FC2ブログ
 
■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

「嬉しいことがあるのに何故だか悲しい気持ちが消えない」
こんばんは、または、こんにちは。
久しぶりにパソコンから更新です。
カメさん更新ですのに、今日も来てくださってありがとうございます。


ナカリの絵が旅立って行った記事に対して、
残った方の絵にもリクエストをいただけて、
ナカリと一緒にありがたいなあとしみじみしています。
「連作」を続けていこうと話しているので、もう少しお待ちくださいね。

また、ナカリの様子をずっと見守って来てくださったブロ友さんが、
「なかりちゃんにかいた本を出版しました」と、嬉しいお知らせをくださいました。
ナカリと私のやりとりを物語に組み込んでくださった、とても素敵な絵本です。
嬉しくて胸いっぱいになりました。




そんな「ハッピー」な出来事が続いているというのに、
何故だかまだ私のエネルギーは枯れたまま、というか、
チカラが湧いてこなくて、「メランコリー」な状態に落ちたっきりです。
慰霊祭がきっかけで、亡くなった両親のあれこれを振り返り過ぎているのかもしれません。

「先の見通しが不明確な状態」が落ち着かないナカリは
「お母さん、いつまでこのままなの?、もうずっと治らないの?」
と、半分イラついた調子で責め立てるので、昨夜はさらに落ち込んでしまいました。

でも、夫が仲介して説明してくれたおかげで、
「昨日は怒ってゴメンね」と、今日いちにち穏やかだったナカリです。


 ・・・なのに

私が「こんなに嬉しいことがあるのに、何故だか悲しい気持ちが消えないの」と言うと、
「それ、分かる!」と、激しく同意してくれたナカリ。
そうなの?・・・この感じ、こんな気持ち、ナカリも分かるんだ。
<嬉しいのに悲しい>  反対の感情が一緒くたに心の中に溢れている・・・


私自身も、今回、しみじみと、鬱の状態にある人の気持ちが身に沁み、
「怒り」ではなく(カウンセラーさんは、感情の背景には怒りがある、とおっしゃったけれど)
「悲しみ」「落ち込み」「無力感・脱力感」「(憤りからではない)自傷衝動」など、
新たな発見(今更ながら)に、しみじみと「鬱は心の風邪」ではなく「心の癌」だ、
という言葉を思い出しています。

ただただ流されていくのではなく、これと闘わなければ。
(もちろん、休みながら・・・、助けてもらいながら・・・、時間がかかっても・・・)



ウサギのアキちゃんが今までもいっぱい助けてくれたけれど、
この間、さらにも増して、力になってくれています。

私がケージの入口から中に頭を突っ込んで寝ていると、
ハウスに上がって、何やらジーッと考えている様子のアキちゃん。
アキちゃん160 
アキちゃん161 jpg
何を見ているの?何を考えているの?


今日は、久しぶりにナカリの手の平から、猫草(えん麦の葉)をモグモグ
アキちゃん162 jpg

ご飯をよく食べて、お水をよく飲んで、しっかりウンチして、元気でいてくれてありがとう。

アキちゃん163 

アキちゃんのつぶらな瞳にじっと見つめられると、
少しずつ・・・ですが、
体の奥の方で、なにかしら命の水、泉が湧いてくる・・・ような気がします。

明日も穏やかでありますように。

ご訪問や拍手に力づけられています。
コメント、もう少しお時間くださいね。
最後までありがとうございました。


猫バンバン img_download-logo

ヘルプマーク2 image


テーマ:アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム - ジャンル:心と身体

子どもの日常 | 23:31:48