FC2ブログ
 
■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

居るだけでいい、と自分を許せた気がします
病室のスマホからこんにちは。

心配に及ばず、
ナカリは入院延長を素直に受け入れてくれました。
しかも、今回はアキちゃんのお世話も頑張る、
と。
なんて、成長!なんて素晴らしい💮

任せることで、自立への階段を上がれるんだ‼️


病院に戻ってから、
院長先生が、診察の際に、笑いながら
「お母さんの入院が、娘さんにとって一番の治療になりましたなあ」
とお話され、しみじみその通りと感じています。

が、その一方で、
鬱にありがちな白黒思考に固まっている私は、
私が居なくてもやっていけるんだから、
私は居なくてもいいのじゃないか?
…という方向に引きずられる気持ちがムクムク。
何となく落ち着かず…自己否定感で、もやもや。

その点も、院長先生に相談しました。
自分でも「これは共依存だと思うんです」と付け足しながら…。
院長先生、
「よく分かってらっしゃる!
今後の距離の取り方、が、一番の問題ですね。
あなたが離れること、
が、娘さんの自立につながる。
あと、第三者を入れる、相談する、が大事です」


なるほど、と思いつつ、
それでもまだ不安定で苦しかったのですが、
その後さらに、
心理士さんからの検査報告を兼ねて、
二人で2時間以上お話した際に、
ナカリがくれた手紙を思い出し、
「母とアキちゃんが居てくれることは、
こんなにも幸せなことなんだって、
居ない時、初めて分かりました」
と書いてくれているのを改めて見たとき、
そこで、フッと白黒思考を吹っ切れました。

居るか居ないか=何か出来るか何も出来ないか、
の両極端じゃなくて、
ただ居るだけ、でいいんだ、
と、自分を許せて、胸いっぱいになりました。

この時やっと、
自分の中で退院のメドがついた、気がします。


さらに
心理士さんからは、私の心の状態や課題について、
的確な指摘や助言をいただきました。

自分の生い立ちを振り返ると、
過度な道徳意識倫理観⇄大人不信人間不信、のダブルスタンダードが染み付いている、
自分自身も共依存の母娘関係を引きずっている、
などなど。

でも
親と子は別人格なんだから、親の人生に責任や負い目を感じなくていい、
自分のために自分の人生を生きることについて、
これから模索していけばいい、
と、
「この先、生きていても構わないんだ」と許された気がして、また涙が出そうになりました。
丁寧に付き合ってくださった心理士さんに感謝。


まだまだ強い不安のサインに用心しながら、
とにかく、居なくなったりしないで、
居よう! 居なければ! と、強く念じて、
あとしばらくエネルギーを貯めたいと思います。



この間、たくさんのご訪問、拍手、コメント、で、
支えてくださって、本当にありがとうございます。

精神科病院の中で過ごしてみて、
私自身も、たくさん考えさせられています。
肩の力を抜いて、
何よりまず生きている幸せに感謝して、
いま居る自分、を受け入れていきます。

来てくださる皆さんに心からの感謝をこめて、
以上、長くなりましたが、ご報告まで。

※ 引き続き、猫バンバン、ヘルプマークお休みします




テーマ:アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム - ジャンル:心と身体

未分類 | 16:21:29
入院延長します💧
今日も、スマホからこんばんは。


元気回復したはずだったのに、
帰宅必須の退院予定日が近づき、
準備にかかったところで、
不安に押しつぶされそうになり、
何故だか胸が苦しくて涙が出て止まらない💧
何もしたくない、誰にも会いたくない、何故⁉️


そこで、病院を紹介してくれた友人が、
絶対退院しなきゃいけない訳じゃないでしょ?と
かなり強くくいさがってくれたので、
いったん外泊して入院を延長する形にするか、
院長先生と長い時間かけてお話しました。


先生の見立てによると、
私はカサンドラ症候群の一歩手前、
という状態らしく、
ここで落下すると親子共倒れなので、
焦らないこと、
外泊も含めて病院を上手く利用すること、
長期戦になると覚悟すること、
親子の間で距離をとる大切さ、
母1人ではなく父の役割に注目すること、
本人の社会性を当事者会などで伸ばすこと、
などなど、
然り然りと肯くお話ばかりで、
結論やはり、外泊にして入院延長、
となりました。


外泊中には、やらないといけないことが山積みで、
戻ったあとも、様子をみながら…
いずれにしても退院は来月以降になるので、
残念ながら、まだしばらくの間、
ゆっくり更新することが出来なくなりました💧


まずはナカリに、
この事態をどう説明するか…

今回素晴らしい頑張りを見せてくれたナカリに、
次は、アキちゃんのお世話も任せてみようかと、
私の中には期待もありつつ、
無理のない範囲で
自立に向けてさらに一歩進めばいいなあ。


とにかく、
留守番中の頑張りを精一杯ほめながら、
入院延長について、ゆっくり丁寧に伝えないと、
「私のせいでお母さんが病気になったの?
私が悪いみたいやんか!」
とメルトダウンしかねないので、
慎重に、誠意を持って、分かりやすく…
一時帰宅してから、対面で説明を頑張ります。
ナカリが悪い訳なんかじゃない、誰も悪くない!
そのことが、ちゃんと伝わりますように。



入院中、
私がふきこんだ留守番電話を父娘二人で聞いた時、
私の声に、いちいち返事を声に出していた、
というナカリ💧💧💧
夫曰く、メイちゃんみたいだったよ、と。
( トトロ〜♪ )
その話を聞いただけで胸がキューンでした。

もうしばらく寂しい思いをさせてしまうけど、
焦らないこと‼️
ごめんね、ナカリ。


そして
訪問してくださる皆さま、
拍手をくださる皆さま、
ありがとうございます。
こちらからも、
スマホ封印を時々解きながらの訪問で、
コメントも出来ず、心苦しい気持ちですが、
頑張らないで、自分を許して元気になります。


以上、ナカリより一足先に、
頭の整理と予行練習?を兼ねてのお礼とご報告。
最後までお付き合いありがとうございました。

※ ねこバンバン、ヘルプマーク、お休みします


テーマ:アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム - ジャンル:心と身体

未分類 | 20:37:28
近況報告
スマホを一時解禁して、
2つ前の記事のコメント欄に近況書きました。

なんか変な形ですみません。
想いは溢れそうなくらいありますが、
ちゃんとした記事は
また退院して落ち着いてから更新します。

元気回復中です、大丈夫です。
いろいろご心配、お気遣い、すみません。
心からありがとうございます。
取り急ぎご報告まで

テーマ:アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム - ジャンル:心と身体

未分類 | 19:16:15
入院直前のバトル、と、お知らせ
こんにちは。
今日も来てくださってありがとうございます。

今朝は久しぶりにナカリと二人だけの時間。
7月末の大バトルで私が崩れ落ちた時に近い心境になってしまい、
油断大敵だったと痛感させられました。


ちょうど、ナカリがアーティスト登録している「アートの輪」さんから、
初めての分配金が送金されたところで、
ずっとお世話になっている優希合同会社さんの方からも、
再度カレンダーに採用していただくという嬉しいお知らせもあったのに、
それらをぶっ飛ばすような、ひどい落ち込み具合で、
おそらくこれが入院前最後の更新になりそうなのに、
いきなり暗い内容から書き始めてすみません。

・・・気を取り直して。

「アートの輪」さんは、優希合同会社さんが紹介してくださった団体で、
今まで、ブログのリンク先にさりげなく追加しているだけでした。
が、
これからしばらく更新できそうにないので、
(今日の経験から、入院中はスマホを預けた方が良いと判断しました)
このタイミングで、お知らせだけでもしておこう、と思います。

こちらには、ナカリ以外にもたくさんのアーティストの方の作品が掲載されています。
手帳を所持している方なら、ご自身もアーティスト登録することが出来ます。

現在、アートの輪、さんの「アーティスト」のページ(現在は3枚目くらい)に、
ナカリの顔写真付きのプロフィールが載っていて、
今までに投稿した作品が数枚紹介されています ↓ (「ナカリ」と検索しても出てきます)
アーティストのページ

この団体では、実際に作品が採用された人だけでなく、
運営費などを除いた残りを、登録アーティスト全員に分配する、
という仕組みをとってくださっているので、今回初めてナカリにも分配金が入金されました。
ありがたいことです。
しばらく放置してしまっていたので、
慌てて、「光る海」シリーズ連作+α、を投稿したばかりです。
作品のページに反映されるまで、時間がかかるかと思いますが、
このシリーズも、できるだけいろんな方に見ていただけたらいいなと願いつつ…


在宅で、ゆっくりペースで、自分のできる範囲で作品を描いて、
それを発表して、他の方にも見てもらえて、
しかも気に入った方に買っていただくということまで実現し、
それらを励みに、無理のない範囲で家事をしながら何とか生活していく・・・
「アートの輪」は、今後とも、
そういうナカリの生活を支えてくれる、
ひとつの大切な支援ツールになりそうです。

良かったら、覗いてみてやってくださいね。
ナカリの素顔(・・・療育手帳に貼っている数年前の写真なんですが)、も、
アーティスト紹介で見ることが出来ます。


見た目では分からない困難に囲まれたナカリの日常生活と、
それを共有する家族と。
やっぱり、疲労困憊がもとになって、些細な刺激でメルトダウンに繋がる、
と自覚したので、
可能な限り刺激を避けて、一人で自分自身と向き合ってみようと思います。


今日のナカリは、私と夫と本人のグループラインの中で、
「今日はついてない日だった」「今日は悲しい、ついてない、気持ちが複雑だ」・・・
と、綴りました。
大声で怒鳴って「死んでしまいたい~」と叫んだナカリが、
「今日はついてない」と表現したのは、
ひとつ前の記事に貼った曲を一緒に聴いたのを覚えていたからなんでしょうが、
このあたりの「言葉の使い方(模倣は得意で応用は苦手)」に、
いかにもナカリ、と、過去のあれこれも振り返りながら、違和感を再確認した私です。
それを受け止められる、大きな気持ちを持てますように・・・


いつもいつも、個人的なあれこれ話にお付き合いいただいて、
慰めてくださり、勇気づけてくださり、応援してくださる方がいることに、
心から感謝しています。
ありがとうございます、無事に行って帰ってきます。
いったん病院に入ったら、留守中のことは考えないようにしますね。

次の更新は20日以降になると思います。
気長にお付き合いいただけたら嬉しいです。
なお、
お返事できないと思うので、コメントは閉じさせていただきます。

今までの記事に非公開拍手コメントをいただいた方々、
一括返信になってしまって大変失礼ながら、重ねてありがとうございました。
ナカリの個人的なお友達になっていただいている方々にも、
留守中、ナカリがお世話になるかもしれませんが、よろしくお願い致します。

寒暖差の大きな季節ですので、皆様、ご無事でありますように。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
追伸)
今日、言い合いになってしまったナカリへ。
無理して頑張らなくていい、人がどう思うかを気にしなくていい、
人は人、自分は自分、自分が良いと思うことに自信を持って、
そのままの貴女でいい、そのままの貴女がいい、
そして、
そのままの貴女を、親二人とも心から大切に思っている、ということを、
どうか信じてほしい、揺らがない自分を持ってほしい。
願いを込めて、今日も1曲貼っておきますね。
お母さんもおばあちゃんも大好きだったビリーの曲です。
こういう気持ちは、男女の恋愛だけではないのよ、分かってね。


(猫バンバン、ヘルプマークお休みします)


テーマ:アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム - ジャンル:心と身体

子どもの日常 | 18:47:16