FC2ブログ
 
■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

「友達のつくり方」が分からない!
こんばんは、または、こんにちは。
見に来てくださってありがとうございます。

先の記事をアップしてからの後日談、になるのですが・・・

ナカリは私のブログを読もうと思えば読めるものの、
読むのがこわい、という感じで、チラチラッと単語を追う程度の見方をしているので、
私が悲観的な内容をアップしたからと言って荒れるわけではありません。

が、「地雷」的な単語や表現は確かに有って、
それが絡んでくると、我を忘れるくらいにメルトダウン
全否定に向かう白黒思考で、いわゆる「橋を焼く」一歩手前まで突っ走ってしまう。
回復までの時間は短くなったものの、
「友達」を巡るあれこれは、やはりデンジャラスゾーンだな、と再認識しています


学校時代に、「いわゆる友達」が自分にはできなかった、ということが、
ナカリ本人のトラウマになっていて、
その理由の一つに、自分の「自閉症」という特性がある、と認識すると、
(自閉症は一生の問題なので)これから先の希望も否定される・・・。
確かにこれは、何とも辛い展開です。
「友達はいなくて構わない」と言う息子の境地に至れたら、少しは楽になるだろうけれど、
思春期の乙女心も含めて、揺れる気持ちがあるのは当然よね


小学校高学年、周りで何となく女子のグループが出来ていった頃、
入りたいけど入れてもらえない、どうやったらその「なかま」に入れるのか方法が分からない、
何とか他の子のやり方(交換ノートや手紙の内容)をお手本に「模倣」してみるも、
それが逆効果で、否定され距離をとられ、本人の弁によると露骨に「いじめられた」・・・
だから、その子たちのことを思い出すだけでも、怒りがこみあげて、「なんでよ!」と叫びたくなる。
この繰り返しループから、なかなか抜け出せない苦しさがあります。

親の立場で振り返っても、
学校以外=療育関係の場で、他市他府県の「友達」が出来た時期はありましたが、
年賀状やメールのやりとりも徐々に途絶え、
当時の「友達」で、今も連絡し合えているのは一人だけ。

そして、学校時代の繋がりとして続いているのは、
支援学級の親同士や、卒業後も親同士連絡をとり合えている家族、と先生方・・・で、
親の私抜きにナカリだけ(子ども同士)繋がり続けているという関係は、
残念ながら、皆無、というのが実情です。

(ただ、今、
年上だけれど自分と似た状況のメル友さんや、教会の牧師先生、
家事指導をしてくれた私の友人、絵の先生、相談機関のスタッフさん、など、
「大人の友達」が増えてきたのは救いだし、感謝しきりです。)


今日のナカリの結論。
他の人たちが、一体どうやって「友達」になっていくのか、不思議だし、謎だ。

このグルグル回り、自問自答、行ったり来たり、の繰り返しから自由になるためには、
「自己肯定感」をしっかり上げていくこと!なんだろうなあ。
遅ればせながらでも、気づいた時がスタート、と思って、
「今の自分を好きになる、がんばりを認める」を繰り返し伝えていくしかない、
そして、
私自身、自分の中にある否定的意識を振り解いて、心の底から希望を見いだし信じること!

2020年は自分のしたいことを見つけよう、と、「自分」に目を向けたスタートでしたが、
やっぱり、ナカリとの関係抜きには「1年の目標」にしきれない・・・と痛感した一日です。
共依存関係を脱するように気をつけながら、
未来に目を向けて、彼女に対して、正直に、肯定的な言葉を送り続けられますように。


まとまらないまま、今の心境を備忘録にした記事になってしまいました。

先週くじいた足首に貼ったシップにかぶれて、足を引きずりながらの移動が続いています。
(特に、階段の下りがキツイ!)
不自由なく歩けることのありがたさも改めて痛感中。
皆さんも、お体に気をつけてお過ごしください。
今日も最後までありがとうございました。

猫バンバン img_download-logo

ヘルプマーク2 image


思い出 | 22:26:27 | トラックバック(0) | コメント(6)