FC2ブログ
 
■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

精神科への入院を決めました
こんばんは。
来てくださってありがとうございます。

今日は、紹介状を持って、入院希望の病院に初診で行ってきました。
診察の後、病棟見学。
私の場合、自傷とアルコール依存の問題があるので、
閉鎖病棟と開放病棟の両方を見学して、自己節制の可能性を問われました。
自傷の道具である針はもちろん持ち込み不可、アルコールも無し。
一滴でも飲んだら、即、退院ですよ、ということで、
自己規制しますと約束して、開放病棟の任意入院を選択しました。
日程調整して、入院に必要なものの説明を聞いて帰宅。

ナカリの保護入院を経験しているので、だいたいのことは分かっているつもりでしたが、
いざ自分自身も入院となると、かなり覚悟が求められます。
帰宅してあれこれして、とりあえず、ペットホテルの予約をメールして、
友人に、ナカリの相談相手としてライン友だちになってもらいました。

この間、ブログで知り合ったみなさんや、母と通った教会の牧師先生(女性)と、
ナカリをつないで、メル友が増えたと喜んでくれて、
今日はブログも更新しています。

そんなこんなの中だったので、
昔からお世話になっているポンチさん(プロフィール画像を作成してくださった!)が、
オカメインコポーちゃんを入れて、みーコバルトさんのお友達紹介画像を載せてくださったのに、
コメントも出来ないまま、申し訳なく、ありがたく、とりあえずこちらでも紹介させていただきます。
みーコバルトさん 
詳しくは、ポンチさんのブログを見てくださいね。
みーさん、拍手4000回おめでとうございます\(^o^)/

自然災害が続いて心痛む中、それでも過ごしよくなった散歩の季節、
今年も葉ボタン畑がにぎやかになってきました。
2019 葉ボタン jpg
この畑の向こう側に見えているのはコスモス畑ですが、
もう早々と収穫されて、半分はなくなってしまっていました。
2019コスモス 
コスモスたち、も、全国に旅立って行ったのですね。

私自身の心の不調と体の不調(不摂生)を仕切り直すための入院なので、
ナカリには迷惑をかけますが、一人暮らしに向けた「練習期間」として、
いつか来るその時を見据えて、自立心と自立の「力」をつけて欲しいと願うばかりです。


ナカリは、アキちゃんのお世話を随分できるようになったのですが、
自分自身の衣食住で結構手いっぱいになりそうなので、
結論、ペットホテルの方を選択しました。
ごめんね、アキちゃん。

ケージの扉を開けると、撫でて~~と寄ってきます。
アキちゃん180 

アキちゃん181 jpg
撫でているのはナカリです。
ほんとにかわいい。
でも、かわいいだけでは生きていけないから、
申し訳ないけれども、ウサギ屋さんに力を借りることにしました。


入院までのカウントダウン、どれだけ更新できるか分かりませんが、
仕切り直し、に向けて、また、鬱治療の基本=休息、を十分とるために、
決断したことを後悔しないようにしたいです。

非公開拍手コメントをいただいた方たちにも感謝です。
今日もありがとうございました。

猫バンバン img_download-logo

ヘルプマーク2 image


子どもの日常 | 00:11:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
10月のアートセラピー
こんばんは、または、こんにちは。
見つけて、心にとめて、今日も来てくださってありがとうございます。

私の任意入院に向けた準備が進みつつあります。
今日、精神科主治医の先生に紹介状を書いていただき、
来週中には入院予定の病院で、初診をうけられそうな感じです。
入院そのものは来月中旬の予定だし、日程調整は初診のあとになりますが、
それまでに、ナカリと一緒に「家事ノート」を完成させて、
一人暮らしの練習、にチャレンジ、という気持ちをアップさせてやりたいです。

・・・という中、今月のアートセラピーは前回に続いて「水彩色鉛筆」でした。
全体的にほわ~んとした前回の作品に対して、先生の方から、
「着衣の色を塗った人物を入れたら変化が出るんじゃないかな」とアドバイスいただき、
人物を何人か描き入れて服を塗りつぶし、
背景の一部分が、木のようにも見えたので、鳥や天使も描き入れました。
2019年10月アートセラピー 
写真に撮ると灰色がかっていますが、実物はもっと水色っぽい爽やかな雰囲気です。


続いて描いた作品は、サイズが一回り小さくて、
風景の中のパラレルキャラたち、という感じがしっかり出ていたので、
花の描き方、草の描き方までいろいろアドバイスいただきながら完成。
2019年10月アートセラピー2 JPG

横からついつい口を出してしまった私に、
あとから先生が「描いている時には先生は二人要りませんから(ナカリちゃんが混乱するから)」
と、くぎを刺され、自分でも反省。
何故今回、私が能弁になったかは、
帰省の際に見つけて持ち帰った自分の絵を見て、絵についてあれこれ言いたくなったから、
だと思います。
先生曰く「私も、ついあれこれ言いたくなりますが、それでは、ナカリちゃんの絵、になりませんから」
・・・おっしゃる通りです。

で、見つけた昔の絵と言うのはこれ ↓
母 馬 完成作品 
以前にラフスケッチの馬の絵をご紹介したことがあったものと同じ構図です。
あれをもとにペン入れして白黒の色を塗って、黒い紙に貼りつけたものがあったとは!
自分ではすっかり忘れ去っていたのに、よく見ると、ナマイキにサインまでしてある~~(〃ノωノ)
恥ずかしながら一緒に見ていただき、ナマイキ続きですみません。

加えて出て来たのが、白土三平氏の「カムイ外伝」の模写
母 カムイ外伝模写 
絵もそうだけど、わたし・・・レタリングも好きだったんだなあー。
同じく、昭和51年11月、雑誌に投稿したマンガ原稿と評価(もちろんCクラス)も出てきて、
「人物の表情がユニークで読んでいても楽しいが、全体にあらっぽすぎます。
もっと描線をきれいに書くために書きこむ練習をしてください」
という講評も含めて、懐かしさと恥ずかしさで、
帰宅してすぐのナカリのアートセラピーに、すっかりテンションが上がっていたのでした。

それにしても、同じマンガを描く、という作業も、今と昔では全然違うな~。
墨汁にペンにホワイトに・・・スクリーントーンなど全く使わないで描いた、
当時の熱意だけは自分でも認めてあげたい、と思いました。


もうひとつ。
今回の帰省では、
私が高校の時、入院中だった母が記した日記ノートも見つけたので持ち帰りました。
母は心臓の手術のための入院だったので、私の任意入院とは全く深刻さが違いますが、
入院中に考えること→我が子のこと、というのは通じていて、胸が詰まりました。


…と、ここで、嬉しい報告を一つ。
ナカリの絵を居間に飾りたいと言って買ってくださったおこちゃんさんから、
昨日、とてもとても嬉しいコメントをいただきました。

>私は、毎日、ナカリちゃんの 絵で とても、とても、
>穏やかな気持ちになってますよ。

>今日も 色んな事がありました。
>寝ていても、毎晩、悪夢。。。(>д<*)

>でも、不思議!
>ナカリちゃんの絵が、私の苛立った気分を 押さえてくれるのです。
>なので、TVの嫌なニュースでも、目を上に↑反らせると
>ナカリちゃんの謎の生物が ホンワカなきぶんに私を戻してくれています。

>ナカリちゃんの絵は とてもとても
>ホンワカです。



もう、ウルウルもののお言葉に、ナカリと二人で感謝だね~~~と、
旅立って行った作品と、おこちゃんさんとに思いを馳せていました。

そして、3連作になった2枚目「海の雪」を、
今年の市民展に出品するために額装しました。
海の雪 額入り 
実はこの絵も、市民展が終わったら、
いつもブログを見てくださっている方の所に旅立たせる予定です。
ナカリの絵を側に置いて見ていたい、
と言ってくださる方がいらっしゃることに、改めて感謝です。


今日は、パソコンをつけて、こんな風に記事を書くことが出来ましたが、
昨夜はナカリとうまく向き合えなくてプチ家出の末、
自傷衝動を抑えられなくて、久しぶりに自分で自分を傷つけてしまいました。
その痕を今日見つけたナカリが「おかあさん何やってんの!お母さん病気じゃん!!」

全く。
手遅れにならないうちに、自分の心のコントロールができるだけのエネルギー回復のため、
しっかり休息しないといけないと痛感、反省中の私です。

癒しはアキちゃん。

お顔を洗っている仕草
アキちゃん174 jpg

耳掃除の様子は、動画じゃないと可愛さが伝わりませんが、
一生懸命自分で自分の耳を引っ張って舐めようとしているところを何とかパチリ。
アキちゃん175 jpg

大きくなったとはいえ、まだ10ヶ月。
1歳のお誕生日までまだ2ヶ月あります。
人間の年齢にしたらもう成人に近いのですが、
外遊びでナカリの足の周りを嬉しそうにクルクル回る姿は、まだまだ子どもです。
アキちゃん176 
アキちゃん177 
アキちゃん178 
アキちゃん179 jpg

ご縁があって、我が家に来てくれてありがとう。
アキちゃんの姿にも、ホッとしていただけたら嬉しいです。

ナカリとともに、「目指せ、一人暮らし!」 に向けて、
無理のない範囲で準備して、
私自身のメンタル保持、と休息のための入院が無事に出来ますように。

拍手コメントをくださった皆さんにも感謝です。
今日もご訪問、ありがとうございました。

大阪では、今また強い雨が降っています。
台風で被災された方々に、少しでも早く日常が戻ってきますように。

猫バンバン img_download-logo

ヘルプマーク3 600_850


ナカリの作品 | 21:46:00 | トラックバック(0) | コメント(2)
任意入院に向けて
スマホからこんばんは。
来てくださってありがとうございます。

台風の中、
任意入院先として、友人が推薦してくれた病院を、
とりあえず見に行ってみました。

バスや電車を乗り継いで、くねくね道を登った先。
山の中の、とても綺麗な施設。
玄関から入ってウロウロ、壁の掲示物をみたり、
パンフレットなどを手に取ってみたり、
しばらくしてから、
思い切って受付の方に、声をかけました。

任意入院先として知人から推薦されたので、
いきなりだけど見に来てみたこと、
具体的な手順などを知りたいこと、
を伝えると、笑顔で、少しお待ち下さいね、と。

ドキドキしながら座って待っていると、
スタッフの若い男性が、ファイルを持って現れ、
一緒に座って、事情を聞いてもらいました。

まずは主治医に相談して、紹介状をもらってから、
任意入院の場合は短期も可能、など

なんとなくホッとして、帰宅しました。

ナカリは、
入院というと、自分の保護入院を思い出して、
不安定になりましたが、いろいろ話して、
一人暮らしに向けた練習、という意味でも、
頑張ろう、という気になってくれました。
アキちゃんが居てくれた方が心強い、と言うので、
少しずつ、抱っこも練習を始めました。
準備に時間がかかるので、
実際入院できるように段取りが整うのは、
まだしばらく先になりますが、
気持ちの上では大きな一歩です。

アキちゃんに側にいて欲しい、という気持ち。
とてもよくわかります。
家事やいろんな、やるべきこと、を整理して、
ナカリに頑張ってもらわないと。

今日のアキちゃん
href="http://nakarimama.blog.fc2.com/img/20191013230957856.jpeg/">20191013230957856.jpeg


外遊びの時、
ナカリの足の周りをクルクル回る様子が、
とても可愛いです。
アキちゃん、ナカリをお願いね。


またしばらく更新、訪問、が滞りそうですが、
ゆっくり見守っていただけたら嬉しいです。
明日から私一人、実家の片付けに行ってきます。
今回は一泊予定。
慌ただしいけれど、ふるさと、と向き合って来ます。

今日もありがとうございました。



未分類 | 23:30:13
親が入院、と想像すると頑張りゲージが上がる
こんばんは、または、こんにちは。
見つけて、心にとめて来てくださってありがとうございます。

今日は、ナカリの相談機関のモニタリングでした。
この3ヶ月の様子を私から報告し・・・長くなったところで、
「お母さん、今日、ちょっと時間がせいているので手短に・・・」
と声をかけられて、ハッと我に返り、
ナカリと3人で、この間のあれこれについて意見交換しました。
とりあえず私の調子が良くないこと、こちらが倒れたら元も子もないので、
なんとか踏ん張っていることを話して、相談員さんからも、
「お母さん、お大事に」と声をかけていただいて、帰宅しました。

外は、昨日の雨がウソのように晴れ渡った青空に、銀杏の赤ちゃん葉っぱたちがびっしり。
2019年10月いちょう jpg
小さな葉っぱが、大きくなって、黄色くなって、枯れて、散って、また繰り返し。
「葉っぱのフレディ」を思い出しながら感慨深く、
ナカリと二人、バスに乗りました。
あいにく今日は二人掛け席がいっぱいだったので、優先席にナカリを座らせて、
カバンにつけているヘルプマークを見えるように、膝の上に出しました。
優先席のマークに、ヘルプマークが追加されていて、それもまた嬉しくて。
2019年10月ヘルプマーク バス 


ツラいこと、悲しいこと、尽きませんが、
涙で腫れた目をこすりながら、一日一日ゆるりゆるりと、
と、言い聞かせながら、アキちゃんと遊んでいます。

寝姿は相変わらず無防備そのもの。
アキちゃん173 

私の状況が思いのほか重症なのを、夫の方も認識して、
場合によっては入院、という方向まで出てきました。
ただその前に準備が必須。
もう少し、仕事にメドをつけてから…
そんな話をしていると、ナカリの表情が引き締まって、
アキちゃんのお世話を一人でしなくちゃ!できるかな、と言ったり。
実際には、かなり無理があるので、入院は避けたい(本当はしたいけど)

何かにつけて悲しくなって涙が止まらなくなるので、
なるべく明るい方向を、と意識しています。
自傷したくなる衝動と闘い続けています。

たくさんの人、とりわけ、身近な友人たちに心配をかけているので、
ここが踏ん張りどころ!と、自分で自分を鼓舞しています。
この間いろいろあって、ふるさと、との決別が近づきつつある中、
また私一人、実家の片づけに向かいます。

「自分のことを誰も知らないところに行って、ぼーっと過ごしていたい」

そういう思いが湧いてきたのは、この歌が思い浮かんだ反動。



がんばらないと、がんばらないと、
もちろん、やすみ、やすみ、だけれど。
できることにも、かぎりがあるけれど。
せっかく今、生きていられているのだもの。
生きてる資格がないとか意味がないとか悲しくなる自分に対して、
ちがう、ちがう、と自身で励ましながら。


いつも本当にありがとうございます。

猫バンバン img_download-logo

ヘルプマーク2 image


子どもの日常 | 20:03:17 | トラックバック(0) | コメント(12)
鬱から抜け出るために
再びスマホからこんばんは。
来てくださってありがとうございます。

息子が帰省中です。
彼も具合が悪いので、
お互いに気を遣いながら、ですが、
これから、の話をしています。

鬱と言っても、ご飯は食べられるし、
夜は眠れているので、
アルコール依存と自傷癖を克服しさえすれば、
何とかなる?いや、なりません
とカウンセラーさんに言われたのに。
仕事してないプレッシャーと闘いつつ。

自傷の方は、友人に叱られて、夫に告白。
リストカットがやめられない写真を送ったら、
クライシス・カウンセリングという本を買ってくれました。
アルコールはやめられないけど、自傷は必死で我慢しています。

今日は久しぶりにナカリと散歩しました。
やり取りが言葉だと興奮してしまったから、
途中からラインで文字で、に切り替えて、
ベンチに寝転んで空を見ながらやり取りしました。
20191007002353088.jpeg


何だろうなあ。
嵐はおさまったのに、不穏な毎日。
なんとかかんとか、時間が過ぎていく。

クライシス・カウンセリング
3分の2くらい読みました。
ウサギのアキちゃんのぬくもりに支えられて。

引き続きこんなで申し訳ありません。
ご訪問や拍手に感謝しています。

猫バンバンとヘルプマークもお休みします。

嵐が来ませんように。


テーマ:アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム - ジャンル:心と身体

子どもの日常 | 00:42:17
リスクマネジメントでメルトダウンを乗り切る
スマホからこんばんは。
来てくださってありがとうございます。

なかなか平穏な日々とはならないのが
当たり前と言えばそうなんですが、
やっぱり今夜は落ちまくりで眠れません。

近所じゅうに響き渡る妻子の怒声を耳にしながら
帰宅した夫が、玄関を入るなりバトルに参入。
ナカリのメルトダウンのきっかけは、
私が聞いていたラジオの特集が
引きこもり、だったこと、と
訃報を受けた親族の中の深刻な引きこもりの人の話
を叔父と電話しているのをナカリも聞いたこと。

在宅、って説明されたくない!!
私は引きこもりなの!?

堂々巡りのやり取り。

頓服2回ではおさまらず、
夫の参戦でさらに油が注がれて、3回目の頓服。

こんな家に生まれたくなかった!!
私はずっと嫌われてばかりだった!!
私の苦しみなんか誰にも分からない!!
他の人の苦しみなんか、私には分からない!!
周りの人みんな死んでしまえばいいんだ!!

声を限りに叫ぶナカリ。


こういう修羅場、は、数限りなく経験したし、
自身の幼少期から蓄積された経験値をもとに、
無事に上手く収束させることは出来た、けれど、
私の心のダメージはかなり深くて、
少し持ち上がった分、差し引いて余りある、
というか
さらに地下深くめり込んだような…💧

という1日が終わりました。

自傷して、痛みで気持ちを奮い立たせ、
また明日から仕切り直し。

それにしても我ながら、
三人以上の人間関係激突の修羅場、
というのにはツヨイな、と感心…してどうする💦
追い込まれた時のリスクマネジメント能力、
それは生い立ちによって鍛えられたんだなあ、と
はるか過去の修羅場を振り返ってしまいました。
悪い言い方をしたら、
とりあえずその場をまるくおさめるために、
アタマフル回転で、あちらを立て、こちらを立て。

必要な力ではあるけれど、我ながら、
こんなの出来てもちっとも嬉しくない、
むしろいやだ。
いっそのこと、
もう新聞沙汰になっちゃった方がいいんじゃないか

とか。
ナカリのメルトダウンは久しぶりだったけど、
その分パワーアップして、大変でした。

また、回復にかかる時間が伸びた気がします。
すみません。

書いて少し落ち着きました。
今日は、書きっぱなしを許してください。


子どもの日常 | 00:54:52
元気を・・・
こんばんは。
来てくださってありがとうございます。

なかなか前向きなエネルギーが出ない中、
親族の訃報が入って、ナカリが不安を募らせています。

ナカリのブログ 先のこと不安になります

先の事なんか分からない。
貴重な年長のメル友さんからの心強いお返事に、少し持ち上がりましたが、
私の方は、親族内のあれやこれやと、自身の両親を看取った記憶の波に、
流されそうになりながら、過去のフラッシュバックにクラクラしながら、
繰り返し聴いている曲。

リンク先のkotobukiさんが記事の中で紹介してくださった、ブルーの「ワンラブ」
shrimp cafe 飛行機 青空に高く
ブルーというグループすら全く知らなかったのですが、
何となく心に残って、ナカリと一緒に何度も聴いていました。
今回、歌詞検索をしたら、思いがけない家族愛の内容だと知って、
ビックリしながら、改めて聴き直しています。



歌詞解説はこちら ↓

結婚披露宴の演出blog 新郎中座を渋く演出,BLUEの『One Love』

ちょうど今、息子が落ち込みの底のようです。
母たる自分も落ち込んでいるので、何にも出来ませんが、
「愛」だけは送れるかなあ。

鬱は本当に厄介で、普通に暮らせているような時間があるかと思うと、
身動きすら取れなくなるくらいの重力に押しつぶされる感じになったり、
何もかも一気に終わらせてしまいたい衝動が湧きおこったり、

ずいぶん昔に、息子が、椅子の背もたれのへりを指さしながら
「この端っこをどちら側にも落っこちずに何とか渡り切った感じ」と言ったのを思い出します。

落っこちないように。
そろりそろり、気をつけながら日々を過ごします。

今日もありがとうございました。

※ 猫バンバン、ヘルプマークお休みします



読んだ本・文章、見た映画・ドラマ、聴いた音楽 | 00:30:43 | トラックバック(0) | コメント(2)