FC2ブログ
 
■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

亡き父への思い 
こんばんは、または、こんにちは。
来てくださってありがとうございます。

今週は、あまりにもメンタル不調で、常備薬の残りも少なくなっていたので、
すがるような思いで精神科を受診してきました。
優しい先生のお顔とお声に接して、「いつでもおいで」に慰められて帰宅。
少しずつ、持ち直してきています。


私が他市の精神科病棟に1か月任意入院したのは去年の11月。
「秋の思い出」として、心に残る穏やかな時間でした。
その病院でも、
退院の際、主治医の先生は「またいつでも、ゆっくりしにおいで」
と、笑顔で言ってくださり、
散歩で知り合った別の患者さんも「出戻り組なんですよ」と笑顔で話されていたので、
今回、無性に入院したくなり、その気持ちを思わず口に出して、
ナカリを慌てさせてしまいました(反省)。

過去記事でも何度か書きましたが、
ナカリも思春期病棟に保護入院した経験があり、
彼女にとってはそれはトラウマで、もう二度と入院したくない、と繰り返しています。
なので、私の場合とは状況が大きく違うので、
「入院のイメージ」を一緒に語ることはできません。
プチパニックに陥っていたとはいえ、ナカリに負担をかけたことを深く反省しています。


そこで思い出されたのが、親の遺品整理をしながら、胸につかえてきた父の秘め事。
(ネットという場でこんな記事を書くことが故人の意に沿うかどうか、
父への懺悔の思いを込めながらですが)
父もまた、独身の若い頃に精神科入院の経験があったのだそうです。
そのことを母から初めて聞いたのは、ナカリが入院した頃でしたが、
同時に、父が私に知られることを大変気にしていた、ということも聞いたので、
結局、私と父との間では、生前、その話題に触れることはできませんでした。
私自身は、母から事情を聞いて、あれこれ想像するしかなかったものの、
当時の父を取り巻く家庭の事情を考えたら、
今で言う「心を病む」状態に陥ってもおかしくなかった、と思っています。
なので、
「お父さん、気にすることないよ、私も気持ちすごくよく分かる、大変だったよね、良く乗り越えたね」 と、
直接、父に声をかけたかった。
その気持ちが、行き場を失ったまま、ずっと心の底に沈殿している気がします。


父、私、娘、の親子三代にわたって、同じような経験をしたこと。
状況はそれぞれ違うし、「精神疾患は遺伝する」という誤解を生みたくないのですが、
メンタル面で課題になる思考パターンが似ている(べき思考、生真面目など)、
という、性格的傾向の近さは(良い悪いではなく)、
何等か受け継ぐものがあったかも、と思ったりします。


振り返れば、仕事人間だった父は、一人娘の私を、ことのほか可愛がり、
亡くなる前の最後のうわごとでも、幼い頃の私を思い出しているような言葉を口にし、
常々「子どもは宝物だ」と言い続けていました。
そして、特に「家族写真(子どものアルバム)」を大切にしていました。
(ちびまる子ちゃんの、タマチャンのお父さんに似た感じです)
ですが、昔の私には、そのことが負担で、うっとうしい気持ちでもあり、
父が酔う度にアルバムを出して見たがるのが嫌で仕方ありませんでした。

今回の片づけで、写真のネガフィルムはほぼ全部処分しましたが、
父が大事にしていたカメラ機材や、写真アルバムは引っ越し荷物に入れました。
昔のネガは、白黒で、1枚ずつハトロン紙に包まれ、折りたたまれてカバーがかけられ、
そのカバーのイラストも時代を感じさせられるデザインばかりで、
捨てる前に写真だけでも、と撮ってきました。
ネガフィルム 

昔のもの、というのは、思い出と結びついているので、
ただの「モノ」ではなく、記憶の引き出しを開ける鍵のようなものだと思います。
私にとって、ネガフィルムの束を見たことが、
父と話せなかった後悔を思い出させるきっかけになり、
そのあとに自分自身が不調に陥ったことで、さらに深みにハマった感じです。


心を病むことは、「悪いこと」「恥ずかしいこと」ではない。

今は、亡き父にも、ナカリにも、そして、自分自身にもそう言い聞かせてやりたい。

「ナカリのブログ」で紹介されていた、アキちゃんの寝姿の別角度・・・
アキちゃん283 
アキちゃん284 

可愛いねえ、アキちゃん。
両親ともに送ってから我が家にやってきたアキちゃん。
愛される経験だけでなく愛する経験をナカリに教えてくれたアキちゃん。
ありがとう。

私の避難先ワンルームを確保するきっかけになった、友人宅への家出中、
面白いよ、と勧められて見た映画「日日是好日」が、今夜テレビ放映されています。
母が茶道をやっていたので、ナカリに声をかけて、チラ見中。
出演者の一人、多部未華子さんが主演した「あやしい彼女」も、
同じく家出中に、友人宅で見ました。
その中の「悲しくてやりきれない」という歌のシーンが、ずっと心に残っていたので、
検索してみたら出てきました。
両親の世代。食べていくことに必死で、子育てに必死で、
一生懸命生きてきた、その生活の中で何度「悲しくてやりきれない」気持ちになっただろうか。
給料日前には食べるものがなくて、お腹がすいて倒れそうだったという母の言葉が忘れられません。

私事ばかり書き連ねた記事なってしまって、申し訳ない気持ちです。
映画自体は、韓国映画のリメイクで、ラブコメの要素もあって、
気軽な気持ちで見ることができます、よろしければぜひ。


今日も最後まで、おつきあいありがとうございました。

「弱い自分」「責められている自分」と思わないで、
夫からのアドバイスのように、「ケセラセラ」で日々乗り越えていきたいと思います。
がんばりすぎないで、がんばろう。

猫バンバン img_download-logo

ヘルプマーク2 image


思い出 | 19:58:08 | トラックバック(0) | コメント(11)