、
数がたくさん増えていました。
2021鶏小屋4 JPG
小さな小屋の中にギュウギュウ詰めになるくらい、たくさんの雛たち。
寒かったからか、みんな一か所に集まっていて、
「うわあ、密!だ~(笑)」と微笑ましく眺めました。
2021鶏小屋5 
ということで、我が家の新年は、鶏とともに明けました。

なんでもない散歩のひとときが、どんなにありがたいか、しみじみしながら。

私の心の中はまだまだ落ち着きません。
ナカリの体調もイマイチのままですが、
なんとかかんとか、とりあえず、平穏、と言えるかな。

平穏の中でも、心の中の「炎」は燃えていて、
何年かぶりにテレビをつけて見た大晦日の紅白。
ナカリと一緒に「炎」を歌いました。
一緒に映画を見に行くのは難しかったけれど、
共有できるものが増えて嬉しい年末年始になりました。

映画バージョンの動画で 「炎」 を貼っておきます。
→著作権の関係で動画が削除されてしまったようなので、別の「ほむら」に貼り換えます。



前の記事でも書いたように、私の心のうちに燃え盛る「鬼」の部分を、
煉獄さんに思い切りぶった切ってもらいたい気持ちで、
何度も聴きなおしています。
負けるな、負けるな、がんばろう。
正しいと思う道を貫き通せますように。

そしてコロナの不安の中。
これは、地球という生命体が人類全体に何かを訴えているんじゃないか、
とも思いながら、この危機を何とか人間の知恵と連帯で乗り切れますように、
と願いながらの新年スタートです。

今日も最後までありがとうございました。




未分類 | 01:18:36 | トラックバック(0) | コメント(18)